「シビック」の記事一覧

【マイルドよりワイルド!】エコ全盛時代に抗うように「これぞターボ!」の刺激が味わえるお手頃な現行車4選

ハイパワーターボ車は手の届きにくくなった  気づけば、クルマのエンジンの多くがターボである。かつてはハイパワーを誇るためのターボ全盛だったものの、今ではエンジンのダウンサイジングとセットでターボが使われ、軽量化、燃費の向…

続きを読む...

【2020年期待のニューモデル登場時期が見えた!】東京オートサロンでわかった新車&MCスケジュール

発売とともに先行予約が始まった大注目のモデルが登場!  カスタムカーの祭典であると同時に、最近では自動車メーカーのさまざまな発表の場ともなりつつある東京オートサロン。今年も国産各メーカーが多くの新型車&マイナーチェンジモ…

続きを読む...

【枝分かれした派生の名前がいつしかメインに!】サブネームから生まれたクルマ8選

スペシャル感やスポーティさを表すためにサブネームが付けられた  完全な新型車が登場する場合、まったく新しい車名というだけでなく、サブネームが付けられることもある。最近では少なくなったが、簡単に言えば枝分かれという形で、メ…

続きを読む...

【じつは売れないってわかってる?】アメリカで成功するも日本でウケない国産車を販売するワケ(後編)

数は少なくても顧客の要望がある以上販売現場は売りたい  トヨタのカムリ、ホンダのアコード。両車はアメリカで年販30万台レベルのロングセラーとして、アメリカ人の生活に馴染んできた。この分野が、Dセグメントセダンだ。もうひと...

続きを読む...

2020年1月にマイナーチェンジ! 進化するホンダ・シビックがホームページで先行公開

ボディカラーの新色追加やスポーティな新デザインが明らかに!  ホンダは2020年1月にマイナーチェンジを予定しているシビックシリーズの「シビック セダン」と「シビック ハッチバック」をホームページで先行公開した。  シビ...

続きを読む...

これぞホンダの真骨頂! 誰にもマネできないユニークさをもったホンダ車7選

一周回って新鮮! ホンダの技術が光るユニークなクルマを選出  各メーカー、それぞれ個性があって、独自のクルマ作りを行なっているが、なかでもホンダはユニークなクルマが多い。スポーティなだけでなく、コンセプト自体も変わってい…

続きを読む...

かつてターボ車の代名詞だった「ターボラグ」が今のクルマから消えたワケ

ダウンサイジングターボなどの技術によりラグが減少  ターボチャージャーは、エンジンの排気ガスの力でタービンを回し、コンプレッサーで圧縮した空気をシリンダーに送り込むシステムなので、ターボがしっかり過給圧を発揮するためには…

続きを読む...

意外な車種が高値に! アメリカで人気のネオクラ日本車5台とは

北米といえばやっぱりフェアレディZ! 1970年代~1980年代  アメリカで日本車が最初に人気となったのは、1970年代に入ってからだ。きっかけは、オイルショックと排ガス規制のマスキー法。  60年代までのアメ車といえ...

続きを読む...

GT-Rだけじゃない! 日本人が弱い「R」の付くクルマ10選

ホンダもRの付くクルマは多い  日本人が大好きなRなクルマ。探せば探すほど出てくる感じだ。その1ではトヨタと日産を中心に紹介したが、今回はホンダなどを見てみることにしよう。 1)ホンダ・シビックRS  RSは初代シビック...

続きを読む...

デイリーランキング