「新車試乗記」の記事一覧 - 20ページ目

【試乗】エヴォーラ400は間違いなくロータス史上最速のロードモデル!

中谷明彦に「サーキットで限界性能を試したい!」と言わせる高性能 4人乗りのミッドシップ・スーパースポーツカーとして人気の高いロータス・エヴォーラが、よりパワフルに進化し、速さを増した。トヨタ製3.5リッター V型6気筒ガ...

続きを読む...

【試乗】見掛け以上に驚くほど快適なスマート・フォーフォー

素直な旋回特性は維持しつつ、後席に乗ったひとの快適性もある 超コンパクトボディのリヤに1リッターの自然吸気エンジンを積み、後輪を駆動するRRレイアウト。この特異なパッケージこそが、メルセデス・ベンツが提案するシティコミュ...

続きを読む...

【ムービー】新型ルノー ルーテシア速攻試乗でわかった4つの進化

市街地から高速まで走りがスムースに、アイドルストップで燃費も向上!  1.2リッターのダウンサイジングターボの採用で走りに定評のあったルノー ルーテシアのインテンス/ゼン。今回、あらたにエンジン、トランスミッション、さら...

続きを読む...

アウディの中核をなすA4の新型モデルの日本仕様を速攻試乗!

全車速対応のアダプティブクルコンも渋滞時に便利  その走りはライバルと比べてもかなりスポーティな味付けがなされていた。仕上がりは日本車は真っ青ともいえる高い完成度。その走りを国沢光宏がじっくり試した!  実車を見ると、メ.…

続きを読む...

ドリキン土屋圭市が新型ロードスターのNR-A徹底チェック!

マツダのモータースポーツベース車は、どこまで本気!?  現在、国産メーカーで、もっとも「元気」のあるマツダから、モータースポーツベース車として、ロードスターNR-Aが登場。ワンメイクレースやジムカーナなどで使用されること...

続きを読む...

スバルAWDオールラインナップ試乗で雪上が乗りやすかったのは?

サイドブレーキを備えるフォレスターXTがベストチョイス!  スバルのAWDオールラインナップ雪上試乗会が、北海道の新千歳モーターランドにて開催された。インプレッサからレガシィまで、ほとんどのAWD(四輪駆動)モデルを、一...

続きを読む...

ドリキン土屋圭市がマツダ・デミオと15MBを徹底チェック!

マツダのコンパクトカーをバカにしちゃいけない! 「元気」の良いマツダから、モータースポーツベース車として、コンパクトカーのデミオの15MB(モータースポーツベース)が登場。ロードスターNR-A同様に、ワンメイクレースやジ...

続きを読む...

【ムービー】ホンダS660は抜群の運動性能の高さを筑波コース1000で発揮!

コーナーリングスピードが圧倒的に速いのが特徴  軽スポーツカーの楽しさを再確認させてくれたのがホンダS660だ。2シーターミッドシップレイアウトで後輪駆動という優立性を持つものの、830kgという車両重量はアルト勢の67...

続きを読む...

【ムービー】ダイハツ・コペン・セロの筑波コース1000のテスト結果とは?

重さを克服した走りだが他車の進化が早いことを再認識!  ダイハツの軽オープンスポーツカー「コペン」の最大の特徴は、さまざまなボディデザインバリエーションを展開し「着せ替え」を可能としていることだ。初代コペンのイメージを引…

続きを読む...

【検証】大人気のシビックタイプRは本当に買って正解か?

警察官までトリコにするアイドルカー!  428万円のシビック! Civicって「市民の」という意味。庶民的なクルマにつけられた、かなり高額のプライスタグ。それにもかかわらず、抽選倍率は軽く10倍以上と、もの凄い人気で買お...

続きを読む...

【ムービー】アルトターボRSの筑波コース1000の気になるタイムは?

AGSと重心の高さがサーキットの本気走行では……  2014年に新型となったアルトに「ターボRS」が追加され、一時期「ワークス復活か」と騒がれた、アルトターボRS。ワークスが復活するまでは、最強モデルだったアルトターボR...

続きを読む...

【ムービー】新型アルトワークスの筑波コース1000全開テスト結果とは?

670kgの軽量ボディで鋭い加速! 5速MTの楽しさが満載  話題の軽自動車、スズキ・アルトに「ワークス」な復活し2015年12月24日に発売となった。ファンの注目を大きく集めているアルトワークスを一足早く、茨城県にある...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  3. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    走りや安全性の追求が車両価格を上げる 最近、よく耳にするのが、「最近の...

  6. 価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

    価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

    今後どんどん価格上昇すると見込まれるモデル 今年の4月30日をもって幕...

  7. この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい! ミニバンだけでなく、最近は...

  8. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  9. 普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

    普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

    1位はじつに300万円近いプライスタグ! 軽自動車は本来、小さく、扱い...

  10. いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

    いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

    見た目はもちろん運動性能の面でメリットは大きい 最近は純正装着でも17...