「BMW その他」の記事一覧

BMW その他に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

全世界6台の限定モデルを日本に1台だけ導入! 時代の最先端をいくアパレルブランド「Kith」とコラボしたBMW i4 M50 by Kithを発売

この記事をまとめると ■BMW i4 M50 に限定モデル「BMW i4 M50 by Kith」が発表された ■Bロニー・ファイグが率いるアパレルブランド「Kith」とのコラボモデル第二弾 ■このモデル専用となる内外装...

続きを読む...

窓がなかったりドアが見えなかったり公道走ってたら2度見必至! ナンバー付きが違和感しかない市販車4選

この記事をまとめると ■コンセプトカーのような見た目の市販車を紹介 ■実際にコンセプトモデルとして発表したものをほぼそのまま出した例もある ■個性的なクルマも多いが故に故障するとややこしいことになる機能もあった 市販化さ...

続きを読む...

移動したい……クルマから降りたくない……「あぁ極楽極楽」感漂う超快適リヤシートのクルマたち

この記事をまとめると ■後席が充実している高級車を紹介 ■シャンパングラスやマッサージ機能、大画面モニターなどを備えるクルマが多い ■軽自動車界にも1台「プレミアム感」を味わえるクルマがある 「凄すぎる」の一言に尽きる後...

続きを読む...

4シリーズ・グランクーペを電気自動車化! BMW i4をiシリーズのラインアップに追加

この記事をまとめると ■BMW iシリーズとして電気自動車のi4がラインアップに加わった ■最高出力340馬力のi4 eDrive40とシステム最高出力544馬力のi4 M50を設定 ■最新世代の安全機能・運転支援システ...

続きを読む...

ボンネットは開けられない! ドアノブもない! BMW iXがタダモノEVじゃない6つの理由

この記事をまとめると ◼︎話題のEV「BMW iX」のいいところを紹介 ◼︎インテリアの質感はまるで上級ホテルのような雰囲気 ◼︎最先端技術や便利な機能を数多く搭載 ドイツ発の未来感マシマシなイケてるEVが登場!  20...

続きを読む...

ランボルギーニに振り回された悲運のスーパーカーBMW M1とは

この記事をまとめると ■モータースポーツでの優位性を得るべくBMW M1は開発された ■開発・生産を委託したランボルギーニの財政難で複雑な行程の生産を余儀なくされた ■ホモロゲ獲得時には参戦カテゴリーがなくなっていたとい...

続きを読む...

「ベンベ」「アーマーゲー」「タイレル」はおっさん確定! 「通称」が変わったクルマ関連の呼び名5選+α

この記事をまとめると ■時代とともに言葉が変わるように車名やブランド名の呼称も変わっている ■外国語を日本語表記していたものが日本法人設立でその表記に統一される例が多い ■かつての呼称に懐かしさを感じることも多いが、今と...

続きを読む...

デカいキドニーグリルと細長の吊り目が次世代のBMWの象徴に! 電気自動車のiXとiX3を披露して発売開始

この記事をまとめると ■BMWが次世代を見据えて開発した電気自動車のiXとiX3を日本初お披露目 ■iXは981万〜1116万円、iX3は862万円 ■渋谷の都市型イベントに協賛してBMW iXとiX3の価値を発信 BM...

続きを読む...

期待の電気自動車BMW iXにローンチエディションを設定して受注開始

豪華装備を最初からすべて装備するローンチエディション  ビー・エム・ダブリューは、2021年秋に日本国内において正式に発表となる電気自動車「BMW iX(アイエックス)」の初期生産モデル「BMW iXローンチ・エディショ...

続きを読む...

まさかのワゴン車も! 何百台もの市販車からレーシングドライバーが選ぶ「本当に意のままになる」クルマ6選

トヨタ車のハンドリングのベンチマークになったモデルも! 「人馬一体」とか「意のままに……」とか、クルマの運動性をアピールする美辞麗句は数多くあれども、実際にそれを体感させてくれるクルマはあまりない。今回は「高性能自動車評...

続きを読む...

デイリーランキング