「新車試乗記」の記事一覧 - 21ページ目

燃料電池車トヨタ「ミライ」の航続距離は省燃費走行で600km超!その実用度は?

■ガソリン代に換算すればMIRAIの燃費は16.16km/L相当 「おいおい危ないよ!」。 隣の車線を走るドライバーが、前後をなめ回すようにコチラを見ている。そのぐらいレアで注目度の高い燃料電池車トヨタ「ミライ」がCAR...

続きを読む...

ホンダ「シビックツアラー」1.6Lディーゼルターボをドイツで試乗

シャトルではなくシビックツアラー  欧州で販売されている「シビックツアラー」に、ドイツで試乗した。シビックは日本で販売終了しているが、海外ではホンダにとって重要な世界戦略車であり続けている。 グレードは、1.6Lのi-D...

続きを読む...

高い居住性と悪路走破性能をもつディスカバリースポーツが間もなく発売

 今春から発売を開始するディスカバリースポーツは、「ディスカバリー」モデルのエントリーと位置づけられていていて、ランドローバーではコンパクトSUVにカテゴライズされている。 ランドローバーブランドには主軸となる「レンジロ...

続きを読む...

トヨタ ミライ(MIRAI)公道試乗・インフラさえ整備されたら実用車

水素ステーションさえあれば一般ユーザーが今すぐ普通に使える  街ゆくひとの視線が熱い。それだけ注目されても、スーパースポーツなどに乗っているときに感じるちょっとした優越感と気恥ずかしさとはまったく違って、ミライは乗ってい…

続きを読む...

[動画]フォード・フィエスタは高質なコンパクトハッチ

 世界的に、CセグメントのコンパクトカーではVWゴルフが存在感を示しているが、フォード・フィエスタはひとまわり小さいBセグメントで世界販売台数ナンバー1を達成したことのある人気車種だ。  ボンネットやサイドにエッジライン…

続きを読む...

ホンダ・グレイスはコンパクトな上質セダン

 ホンダがセダン復活の狼煙を上げた! アコードに続いてリリースされたホンダのセダン、グレイスを1週間ほどCARトップ編集部・石田が日常使用したのでリポートします。  まず最初に、このクルマは断じてフィットセダンじゃない。...

続きを読む...

ポルシェ注目モデル一気乗り!

 レーシングドライバーとして実績を残し、さらに一般市販車から1000ps級のチューニングカーまで幅広ジャンルのクルマの試乗インプレッションを得意とする桂伸一さん。WEB CARTOPでは初登場となるが、CARトップなどを...

続きを読む...

日産のEV第2弾 e-NV200は実用性の高いEV

   リーフに続く日産の電気自動車第2弾e-NV200は、スペイン・バルセロナ工場で生産され、欧州では今年6月に、日本では10月30日に日産の追浜工場(日本仕様の最終検査を担当)での出荷式を終え、発売をスタート...

続きを読む...

トヨタ/トヨペット店で購入できる5ナンバーミニバン『エスクァイア』

トヨタの新型車「エスクァイア」。最初にハッキリいうが、新規車名が付けられているもののメカニズム的にはノア&ヴォクシーである。だからパワートレインのラインアップも同じ、走りも同じだ。  では何が違うのか? まずは外観。ギラ…

続きを読む...