2017年5月」の記事一覧

【意外と知らない】2017年から車検ステッカーのサイズと表示が変更に

クリア部分まで表示が拡大されて満了年も「位置」で判断可能に フロントガラスに貼り付けることが義務付けられている車検ステッカー。正式名称は検査標章というものなのだが、今年の1月からデザインが変更になったことにお気付きだろう.…

続きを読む...

【疑問】ある速度でハンドルがブルブル振動することがあるのはなぜ?

原因はタイヤかホイールにあることが多い クルマの不快な振動は、エンジン本体、ドライブシャフトなどの駆動系、タイヤ・ホイールなどさまざまな原因が考えられる。しかし、今の国産車で、ある速度域になるとステアリングにバイブレーシ…

続きを読む...

【開発陣に直撃】不可能と思われたレクサスLC500の量産を実現した「情熱」

スタディモデルとして作られたコンセプトカーゆえの困難な量産化 いよいよ正式デビューを果たしたレクサスLC500h/LC500。ベースとなったのは2012年のデトロイトモーターショーでお披露目されたコンセプトカー「LF-L...

続きを読む...

【美人自動車評論家】吉田由美の「わたくし愛車買っちゃいました!」その22

誰もが知らないうちに技術の恩恵を受けている旭化成の隠れた凄さ 「旭化成」とEVメーカー「GLM」が異色(?)のコラボレーションで開発したコンセプトカー、その名も「AKXY」(アクシー)。名前の由来は「Asahi Kase...

続きを読む...

【今さら聞けない】深夜の住宅街などでクルマのドアを静かに閉める方法は?

勢いをつけすぎないようにゆっくり閉める 静かな住宅街に住んでいて、夜中に帰宅したとき、あるいは早朝出かけるとき、ドアをバタンと閉めて、「マズイ!」と思ったことはないだろうか。最近のクルマは気密性が高いので、半ドアにならな…

続きを読む...

懐かしの戦略! ユーノスやアンフィニなどマツダ5チャンネル体制とは

販売力をアップさせる目的で各メーカーが多チャンネル化を進めた 日本のメーカーでは、そのメーカーの販売網をより強固なものにするために販売チャンネルを複数用意していた時代があった。 現代ではトヨタがその手法を残すのみ(トヨタ.…

続きを読む...

【インディ500予選】佐藤琢磨が自己最高の4番手! アロンソは5番手を獲得

スコット・ディクソンがPP獲得! 佐藤琢磨は4位 今年のインディー500はずっとホンダ勢優勢で展開してきた。とくに19日の練習ではトップ12のなかにシボレー・エンジンは5位のモントーヤただひとりというほど。 それが予選に...

続きを読む...

【WRC第6戦】優勝はフォードのオジェ! トヨタは3台入賞を果たす

トヨタのエースラトバラはデイ2でトップに立つもロールオーバー 2017年のWRCは再びヨーロッパ大陸へ移動、5月18日~21日にポルトガルを舞台に第6戦が開催された。同イベントのホストタウンはポルトガル北部のマトジニョス...

続きを読む...

【今さら聞けない】タイヤ交換は4本まとめて行ったほうがいい?

理想的にはローテーションを実施して4本同時が望ましい クルマのタイヤは、放っておくと駆動輪側が早く摩耗する。FF車ならフロントタイヤ、FRなど後輪駆動車なら、リアタイヤの摩耗が進み、先に寿命を迎えることになる。そうなった...

続きを読む...

ファン垂涎! ロータリー50周年記念グッズ第1弾がMZRacingから登場

ファッションアイテムを中心にすべて手に入れたいものばかり マツダ車関連レースの運営や情報発信、マツダファングッズの販売などを手がけるMZRacing(エムゼットレーシング)から、初のロータリーエンジン搭載車であるコスモス...

続きを読む...

【新型スバルXV詳細解説】車高の低いインプレッサに迫るハンドリングと乗り心地

横風や路面アンジュレーションなどの外乱にも強い 次世代プラットフォームのシャーシやサスペンション性能によって、新型XVはハンドリングと乗り心地とのバランスを高いレベルに引き上げている。 ボディやシャーシの剛性を大幅に高め...

続きを読む...

ホンダ クラリティを導入! 6月末からFCVの走りをタクシーで体感できる

タクシー会社4社で運用を開始する ホンダ(本田技研工業)は5月18日、初の量販FCV(燃料電池車)である「クラリティ フューエル セル」のタクシー運用を6月末をめどに開始することを発表した。 クラリティ フューエル セル...

続きを読む...

【今さら聞けない】自動車税って何に使われているの?

普通税なので自動車や道路関連に使われるとは限らない 自動車税の季節がやってきた。車齢13年を超えたクルマの所有者は、いわゆる旧車増税になった税率を見て、憤慨しているかもしれない。そうでなくとも、登録車であれば3万円以上の...

続きを読む...

1 / 812345...最後 »