「モーターショー」の記事一覧 - 5ページ目

2.4Lエンジン搭載! 2019年型三菱アウトランダーPHEVの大幅進化っぷりを開発者に直撃

まずは乗ってほしいと開発者は語る! 三菱自動車はアウトランダーPHEVのマイナーチェンジモデルを、スイス・ジュネーブモーターショーで発表した。同社フラッグシップモデルの改良に携わったプロダクトマネージメント部の松井孝夫さ...

続きを読む...

トヨタ新型オーリスが発表! 全高を下げた攻めたデザインでよりスポーティに

パワートレインはガソリンエンジンとハイブリッドの3種類 トヨタは3代目オーリスを、2018年のスイス・ジュネーブモーターショーで世界初公開した。先代よりも迫力のあるダイナミックなボディデザインが特徴的だ。 2006年に登...

続きを読む...

横浜ゴムがオールシーズンタイヤ「ブルーアース4S」をジュネーブショーで世界初公開!

雪と雨に強いオールシーズンタイヤ 横浜ゴムは2018年3月6日から18日まで開催されているジュネーブショーで「ブルーアース4S」を世界初公開。またタイヤ消費財戦略についての発表や各種タイヤの展示を行った。 ワールドプレミ...

続きを読む...

レクサス新型SUV「UX」が世界初公開! 日本発売は2018年冬を予定

日本市場でも人気の高いジャンルとサイズ 2018年3月6日から開催されているスイス・ジュネーブモーターショーで、レクサスは新しい小型SUVのレクサスUXを発表した。都会にぴったりな個性的なデザインと新開発のエンジンなど魅...

続きを読む...

【ムービー】復活したトヨタ・スープラ! 「GR Supra Racing Concept」の開発者を直撃インタビュー

ゼッケンの90番は「90型」を示している  スイス・ジュネーブモーターショーでトヨタ・スープラが16年ぶりに復活を遂げた。1986年に登場した初代スープラ(70型)が登場し、当時のキャッチフレーズは「トヨタ3000GT」...

続きを読む...

伝説のF1ドライバー「セナ」の名を冠したマクラーレンのレーシングカーが発表

価格は約1億5千万円で世界75台限定 マクラーレンは3月6日から開催しているスイス・ジュネーブモーターショーで、かつてF1で3度のワールドチャンピオンを獲得し、レース中の事故で他界した伝説のレーシングドライバー、アイルト...

続きを読む...

初のカーボンホイールも設定! フェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」が登場

ピスタはイタリア語でサーキットを意味している フェラーリ・ポルトフィーノが日本で2018年2月に上陸したばかりだが、スイス・ジュネーブモーターショーでは「488ピスタ」が世界初公開された。これまでのV8スペシャルモデルの...

続きを読む...

これがスバルの次世代ワゴンか? 「ヴィジブ ツアラー コンセプト」を発表

噂されている次期レヴォーグとは異なる存在 スバルはスイス・ジュネーブモーターショーで「ヴィジブ ツアラー コンセプト」を世界初公開した。次期レヴォーグではないか? と噂されたが実際は違うようだ。 シューティングブレークの...

続きを読む...

ついにベールを脱いだ! トヨタ スープラがジュネーブショーで公開

既に登場しているコンセプトカーFT-1に酷似したルックス 第88回スイス・ジュネーブモーターショーが2018年3月8日から18日まで開催されている。なんといっても今回の目玉はBMW Z4のシャシーを使い16年振りに復活を...

続きを読む...

就職率100%! 今自動車関連の大学校や専門学校が熱い【大阪オートメッセ2018】

若者ならではの発想にオドロキ! 将来の活躍に期待  先日開催された大阪オートメッセで、自動車関連の学生さん達のトークショーを行った。すると、とっても興味深かったし面白い! 聞けば自動車関連の学校に行くと就職率100%なん...

続きを読む...

超ド派手なお披露目! インドのモーターショーで見たスズキ・スイフトの重要性

日本とはポジションが違うことを示す登場方法  マルチスズキは今回2日間のプレスデーで3回のプレスカンファレンスを行っている。初日朝一番で行われた1回目はインドで手掛けられた、“コンセプト・フューチャーS”、同日午後の2回...

続きを読む...

自動車用香水のエトネ・オートパフュームはその優雅さで車内の雰囲気を一変させる!【大阪オートメッセ2018】

クルマだけでなく自身のオシャレにも使えるアイテムも揃える  2月10日(土)より12日(月・祝)までインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2018」。地元・関西から出展しホール6Bにブースを構えたエトネジャパンは...

続きを読む...

モンスタースポーツは新型スイスポのコンプリートカーを展示!【大阪オートメッセ2018】

ノーマルで感じたやや物足りない部分をチューン! 2月10日(土)より12日(月・祝)までインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2018」。ホール3にブースを構えた、オートメッセ初出展となるタジマ/モンスタースポー...

続きを読む...

現金配布に命がけのプレスキット争奪戦! 新興国モーターショー衝撃のカオスっぷり

ペンやメモ帳などのちょっとしたお土産目当てに殺気立つプレス  筆者は年に数回世界のオートショーの取材へ出かけるが、その多くは新興国と呼ばれる地域。そこで開催されるオートショーは先進国で開催されるような、マナーやモラルに守…

続きを読む...

【大阪オートメッセ2018】ディクセルがサーキットも走れるコスパ抜群のブレーキパッド「SSタイプ」を参考出品!

所有者のニーズに合わせたブレーキパッドが登場! 2月10日(土)より12日(月・祝)までインテックス大阪で開催した「大阪オートメッセ2018」。地元・大阪から出展しホール6bにブースを構えたブレーキパーツメーカー・ディク...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  3. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  4. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  5. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  6. 【噂の真相】洗車しすぎはクルマを痛めるって本当?

    【噂の真相】洗車しすぎはクルマを痛めるって本当?

    細かい所に水が入り込みサビの原因になることがある クルマ好きが、街のあ...

  7. 【噂の検証】タイヤワックスがタイヤに悪いってホント?

    【噂の検証】タイヤワックスがタイヤに悪いってホント?

    実際に試してもとくに悪影響は確認できず これは耳にしたことも多いだろう...

  8. 【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    何度も強く当てるとクルマにストレスが溜まる スーパー、コンビニ、レスト...

  9. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  10. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...