「ボルボ」の記事一覧

ホントに使えるクルマはどれだ? 流行りの3列シートSUV最新車5台のマルとバツ

フル乗車すると動力性能的に不足が生じるクルマも  世界的なSUVブームのなか、SUVの3列シート車が続々と登場している。日本車ではホンダCR-V、マツダCX-8、レクサスRX450hL、日産エクストレイル、三菱アウトラン...

続きを読む...

今どきはただ座るだけじゃない! 衝撃を受けたクルマの高機能シートの世界

ドライバーの疲労の軽減にもっとも貢献するのがシート性能  年々進化するクルマの装備。運転支援系のデバイスや、コネクティッド機能を備えたITカーナビなどに注目が集まるが、ドライバーの身を預けるシートの高機能化や高性能化も著...

続きを読む...

【試乗】V90クロスカントリーで1000km走破! ロングドライブで見えたボルボの実力

大きなボディを感じさせない走りに驚いた  CARトップ読者のなかには「マリオはSUBARU基準でしか評価できないのでは?」と疑念を抱く人もいるかも知れないが、どうか安心してほしい。連載の1000kmツーリング企画のレギュ...

続きを読む...

国産車の優位は失われた!? 高い収納力と実用性をもつ使い勝手バツグンの輸入車3選

日本車のお家芸ともいえる技アリ収納も増えてきた  収納やシートアレンジなど、「お・も・て・な・し」の心で使い勝手の良さを世界でリードしてきた日本車だが、最近では一部の輸入車において、日本車も真っ青な実質的な使い勝手、収納…

続きを読む...

【ムービー】ボルボXC40が日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞! ボルボ社長に直撃インタビュー

ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長を直撃!  2017年11月1日から2018年10月31日までに日本で発表・発売されたクルマを対象に、選考委員の投票によって代表車1台を決める、日本カー・オブ・ザ・イヤー。その開票が行...

続きを読む...

女心を鷲づかみ! 女子が選ぶ2018年登場の新型車「魅力度ランキング」TOP5

運転のしやすさや内装デザインまで総合的に評価  2018年はSUVの新型車が豊作だった反面、新型車全体の登場台数としては約30車種ほどと、ちょっと寂しい1年となってしまいました。でもその分、1台1台の完成度はとても高く、...

続きを読む...

実用度を高めたボルボV40/V40クロスカントリーの特別仕様車2モデルが発売

実用度も高めた魅力的な仕様に仕立てた  ボルボ・カー・ジャパンは、V40とV40クロスカントリーにふたつの特別仕様車を設定し、発売を開始した。  スウェーデン語で“ありがとう”を意味する「Tack Edition」は、V...

続きを読む...

輸入車はベンツ・BMW・アウディだけじゃない! 意識高い系に選んで欲しいドイツ車以外の欧州車4選

見た目だけじゃなく運動性も高いモデルが続々登場!  日本における輸入車はこれまで“ドイツ車一強”だった。しかし最近、その様相が大きく変化し始めている。スウェーデン、イタリア、フランスのクルマに、アンチドイツ車向け……とは...

続きを読む...

【ムービー】日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカーインタビュー! ボルボXC40編

昨年に引き続き2年連続の大賞となるか!?  まもなく日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019のイヤーカー(大賞受賞車)が決定する。これは2017年11月1日から2018年10月31日までに日本国内で発表・発売されたク...

続きを読む...

2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカー候補となる10台が決定!

今年1番のクルマに輝くのはどれか?  今年で39回目となる日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)は、イヤーカーとなる(その年に一番象徴的な)クルマを決めるため27台の新車を選出。その中から実行委員会は11月7日(水)に、...

続きを読む...

ベンツ・VW・BMWに次ぐポジション! 日本市場でなぜボルボは強いのか?

ジャーマン・ブランドにつづくポジションを確保  日本市場における輸入車といえばジャーマン3と呼ばれる3大ブランドは、メルセデス、BMW、フォルクスワーゲン。フォルクスワーゲンは同グループにアウディがあり、BMWはMINI...

続きを読む...

【試乗】安全装備も充実した新世代ボルボの真打ちV60は日本市場にジャストサイズ!

ワイド&ローを実現したスポーティなエクステリア  2016年に登場のXC90を皮切りに新パワートレイン(Drive-E)と新プラットフォーム(SPA/CMA)、北欧を強調した内外装デザインを全面採用した「新世代ボルボ」が...

続きを読む...

ブラック&ホワイトでオシャレ度が高まったボルボV40の限定車「ダイナミックエディション」登場

ブラックを基調にホワイトのアクセントがオシャレ  ボルボ・カー・ジャパンは、人気のコンパクトハッチバックモデルV40/V40クロスカントリーに、専用の内外装を与えた特別仕様車「ダイナミックエディション」を設定し、発売した...

続きを読む...

ボルボが世界初の正面衝突被害低減機能を採用! たった10km/h速度を落とすだけのもつ意味とは

大いなる第一歩であることは間違いない  言うまでもなくもっとも死亡事故の多い事故は正面衝突である。しかし自動ブレーキは追突事故や歩行者との接触を防止するためのものであり、正面衝突を防止する機能についていえば皆無。そんな中…

続きを読む...

1 / 41234

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  3. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  4. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  5. 復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    いまは消滅してしまったカテゴリーのクルマも存在 トヨタから新型スープラ...

  6. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  7. 地味に効く! クルマを長持ちさせてる人がやっている日常行為8カ条

    地味に効く! クルマを長持ちさせてる人がやっている日常行為8カ条

    ちょっとしたポイントが10年後に効いてくる! クルマというのはメンテや...

  8. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  9. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  10. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...