「マツダ ユーノスコスモ」の記事一覧

マツダ ユーノスコスモに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ガソリンスタンドから表彰されそうなクルマも!? 独断と偏見で選ぶ走りが楽しい「国産旧車」5選+α【石橋 寛編】

この記事をまとめると ■今こそ乗っておきた国産名車をライターの独断でピックアップ ■当時驚かれた技術は今乗っても感動することもしばしばある ■現代ではコストなどの理由から作れないクルマも多くあるので中古で楽しむのもオスス...

続きを読む...

「昔はよかった」なんてオッサンみたいなことを言わざる得ない! バブルっぷりがハンパない国産車3台がやっぱり凄すぎて笑う

この記事をまとめると ■クルマに限っては「最新が最良」とは言い切れないモデルも多くある ■バブル期に作られた国産車は世界に誇れるほど優れた技術が詰め込まれていた ■中古でバブル期の高級車を手に入れるのもオススメだ 「最新...

続きを読む...

バブルの勢いで登場するも1代で消滅! 時代に翻弄された「インパクト大」のスポーツモデルたち

この記事をまとめると ■バブルの頃に登場して一代で終わってしまったクルマをプレイバック ■クルマとしては凄いモデルが多かったがセールス的に厳しかったのが最大の理由だ ■一代で終わってしまったが今でも熱狂的なファンに愛され...

続きを読む...

バブル時代は自動車メーカーもノリと勢いでイケイケだった! いまじゃ絶対登場しない「強烈な」国産車たち

この記事をまとめると ■バブル期は自動車業界もチャレンジ精神旺盛で、さまざまなクルマを販売した ■前例を見ないような高級車からスポーツカーまで誕生し、抽選販売までもあった ■今でも当時のクルマは根強いファンが多く、中古車...

続きを読む...

やっぱりいまのクルマは「個性がない」! 唯一無二感たっぷりの愛され国産車4台

この記事をまとめると ■今の時代じゃ生まれることのない尖ったクルマを紹介 ■尖りすぎた故に後継車種は出てこなかった ■攻めた内容ではあった、時代を作ったクルマとして今後も語り継がれるだろう チャレンジ精神が生んだとびっき...

続きを読む...

カタログの馬力はウソだろ! どう考えても数字以上にパワフルだった「280馬力」時代のクルマとは

この記事をまとめると ■280馬力規制はあったもののあの手この手でパワーを押さえ付けてた ■熾烈なパワー競争は後世に語り継がれる名車も生み出した ■280馬力規制があったが故に、チューニング業界も盛り上がった 建前上は「...

続きを読む...

よくぞ市販した! 「勢い」で出したとしか思えない日本車らしからぬ「ぶっ飛んだ」クルマ5選

売れるかどうかは一か八か! 勢いで売りに出した名車たち  クルマというものは、家の次に高価なものと言われるだけに、買う方としてはかなり慎重になるものだ。一方、自動車メーカーとしてもリスクが高く、何億、ときには何十億という…

続きを読む...

エンジン好きなら人生一度は乗ってほしい! 替えがきかない「絶版名機」4選と搭載車

もっともレアで伝説になりえるエンジンも存在!  自動車業界は100年に一度の大変革期ということで、完全に電動化に向かっています。環境性能とCO2排出量のバランスでいうとガソリンハイブリッドが現時点でのベストソリューション...

続きを読む...

RX-7&8だけじゃない! バスやトラックまであるマツダのロータリーエンジン搭載の「意外な」モデルたち

マツダのロータリーエンジン搭載車は全12車種  マツダは実質的にロータリーエンジンの実用化・量産化に成功した唯一の自動車メーカーだ。  1967年5月、世界で初めて、2ローター・ロータリーエンジン搭載車、コスモスポーツの...

続きを読む...

【デビュー時の大フィーバーはなんだった?】話題沸騰もアッという間に消滅した悲しき国産車4選

注目を浴びたが販売においては鳴かず飛ばず  近年はあまりないが、かつては「登場前や登場時には大きな注目を集めたけど、販売面では成功しなかったクルマ」というのがよくあった。何台かピックアップしてみよう。 1)トヨタiQ(2...

続きを読む...

デイリーランキング