「フォルクスワーゲン」の記事一覧

VWのコンパクトSUV「ティグアン」が仕様変更で装備充実&安全性を向上

エントリーグレードでも渋滞追従支援が標準装備に!  フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、コンパクトSUV「ティグアン」の装備を見直すなど一部改良を施して発売した。  エントリーグレードとなるガソリン仕様の「TSIコ...

続きを読む...

新ゲームも追加! VWの人気スマホ向けアプリのアップデート版が配信中

豪華賞品が当たるキャンペーンも実施中  フォルクスワーゲンは、スマートフォン向けアプリ「Play On! by Volkswagen(プレイ オン バイ フォルクスワーゲン)」に、新機能の追加や既存コンテツの改良を行うア...

続きを読む...

国産車の優位は失われた!? 高い収納力と実用性をもつ使い勝手バツグンの輸入車3選

日本車のお家芸ともいえる技アリ収納も増えてきた  収納やシートアレンジなど、「お・も・て・な・し」の心で使い勝手の良さを世界でリードしてきた日本車だが、最近では一部の輸入車において、日本車も真っ青な実質的な使い勝手、収納…

続きを読む...

【試乗】SUVテイストは伊達じゃない! 本格4WD性能をもつ新型VWパサートオールトラック

30mmアップの車高はワインディングで爽快な走りに貢献  フォルクスワーゲン(VW)の中核モデルであるパサート。ワゴンのヴァリアントをベースに仕立てた「オールトラック」が新バリエーションとして加わった。VWが得意とする4...

続きを読む...

上質な本革シートを採用したフォルクスワーゲン・ゴルフ トゥーランの限定車「プレミアム」が販売中

人気のオプションパッケージも標準化  フォルクスワーゲンは、7人乗りコンパクトミニバンのゴルフ トゥーランに、質感や機能性を向上させた限定車「ゴルフ トゥーラン TDI Premium」を設定し、300台限定で販売してい...

続きを読む...

リタイヤ組の両親に勧めるならこのクルマ! 150万円以下でも先進安全装備充実な中古車3選

現行モデルでタマ数が豊富なモデルも  現在販売されている新車のほとんどに装着、もしくはオプション設定されている先進安全装備。うっかりよそ見をしてしまったときなどに効果を発揮する衝突被害軽減ブレーキや、駐車場などでのアクセ…

続きを読む...

小さなボディをSUV風に仕立てたフォルクスワーゲン cross up!が300台限定で発売

上級グレードをベースに先進装備なども充実  フォルクスワーゲンは、スモールカー「up!」をSUV風に仕立てたクロスオーバータイプの限定車「cross up!」を300台限定で発売した。209万8000円。  エクステリア...

続きを読む...

【ムービー】日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカーインタビュー! フォルクスワーゲン・ポロ編

メーカーが語る6代目VWポロのウリとは  2017年11月1日から2018年10月31日までに日本で発表・発売されたクルマを対象に、その年を代表する1台を決定する、日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019。2018年...

続きを読む...

フォルクスワーゲンからペットのプロが監修した愛犬が快適にドライブできる待望のアイテム登場

汚れ防止だけではなく乗降時や体調管理も可能な優れもの  フォルクスワーゲンは、大切な愛犬とのドライブで活躍する、ペット専用大型フラットベッドを発売した。全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで購入することが可能で、税込み…

続きを読む...

最新インフォテイメント装備を充実させたVWゴルフヴァリアントの特別仕様車「テックエディション」登場

これまで選択不可だったエントリーグレードにも標準化  フォルクスワーゲンの人気ワゴンモデル「ゴルフ ヴァリアント」に、最新のインフォテイメントシステムを標準装備した特別仕様車「テックエディション」シリーズを設定した。  ...

続きを読む...

2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカー候補となる10台が決定!

今年1番のクルマに輝くのはどれか?  今年で39回目となる日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)は、イヤーカーとなる(その年に一番象徴的な)クルマを決めるため27台の新車を選出。その中から実行委員会は11月7日(水)に、...

続きを読む...

かつてはプレリュードにソアラ! 実用性も兼ね備えたイマドキの大人のデートカー5選

見た目以上の上質感を演出するクルマも  かつての80~90年代、日本には「デートカー」というカテゴリーがあって、六本木のカローラ=赤いBMW3シリーズやホンダ・プレリュード、初代トヨタ・ソアラなどがその代表格だった。そん...

続きを読む...

オフロードでも高い走破性を発揮する新型VWパサートオールトラックが発売開始

最新ディーゼルエンジンと専用4WDシステムを搭載  フォルクスワーゲンは、クロスオーバー4WDの新型「パサート・オールトラック」を、10月31日より発売した。  最新の2Lディーゼルエンジンを搭載し、高い走破性能を誇る4...

続きを読む...

オシャレな3色のシートカラーを追加したVWアルテオンの新グレード「エレガンス」が登場

外観も専用フロントバンパーなどでR-Lineと差別化が図られる  フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、クーペスタイルのアルテオンにインテリアカラーを3色から選べる新グレード「エレガンス」を追加した。599万円。  ...

続きを読む...

家族全員が満足! 走りも実用性も1台で全部こなしたい人が選ぶべき究極のマルチカー5選

大人数乗車や荷物を満載しなければワゴンがベスト!  クルマ好きのファミリーがクルマを選ぶとき、優先順位は人それぞれだろうけど、基本は乗り心地やエンジンの気持ちよさ、必用十分以上の動力性能、安心感と安定感たっぷりの操縦性、…

続きを読む...

1 / 912345...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  3. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  4. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  5. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  6. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. 【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    何度も強く当てるとクルマにストレスが溜まる スーパー、コンビニ、レスト...

  9. お客様は神様……もほどほどに! やってはいけない新車ディーラーでのNG商談行為3つ

    お客様は神様……もほどほどに! やってはいけない新車ディーラーでのNG商談行為3つ

    情報誌の持参が値引き額を引き下げる可能性アリ “お客様は神様”などとも...

  10. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...