「ホンダ ビート」の記事一覧

ホンダ ビートに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

「マツダ」がメルセデス・ベンツもBMWもポルシェもホンダも動かした! ライバルを見ると「ロードスター」の偉大さに圧倒される

この記事をまとめると ■初代ロードスターが登場して以降、日本でも数多くのオープンカーが生まれた ■ロードスター以外の2シーターオープンはあまり成功していない ■世界中でロードスターを模倣したクルマが生まれた FRオープン...

続きを読む...

楽しい苦労がそこにある! 乗ればカーマニア化確実な「お安い」ネオクラ中古車4選

この記事をまとめると ■子どもの頃から馴染みのあるクルマを買うと愛着が持てる ■電子制御デバイスなどの少ないクルマを操るとドライビングスキルが上がる ■構造が簡単なので古いクルマはDIY感覚で直して、クルマを学べる あえ...

続きを読む...

「乗り替えるクルマがない」と嘆くのは「喰わず嫌い」! 絶版車オーナーが満足できるハズの現行車5台

「らしさ」を彷彿とさせる満足感の高いモデルも存在!  絶版車に乗っているユーザーが今もその絶版車に乗っている理由には、「現行車に代わりになるクルマがないから」ということも大きいかもしれない。その気持ちはよくわかるところも…

続きを読む...

伝説のABCトリオをいま買うならどれ? 維持や使い勝手の徹底比較3番勝負

3台それぞれに個性と魅力が詰まっている!  最近ではスーパーハイト軽ワゴンが人気の中心となっている軽自動車。そのなかにハスラーやタフトといったクロスオーバーSUVタイプも割って入り車種のバラエティーが増加していることはご...

続きを読む...

「高騰前夜」のいまが買い! まだ100万円以下で手に入る中古国産スポーツ名車4選

前期モデルや1世代前のモデルなどにはお買い得なものが多い  ここ数年で驚くほどの高騰っぷりとなっている国産スポーツモデル。ものによっては新車価格を上まわるプレミア価格で、おいそれとスポーツ走行をすることすらはばかられるほ.…

続きを読む...

普通に使うのにも「難儀」するほどのダメっぷり! それでも「ナゼか愛せる」絶版車4選

レスポンスの高さやドライビングスキルを学べるといった良さも!  クルマを選ぶポイントは広さや燃費に代表される実用性、クオリティや高級感、コストパフォーマンスなど多岐に渡るが、運転する楽しさをはじめとした趣味性もある。趣味…

続きを読む...

まさか「中古軽トラ」まで手が出せない! 新車を上まわる「価格高騰」の中古軽自動車3選

今後更なる価格上昇の可能性もある平成ABC!  軽自動車と言えば、限られたボディサイズと排気量のなかでさまざまなユーザーのニーズを満たそうと各メーカーが努力を重ねて生み出されたものであり、最近は装備が充実してコンパクトカ...

続きを読む...

圧倒的に「楽しい」のは確実! だが「見た目」に反して「遅かった」クルマ4選

速くなくても走る楽しさが感じられるモデル!  スポーツモデル、スポーツカー、スーパーカーは「速い!」というのがその第一条件のように考える人も多いだろう。しかしその種のクルマであっても「大して速くない、むしろ遅い」というク…

続きを読む...

いまの軽は「優等生」すぎ! かつて「危険」なほどの走りで若者を「陶酔」させたスポーティ軽自動車4台

かつては「危険」とまで称されるほどの軽自動車も存在した  最近の軽自動車は、乗用車並みの装備を備えたモデルも多く、もはや下手なコンパクトカーよりも装備の面でも価格の面でも上まわっている車種も少なくない。  一方でスポーテ.…

続きを読む...

世界が日本を追いかけた! 世界的なブームに火をつけた「偉大すぎる」国産車3選

スーパーカーなどにもラインアップされるアーバンSUVの先駆者  21世紀のいま、自動車産業がグローバル化しています。国産メーカーといっても世界中で生産していますし、国産ブランドであっても海外生産のモデルは増えていますし、...

続きを読む...

AT限定免許じゃ味わえない! 軟弱者拒否のMTしか選べなかったクルマ5選

一定以上の腕力がないと扱いきれない硬派なモデルも存在  依然としてMT車は少数派ながら、今もなお世代を問わずクルマ好きからの支持は根強いものがある。トヨタやマツダなど、最近になってMT車の展開に積極的な姿勢を見せてくれて...

続きを読む...

これぞホンダの真骨頂! 誰にもマネできないユニークさをもったホンダ車7選

一周回って新鮮! ホンダの技術が光るユニークなクルマを選出  各メーカー、それぞれ個性があって、独自のクルマ作りを行なっているが、なかでもホンダはユニークなクルマが多い。スポーティなだけでなく、コンセプト自体も変わってい…

続きを読む...

現存台数は減る一方で儲かりそうにない! それでもメーカーが旧型車の復刻パーツ生産に力を入れるワケ

いま多くの車種の絶版パーツが復刻されている  最近、自動車メーカーが自社の過去の車両の部品を復刻生産するケースが増えてきている。メーカー主導でユーザーの車両まるごとレストアを実施するという前代未聞のサービスを開始したマツ…

続きを読む...

デイリーランキング