「マツダ AZ-1」の記事一覧

マツダ AZ-1に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

子どもハートに突き刺さったのは伝説の国産スーパーカー! 【いつか乗ってやる! 子どものころに憧れたクルマ〜山本晋也編〜】

この記事をまとめると ■自動車コラムニストの山本晋也氏が憧れたクルマを振り返る ■スーパーカーブームのころにはすでにクルマ好きではあったが欲しくはならなかった ■モーターショーで見て衝撃を受けたクルマを愛車として迎え入れ...

続きを読む...

軽をバカにするやつは実物見てみろ! やっぱ軽自動車は「ニッポンの宝だわ」って感じる「イケ車」5台

この記事をまとめると ■かつては存在していたカッコいい軽自動車を振り返る ■AZ-1、ビート、カプチーノのABCトリオは軽スポーツカーとして人気を博した ■ツールのようにガシガシ使えそうな実用車にもいま見てもカッコいいモ...

続きを読む...

天晴れニッポンのクルマ文化! 独断で「自動車世界遺産」日本代表を選んでみた

この記事をまとめると ■後世に語り継ぎたい自動車文化をライターの独断でピックアップ ■最近ではゲームが自動車文化の一翼を担う存在にまでなってきている ■電動化が進むにつれて貴重になるエンジン音も文化として残したい要素のひ...

続きを読む...

存在自体が激レア! 国産MRスポーツカーがドイツもコイツも名車揃いだった

この記事をまとめると ■エンジンを乗員後方に置いて後輪を駆動するのがリヤミッドシップ(MR)という駆動方式 ■かつて日本車にもMRレイアウトを採用したクルマが複数台あった ■居住空間は狭いが楽しさは別格だ トヨタから始ま...

続きを読む...

バブルの勢いで登場するも1代で消滅! 時代に翻弄された「インパクト大」のスポーツモデルたち

この記事をまとめると ■バブルの頃に登場して一代で終わってしまったクルマをプレイバック ■クルマとしては凄いモデルが多かったがセールス的に厳しかったのが最大の理由だ ■一代で終わってしまったが今でも熱狂的なファンに愛され...

続きを読む...

フェラーリ&ランボ乗りが認めた! 激安だけど「こりゃ本物のスーパーカーだ!」な国産車3台

この記事をまとめると ■スーパーカーに憧れる人クルマ好きは少なくない ■しかし価格を考えると言わずもがな、簡単に入れられるものではない ■そこで今回は激安でスーパーカーの魅力が味わえるクルマを紹介する ホンダS660は現...

続きを読む...

全部「ガルウイング」は間違い! 呼べば確実に「通ぶれる」跳ね上げドアの「正式名称」3つ

この記事をまとめると ■インパクトの大きさからスーパーカーやスポーツカーに採用される跳ね上げ式ドア ■ガルウイングと一緒くたにされる跳ね上げ式にはそれぞれ異なる呼び名がある ■ヒンジの位置によりガルウイング、シザードア、...

続きを読む...

ダイハツエンジンを積んだスズキ車! ヨーロッパ産エンジンのアメ車! じつは「ライバル」の心臓だったクルマたち

この記事をまとめると ■小規模なメーカーを中心に他社製量産ユニットを搭載するスポーツカーがけっこうある ■イギリスのレーシングカーやスペシャリストの間では他社製エンジンの採用は一般的 ■日本でも軽自動車やスポーツカー、レ...

続きを読む...

「マツダ」がメルセデス・ベンツもBMWもポルシェもホンダも動かした! ライバルを見ると「ロードスター」の偉大さに圧倒される

この記事をまとめると ■初代ロードスターが登場して以降、日本でも数多くのオープンカーが生まれた ■ロードスター以外の2シーターオープンはあまり成功していない ■世界中でロードスターを模倣したクルマが生まれた FRオープン...

続きを読む...

トラックの下をくぐれそうな「薄べったさ」! 地べたに座ってるような全高1200mm未満のクルマ4選

この記事をまとめると ◼︎全高が1200mm以下のクルマはどれもスパルタ志向 ◼︎全高の低いマシンは軽自動車に意外と多かった ◼︎低すぎて狭いと思いきや意外と車内は広かったりする 腰くらいの高さまでしかない! 唯一無二の...

続きを読む...

芸術か? イロモノか? 存在したのがウソみたいな「強烈個性」の絶版車4選

この記事をまとめると ■すべてのクルマは売れる見込みがあるから商品化されている ■だが個性的すぎて目論見が外れて一部のマニア以外にウケなかったクルマもある ■そのなかでも一代で消えてしまったモデル4台を紹介する 前席3人...

続きを読む...

伝説のABCトリオをいま買うならどれ? 維持や使い勝手の徹底比較3番勝負

3台それぞれに個性と魅力が詰まっている!  最近ではスーパーハイト軽ワゴンが人気の中心となっている軽自動車。そのなかにハスラーやタフトといったクロスオーバーSUVタイプも割って入り車種のバラエティーが増加していることはご...

続きを読む...

まさか「中古軽トラ」まで手が出せない! 新車を上まわる「価格高騰」の中古軽自動車3選

今後更なる価格上昇の可能性もある平成ABC!  軽自動車と言えば、限られたボディサイズと排気量のなかでさまざまなユーザーのニーズを満たそうと各メーカーが努力を重ねて生み出されたものであり、最近は装備が充実してコンパクトカ...

続きを読む...

いまの軽は「優等生」すぎ! かつて「危険」なほどの走りで若者を「陶酔」させたスポーティ軽自動車4台

かつては「危険」とまで称されるほどの軽自動車も存在した  最近の軽自動車は、乗用車並みの装備を備えたモデルも多く、もはや下手なコンパクトカーよりも装備の面でも価格の面でも上まわっている車種も少なくない。  一方でスポーテ.…

続きを読む...

クルマの魅力不足? 時代のせい? 意欲作なのに一代で消えた悲しき軽自動車5選

コンセプトは正しかったのに登場するのが早すぎたモデルも!  何世代にもわたりフルモデルチェンジを繰り返し、確固たる地位を築き上げるモデルがある一方で、後継を持たずに、一代で消えてしまったモデルもある。そもそも新しい車名を…

続きを読む...

デイリーランキング