「コラム」の記事一覧 - 60ページ目

【じつは最新技術じゃない】電気自動車(EV)は100年以上昔から作られていた

海外はもちろん日本でも昔から作られていた  EVと聞くと、最先端技術の粋を集めた、未来のクルマ、といったイメージだが、じつはかなり昔からあった。理由は簡単で、バッテリーとモーターをつなげば回るから。要は、実用的な性能を確...

続きを読む...

【価格高騰】新車時よりも価格が高くなってきた人気中古車3選

限定車やクラシックカーじゃないのに新車より高い  中古車というのは一旦誰かが登録して走行した車両のことで、当然ながら新車価格よりも手ごろな価格で店頭に並んでいるという認識が一般的だろう。  なかには新車価格を上まわる価格.…

続きを読む...

【WRCにその名を刻んだ名車】トヨタ・セリカWRC参戦の歴史

スバルや三菱に先んじてWRCに挑戦したトヨタ  2017年にWRC(世界ラリー選手権)に18年ぶりに復帰したトヨタ。WRCといえばスバルや三菱を思い浮かべる人は多いと思うが、その歴史は前出の2社よりも古く、WRCが発足し...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】ケンメリの価値は10億円!? 希少なクルマが大集結!

ヘリテージカーコーナーを見るためにだけ来場してもいいほどのラインアップ  CARトップのブースに展示されている車両ときたら超豪華である! オートメッセには多数の貴重かつ高価なクルマが出展されているけれど、おそらく1番はケ...

続きを読む...

【ニッポンの名車】レースで勝つべく生まれた日産スカイラインGT-R(R32型)

ケンメリ以来16年振りに復活したGT-Rの名  スカイラインR32GT-Rの功績を一言で言えば、「国産車のパフォーマンスとクオリティを一気に10年分進歩させたクルマ」ということではなかろうか。  デビューは昭和が終わり、...

続きを読む...

合弁会社設立会見でホンダの八郷社長が語った「世界一のモーター」とは?

ホンダと日立オートモティブがモーター開発の合弁会社を設立と発表  2月7日の15時30分に緊急記者会見が行われ「本田技研は日立オートモティブシステムズと電気自動車やハイブリッド車用のモーターを開発&生産する合弁会社を立ち...

続きを読む...

スバルAWD車の原点! 現存1台の貴重な「ff-1 1300G 4WD」とは

たった1台の貴重なモデルが雪上に姿を現した  2017年1月、富士重工業が国内メディア向けに「スバルオールラインアップ雪上試乗会」を開催した。オールラインアップという言葉の通り、水平対向エンジンを搭載する国内仕様の全モデ...

続きを読む...

【CARトップTV第7回】ホンダNSX vs 日産GT-Rニスモ! 土屋圭市×中谷明彦が本気バトル

筑波サーキットを舞台に国産最高峰スポーツが対決  世界に名だたる国産スーパースポーツ、新型ホンダNSX、そして日産GT-Rニスモ。果たしてどちらが速いのか? そんな夢の対決を実現した。舞台は筑波サーキット2000。ドライ...

続きを読む...

【疑問】高速の取り締まりを行うパトカー隊員はどんな訓練をするのか?

運転技能の資格を取らないと乗務員になれない  警察官になってパトカー乗務員になるには、警察内部で行われる、運転技能格付け制度、「格付け検定」あるいは「技能検定」という運転技能の資格が必要。この格付けはA~Dまで四段階あり...

続きを読む...

なぜ日本メーカーは海外ショーで新型車を世界初公開するのか?

グローバルモデルが多いため効果的な発表場所を選ぶ  2017年のジュネーブモーターショーで新型「SUBARU XV」が世界初公開されるという発表がありました。また、年初のデトロイトモーターショーではレクサスLSやトヨタ・...

続きを読む...

【ニッポンの名車】先進メカニズムで武装した三菱スタリオン

フィーリングにこだわった「シリウス」エンジン搭載  最近、ちょっと残念なことになっている三菱自動車。1980年代あたりは技術の三菱として、名を馳せていたこともあった。実際のクルマを見ても、意欲的かつ独自の技術を投入。もち...

続きを読む...

【今さら聞けない】スポーツカーってどういうクルマ?

爽快感があれば物理的な速さは必ずしも必要ではない 「スポーツ」は、ラテン語のportare(ポルターレ=ものを運ぶ・移動する)に由来し、11世紀ごろ英語で「気晴らし」や「楽しみ」「遊ぶ」を意味するようになったと言われてい...

続きを読む...

トランプ新大統領の発言に戦々恐々! 日本自動車メーカーの行方はどうなる

日本からの輸出の多いマツダ以外は問題なし  トランプ大統領が就任直後から自動車産業に注文を付け始めた。正確に表現するなら、就任前から、いわゆる「ツイッター砲」でプレッシャーを掛けている。果たして自動車産業は厳しい状況に追…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい! ミニバンだけでなく、最近は...

  3. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  4. 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    走りや安全性の追求が車両価格を上げる 最近、よく耳にするのが、「最近の...

  5. これが付いてないクルマは買うな! イマドキ新車の5種の神器

    これが付いてないクルマは買うな! イマドキ新車の5種の神器

    確実にドライバーをサポートしてくれる安全&快適技術 クルマの電子制御化...

  6. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  7. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  8. 10万円以下で中古車を販売しても利益が出るカラクリとは

    10万円以下で中古車を販売しても利益が出るカラクリとは

    本体価格だけでなく納車整備や手数料などで利益が出る 中古車情報サイトな...

  9. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  10. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...