「MINI」の記事一覧

テールランプはユニオンジャック柄に点灯! オシャレに磨きをかけたMINIが発売

コネクテッドなど最先端の装備も搭載 2001年にデビューし現在3代目となるMINIがマイナーチェンジを行った。おもな改良点はエンブレムのデザイン変更や新色の追加など。車両価格238万円(税込み)から販売される。 2013...

続きを読む...

【試乗】ミニ クロスオーバーのプラグインハイブリッドはEVで40km走行可能!

フロントはエンジン・リヤはモーター駆動の4WD  日本で既に販売されている新型MINIクロスオーバー。今回、日本でもすでに受付が開始されている「MINIクーパーS E クロスオーバー ALL4」にスペイン・バルセロナで試...

続きを読む...

新型ミニ クロスーバー登場! プラグ-イン・ハイブリッドも秋を予定

ボディサイズ拡大でもっと使えて遊べるミニに  第4のミニとして2011年にデューしたミニクロスオーバーが、プレミアムコンパクトSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)としてフルモデルチェンジし、発売を開始した。ちなみ...

続きを読む...

スキー&スノボにうってつけ! 室内が広いミニ・クラブマンに初の4WDモデル登場

200万円台のエントリーモデル「ミニ・ワン・クラブマン」も追加  ひと目でミニ(MINI)とわかるかわいいルックスと、ゴーカートフィーリングを標榜する切れ味鋭いスポーティな走りで、多くのファンをもつミニに新たなグレードが...

続きを読む...

ソフトトップにユニオンジャックを織り込んだミニ・コンバーチブル

「クーパーSコンバーチブル」は開放的でパワーもあり!  コンパクトでカワイイ、さらにオープンカーで乗りたいという方にオススメなのがミニ・クーパーコンバーチブルだ。2016年3月2日(ミニの日)に新型ミニ・クーパーコンバー...

続きを読む...

過激ホットハッチ「ミニクーパー」2台を比較試乗!

ミニクーパーSとジョンクーパーワークスのガチンコ比べ!  ミニのスポーツバージョンはクーパー/クーパーSが有名だが、さらに上が存在する。それが「ジョン・クーパー・ワークス(JCW)」である。そもそもジョン・クーパーとは、...

続きを読む...

[第44回東モ情報103]ミニは爽やかなサマーカジュアルを日本から世界へ発信!

新型MINIコンバーチブルが4シーターで来春お目見え 人気のMINIは間もなく販売開始のクラブマンと、来春日本デビュー予定のコンバーチブルというファンタスティックな2台が展示された。スタイリッシュで透明感を感じさせる新着...

続きを読む...

[第44回東モ情報60]利便性を高めた新型ミニクラブマン

ミニの概念を覆す多用途性を示す新型クラブマン すでに「ミニ」シリーズはボディ外寸がかなり大きくなってきているが、今回東京モーターショーで発表された新しい「ミニ クラブマン」はその象徴的な大きさを感じさせてくれるモデルだ。.…

続きを読む...

二代目となるBMW製MINIクラブマンが新登場!

■スピリットドア(観音開き)も踏襲したBIGになったMINIクラブマン  MINIは新型ミニクラブマンを発表し、11月7日から販売を開始する。 ミニクラブマンといえば、1969年にデビューしたミニクラブマンエステートが初...

続きを読む...

【ライバル対決】ハイブリッド対ディーゼル6台 究極のエコカー選び!

■ハイブリッド3台vsディーゼル3台で1000kmテスト敢行!!  近年、欧州市場を中心に鍛え上げられてきたディーゼルエンジン搭載車が、日本市場に食い込んできている。一方で日本発祥のハイブリッドモデルは世界へと躍進をはじ...

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. 1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度だけ作動させるMISTや間欠の時間を変更するダイヤルなども 本格的...

  2. 効果がないどころか危険も! クルマ好きがやる意味のない燃費向上テクニック3選

    効果がないどころか危険も! クルマ好きがやる意味のない燃費向上テクニック3選

    危険度を増してしまう間違ったテクニックも クルマは燃料がなければ走らな...

  3. お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    わずか一桁万円から手に入れられるクルマも! 最近はスポーツカー受難の時...

  4. 「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    安全を買うと考えて安いからと純正より性能を落とさない タイヤは路面と接...

  5. 【今さら聞けない】アイドリングストップって効果あるの?

    【今さら聞けない】アイドリングストップって効果あるの?

    当然燃費には効果があるが局面によっては逆効果も エコ関連の内容というの...

  6. 【100万円で狙える】女子ウケ抜群! デートで見栄をはれる中古輸入車4選

    【100万円で狙える】女子ウケ抜群! デートで見栄をはれる中古輸入車4選

    かなり新しい王道のBMWやメルセデス・ベンツも購入可能 クルマでモテる...

  7. 【今さら聞けない】エンジンの「DOHC」って何?

    【今さら聞けない】エンジンの「DOHC」って何?

    吸排気のバルブを別のカムシャフトで動かし高性能化を狙った DOHCとい...

  8. 発売前から決意! 私が新型スズキ・ジムニーを買ったワケ

    発売前から決意! 私が新型スズキ・ジムニーを買ったワケ

    4種類すべてに試乗してジムニーXC 5速MTを選択! 新型ジムニー(J...

  9. MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    電動化と自動運転化がクルマの常識を変える! エンジンを積んで、トランス...

  10. トヨタMIRAIがアクア並の激安で乗れるのにトヨタが積極的に推さない複雑な事情

    トヨタMIRAIがアクア並の激安で乗れるのにトヨタが積極的に推さない複雑な事情

    地域によっては補助金だけでなんと303万円! 何と! 燃料電池車トヨタ...