「東京オートサロン」の記事一覧

激速軽自動車! マツダ・ロードスターよりも速いダイハツ・コペンが登場

筑波サーキットで1分13秒のマツダロードスターより2秒も速い  ダイハツ車のトータルチューニングブランド「D-SPORT」が、今年はコペンのチューニングに力を入れているをご存じだろうか? これまでサーキット色の薄いコペン...

続きを読む...

往年の名車のベースは? 日本自動車大学校の生徒が作ったフォードGT40が凄い

フォードGT40をモチーフに現代版に仕立てた  今や東京オートサロンのひとつの名物ともなっているNATS=日本自動車大学校の学生たちが製作したカスタムカーの展示。今年も楽しみにしてNATSのブースを訪ねてみると、10台の...

続きを読む...

ハイエース&ランクルを旧車風にカスタマイズ! FLEXのオシャレすぎるラインアップ

目玉は2003年式を80年代風に仕上げたランクル いまなお根強い人気のトヨタ・ハイエースやランドクルーザーをベースに独自のカスタマイズを行う「FLEX」が東京オートサロンに6台のデモカーを展示した。なかでも注目は100系...

続きを読む...

次期WRX STIか? スバルブースで人気を集めたコンセプトカーを徹底解説【東京オートサロン2018】

大型スポイラーやディテール変更でグッとスポーティに  先日閉幕した東京オートサロン2018。SUBARUブースでひときわ多くの視線を集めていたのが「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT...

続きを読む...

ダイハツ・ブーンを往年の名車化! シャレード デ トマソをモチーフにしたキットを発売

お客さんの声ではじめて製品化につながった記念すべき第一号  最近、何かと熱いダイハツが、東京オートサロン2018の初日に「BOON SPORTO Package」を発表、発売を開始した! これは、去年の東京オートサロンに...

続きを読む...

未発売パーツを装着した市販車に注目! 往年の名車も人気を集めたスバルブース【東京オートサロン2018】

レースマシンからインスピレーションを受けたカラーリングを施す  SUBARU(スバル)は、ファン必見のコンセプトモデルをはじめとする、安心と楽しさを具現化したカスタマイズモデルなどを東京オートサロン2018に出展した。今...

続きを読む...

あの水中メガネを見事に再現! ホンダアクセスがCR-Zをベースに仕立てた現代版Zが誕生

水中めがねの愛称で親しまれたホンダZを再現  カスタマイズカーイベント、東京オートサロン2018で気になった一台といえば、ホンダアクセスのコンセプトカー『Re:Z』。ホンダアクセスとして中古車市場に出回っているクルマをリ...

続きを読む...

発売前に早くもエクリプス・クロスのカスタム仕様が登場! 三菱自動車ブースは必見【東京オートサロン2018】

それぞれキャラクターの異なるカスタムを施す!  2018年1月12日(金)から1月14日(日)まで、千葉県千葉市の幕張メッセで開催中の東京オートサロン2018。Drive your Ambitionをブランドコンセプトに...

続きを読む...

3つのスタイルでカスタムの楽しさを提案! ダイハツが東京オートサロン2018出展概要発表

商用車でもカスタムする楽しさを提案したい!  ダイハツは、2018年1月12日(金)から1月14日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」に、「もっと楽しく。もっと自分らしく。」をテーマに、ス...

続きを読む...

新作のADVANホイールも発表予定! 東京オートサロン2018・横浜ゴムブースに注目だ

高性能とウエット性能の高さをアピール!  横浜ゴムは、2018年1月12日(金)から14日(日)まで幕張メッセで開催されるカスタムカーの祭典「東京オートサロン2018」に、タイヤとホイールでそれぞれブースを出展する。グロ...

続きを読む...

注目のオーテックコンセプトも3台登場! 日産が東京オートサロン2018の出展概要を発表

EVやミニバン、SUVなどさまざまなモデルで走る楽しさを追求  日産自動車と同社の関連会社であるオーテックジャパン、およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、2018年1月12日(金)から14日(...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】スバルブースはSTIが手掛ける3台のロードカーに注目

STIが手を入れた3台は市販化を期待  2月10日から12日までの日程でインテックス大阪にて開催されている大阪オートメッセ。「スバリスト」と呼ばれる熱心なファンが多いスバルのブースでは、モータースポーツに参戦した3台とS...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】新車レクサスLC500などスーパーGTマシン5台に注目

4月8日開幕戦デビューのレクサスLC500を間近で見られる  2017年2月10から12日の日程で開催中の大阪オートメッセ2017。このイベントで注目してほしいのが、国内最高峰のツーリングカーレース、スーパーGTのマシン...

続きを読む...

DIY用品だけで古く汚れたフィアット・パンダがここまで美しく復活!

誰でも気軽に手を出せる補修用品のみでこの輝き!  2016年12月初頭に紹介したソフト99の補修用品ブランド「99工房」の20周年を記念してスタートしたレトロカー再生への道。薄汚れたフィアット・パンダを購入し「99工房」...

続きを読む...

海外で盛んなコレクター向けオークションの日本版「BHオークション」が発足!

国産旧車からチューニングカーまで幅広いクルマで展開予定  東京オートサロンTWSブースでBHオークション発表会が行われた。絶版車から高級車まで販売・買取をしているビンゴスポーツの武井社長(BHオークションCEO)は「アメ...

続きを読む...

1 / 812345...最後 »

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  5. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  6. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  7. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  10. 販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    クルマを操るという楽しさを存分に味わうことができる 21世紀になって大...