「モータースポーツ」の記事一覧 - 2ページ目

今年のパイクスはVWが優勝! 電気自動車が史上初の総合コースレコード樹立【PPIHC2018】

VWのI.D.Rパイクスピーク、8分13秒どころかまさかの8分切り  第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(通称:パイクスピーク)が、現地時間の6月24日に開催された。パイクスピークは、その第一回目の...

続きを読む...

TRDがオーストラリアで人気の砂漠版キャノンボールに参戦!

赤土を舞台に総走行距離500kmで争われる!  オーストラリアで毎年6月に開催される“フィンクデザートレース”に、TRDがハイラックス・レボで参戦した。今回は、このオーストラリアで大人気の砂漠のキャノンボールレースについ...

続きを読む...

「20年の思い乗せて走った」中嶋一貴選手をはじめル・マン24時間で悲願を達成したトヨタが凱旋!

あくまでも目標は世界耐久選手権のシリーズチャンピオン! 昨年は3台のマシンが出場し、結果は2台がリタイヤとなってしまった。だが、今年開催された第86回ル・マン24時間耐久レースは日本人にとって嬉しい、国産車で日本人ドライ...

続きを読む...

VWのEVが予選タイムで過去最高記録を10秒も更新!【PPIHC2018】

決勝タイムも過去最高を記録する可能性大  毎年、アメリカの独立記念日前の週末に開催となるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)。標高4302mのパイクスピークに駆け上がり、だれが一番速いかを競...

続きを読む...

日本勢の活躍に期待! 96回目のパイクスピークがついにスタート【PPIHC2018】

今年もパイクスピークならではの多種多様なマシンが集結  現地時間6月24日(日)に決勝日を迎える「第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)」のレースウイークがスタートした。パイクスピーク...

続きを読む...

トヨタがついにル・マン24時間レースを制覇! 「勝って当然」ではない価値ある勝利

日本人ドライバー2人が乗り1-2フィニッシュ  ル・マン24時間レースにトヨタがTS050ハイブリッドでワンツー・フィニッシュを決めた。ここ2年、優勝直前で無念の涙をのんだトヨタ。今年はLMP1クラスにポルシェ、アウディ...

続きを読む...

青木拓磨、2020年のル・マン24時間に出場決定! VdeV選手権でLMP3クラス表彰台も獲得

初参戦のレースで早くも表彰台を獲得し期待が高まる!  まもなく第86回ル・マン24時間レースの決勝(6月16〜17日)が行われるが、このル・マンへの挑戦を長年夢見てきた青木拓磨のプロジェクトがついに始動した。  ここ数年...

続きを読む...

今年こそ悲願の優勝を! トヨタはル・マン24時間レース制覇に向けて盤石の体制で挑む!

確実に24時間を走り切るためマシンはもちろんチーム力も大幅向上  F1のモナコGP、アメリカのインディ500と並んで世界三大レースと言われている、ル・マン24時間レース。今年は6月16日〜17日に渡って開催される。最高峰...

続きを読む...

インディ500、佐藤琢磨は連覇ならず! ウィル・パワーが初優勝

佐藤琢磨、引退レースのダニカ・パトリックはリタイヤ  レース中の最高気温が32度に達した熱戦を制したのはペンスキーのウィル・パワーだった。  今季からマシンが一新されたインディカー。当然、このパッケージでインディアナポリ...

続きを読む...

「楽しみながらレースをやる」ラリーチャンプが2年ぶりの復活参戦【PPIHC2018】

奴田原文雄選手がパイクスピークに帰ってくる  6月24日に決勝日を迎えるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)は、アメリカ・コロラド州パイクスピークという山にあるパイクスピーク・ハイウェイを舞...

続きを読む...

莫大な費用を投じてまで自動車メーカーがモータースポーツに参戦する理由とは

モータースポーツ車両と量産車は別モノと言われるが……  日本車が産声を上げた時代は、クルマ作りは「トライ&エラー」によって技術や経験、ノウハウを構築していったと言う。それを実証するにはどうしたらいいのか? ライバルと競い...

続きを読む...

バイクショップオーナーが見つめ続けるパイクスの山々【PPIHC2018】

名だたるバイクイベントを制した先にあるもの  アメリカ・コロラド州、パイクスピーク・ハイウェイを舞台に、現地時間の6月24日(日)に決勝を迎える「第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(パイクスピーク)...

続きを読む...

プレスライダー上がりの全日本選手が臨むアメリカで一番過酷な山登り【PPIHC2018】

サポートメンバーとして参戦してからパイクスピークに魅せられた  アメリカ・コロラド州、パイクスピーク・ハイウェイを舞台に、現地時間の6月24日(日)に決勝を迎える「第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム...

続きを読む...

【EVレース2018】9年目のシーズン開幕! 新人の大学生2名が名門チームからテスラで参戦

チーム・タイサンが7年ぶりにJEVRAシリーズ参戦  今年活動35周年を迎えたチーム・タイサンが、全日本電気自動車レース(JEVRAシリーズ)に復活参戦した。このJEVRAシリーズ発足当初から参戦を続けてきたチーム・タイ...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  3. この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい! ミニバンだけでなく、最近は...

  4. 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    走りや安全性の追求が車両価格を上げる 最近、よく耳にするのが、「最近の...

  5. 10万円以下で中古車を販売しても利益が出るカラクリとは

    10万円以下で中古車を販売しても利益が出るカラクリとは

    本体価格だけでなく納車整備や手数料などで利益が出る 中古車情報サイトな...

  6. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  7. これが付いてないクルマは買うな! イマドキ新車の5種の神器

    これが付いてないクルマは買うな! イマドキ新車の5種の神器

    確実にドライバーをサポートしてくれる安全&快適技術 クルマの電子制御化...

  8. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  9. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  10. 【疑問】アメ車が日本で成功しない理由とは?

    【疑問】アメ車が日本で成功しない理由とは?

    日本をよく知るCEOがフォードの撤退を決断 残念ながら2016年内でフ...