「いすゞ ピアッツァ」の記事一覧

いすゞ ピアッツァに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

やっぱりクルマはデザイン命! まだ免許をもたない高校生のころに心を奪われた5台【いつか乗ってやる! 子どものころに憧れたクルマ〜すぎもとたかよし編〜】

この記事をまとめると ■デザイン系ライターすぎもと たかよしさんが少年時代に憧れたクルマを紹介 ■走りなどの性能よりデザインに重点を置いて当時はクルマ選びをしていた ■どれも40年以上前のクルマになるが、今見ても斬新なデ...

続きを読む...

いすゞの乗用車って「オシャレ」揃い! 撤退した今もなおデザインの評価が高い理由とは

この記事をまとめると ■乗用車部門から撤退したいすゞの乗用車のデザインが秀逸だった理由を考察 ■ジョルジョット・ジウジアーロ氏などと手を組んでいたことが大きな理由のひとつ ■いすゞのデザインは当時から欧州チックで先進的だ...

続きを読む...

史上もっとも美しいクルマは? クラシック&ネオクラから6台の候補を選んでみた

この記事をまとめると ■世界的にデザインが評価されているクルマを6台ピックアップ ■レーシングカー譲りのデザインはあのフェラーリ創業者も唸るほどだった ■日本にも世界レベルで評価されているクルマがあった 美しいと言われて...

続きを読む...

アナログ時代に衝撃の未来感に誰もがシビれた! メーターを眺めるためだけに走りたくなる旧車3選

この記事をまとめると ■かつてメーターパネルのデザインが個性的なクルマがあった ■ソアラのデジタルメーターとピアッツァサテライトスイッチはSFチックで最先端感があった ■クロノグラフをモチーフにしたアルテッツァのメーター...

続きを読む...

乗るたびに異世界転生! 衝撃デザインにアガること間違いなしのクルマのインパネ6選

この記事をまとめると ■インパネデザインが秀逸なモデルを紹介 ■もはや異世界転生レベルの超個性的デザインを集めた ■最近のトレンドは大画面モニター 常に視界に入るからこそ重要なインパネデザイン  クルマを好きになるファク...

続きを読む...

振り返ると「名車しかない」のにナゼ? かつて同じ会社だった「いすゞ」と「日野」が乗用車から撤退したワケ

この記事をまとめると ■いすゞと日野自動車はもともとは同じ会社であった ■日野ルノーやコンテッサなどの乗用車を販売した日野自動車だがトヨタとの提携で乗用車から撤退 ■いすゞは他社からのOEMで乗用車を販売しながら徐々に商...

続きを読む...

「XYVYX」「ISIS」「AIRS」! 全部読めたらクルマオタ確実なキラキラ系「難読車名」6台

この記事をまとめると ■国産車にあった難読すぎてキラキラネームのようになっている車名をピックアップ ■セールスの都合などで送り仮名などをカットしている場合もある ■日本語の訛りがそのまま車名になったモデルもあった 難解す...

続きを読む...

大人気の「リトラクタブルヘッドライト」なのにミスマッチ! 流行に乗れずコケた4台

この記事をまとめると ■人気のリトラクタブルヘッドライトを採用したが不発だったクルマを紹介 ■デザインの賛否が分かれるクルマになってしまい成功できなかった ■チャレンジ精神旺盛で車種を変えてチャレンジしたモデルもあった ...

続きを読む...

「森林人」「飛度」って何のクルマかわかる? 中国の漢字車名が面白すぎた

この記事をまとめると ■いすゞにはかつて「飛鳥」と漢字表記したくなる乗用車があった ■中国には漢字表記の社名プレートを装着したモデルが多数存在する ■中国での車名・ブランド名の漢字表記の一例をまとめた かつては日本にも漢...

続きを読む...

初代オーナー愕然! むしろ「違う車名」で登場してほしかったほど「キャラ変」した復活車7台

この記事をまとめると ■1度去ったモデルも、何年か後に新しく復活することがある ■しかし、冠しているのは名前だけでまったく別物になってるケースが結構ある ■往年のファンからすれば、違う姿になったのであれば車名が違う方が嬉...

続きを読む...

今となってはレトロだが当時は「未来感」にシビれた! 1周回って斬新な「インパネ」の80年代国産車4選

近未来的なインパネに多くのクルマ好きが憧れた!  自動車の進化を図るには見た目の変化や動力性能の変化、先進安全装備の進化などさまざまな点が挙げられるが、時代によって大きく変化してきた一つとして挙げられるのがメーターを含む…

続きを読む...

名車揃いの「いすゞ」の乗用車にF1の名門「ロータス」が入魂! ハンドリング・バイ・ロータスとは?

ワンランク上のハンドリング性能をプラスした本格モデルだった  現在では残念ながら日本国内での乗用車の開発、生産を終了してしまったいすゞ自動車。しかし、乗用車事業撤退までにリリースされた車種には未だに多くのファンを魅了し続…

続きを読む...

「イスイス?」「エックスビー?」知らなきゃ読めない「英字車名」をもつ「国産車」12選

ほとんど当て字のような車名も!  クルマの車名は、FIT=フィットやMIRAI=ミライなど、誰もがわかりやすいものもあれば、「OPEN HOUSE」(オープンハウス)をオペン・ホーセと呼ぶTVCMがあるけれど、オペン・ホ...

続きを読む...

青春を取り戻せ! わずか100万円で手に入る昭和の人気スポーツモデル4選+α

アラフォー&アラフィフが熱狂したスポーツモデルに乗れる  クルマ好きの人が多い、アラフォー、アラフィフの人は昭和生まれなわけだが、昭和は軽く30年以上前のハナシ。今年30歳のテニスの錦織圭や体操の内村航平がオギャーと生ま...

続きを読む...

デイリーランキング