「スズキ ツイン」の記事一覧

スズキ ツインに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

知らない人がみたら「現代の新型車」! 20年以上も経ってるのに「古さゼロ」どころか斬新ささえ感じる国産車5台

この記事をまとめると ■いま見ても古く感じない20年以上前のクルマをピックアップ ■コンセプトカーをほぼそのまま市場に投入してきたモデルもあった ■当時から「先進的」と評価されていたがセールス面では芳しくなかったモノも多...

続きを読む...

「車庫入れ困難」「Uターン不可」レベルの街乗りで勇気が必要なクルマも! 最小回転半径の「大きい」「小さい」モデルを調べてみた

この記事をまとめると ■最小半径の大きなクルマと小さなクルマを紹介 ■ボディサイズはじつはあまり関係なかったりする ■見た目によらず小まわりが利くクルマもあれば、カスタムにより悪化したクルマもある 気にせずに買うと大変な...

続きを読む...

「何あのクルマ?」の視線が突き刺さる! 「目立ちまくる」こと必至の2桁万円の「激レア」個性派クルマ4選

この記事をまとめると ■誰もが振り向くデザインのクルマをピックアップ ■目立つデザインながら二桁万円で手に入る魅力的なモデルを厳選 ■これから相場が上がる可能性もあるので今がチャンスだ 誰もが振り向く奇抜さながらお手頃に...

続きを読む...

クルマ好きでも知らないマイナーさ! 見かけたら幸運レベルの国産激レアハイブリッド車3選

この記事をまとめると ■2022年は初代プリウス誕生から25年目を迎える ■その過程で誕生した激レアなハイブリッドカーをピックアップ ■6速MTで操れるモデルも存在する ハイブリッドカーに激レアマシンは存在するのか?  ...

続きを読む...

輸入車なのに黄色ナンバー! 超スパルタンオープン! 軽自動車史に燦然と輝く珍車4選

アンダー軽自動車サイズのコミューターが登場した  いまや新車販売の4割は軽自動車という時代。ホンダN-BOXのようなスーパーハイトワゴンが人気の中心だ。かつては660ccという排気量制限では十分に走らないという声もあった...

続きを読む...

ホンキで売る気あったのか? 名車で迷車な「衝撃コンセプト」の国産車5台

コンセプトカーをそのまま市販化したようなモデルも存在!  自動車というのは大量生産、大量消費を前提とした製品だけに、広くユーザーに受け入れられるものでないと成り立たないと言える。スーパーカーが、目玉が飛び出るほど高いのは…

続きを読む...

当時は「ぶっ飛びすぎてて」ムリ! でもいま見ると「オシャレにしか見えない」奇抜コンセプトのクルマ5台

時代を先取りしすぎてしまったモデルも存在!  1970年代にマイカーブームがきて、80年代〜90年代初頭に自動車大国としてのピークを迎えてしまった日本。コストなんて気にせず、とにかくこだわったクルマ作りがされていたので、...

続きを読む...

100年の間には冒険したクルマも! 「名車」だらけのスズキが生んだ「迷車」6台

手の届く名車を数多く生み出してきたスズキ  スズキは今年3月で創立100周年を迎えた。スズキの目の付けどころやひらめきは素晴らしいものがあるだけにジムニー、初代アルト、初代エスクード、カプチーノ、ワゴンR、スイフトスポー...

続きを読む...

やりすぎか? 早すぎたのか? 斬新だがイロモノ感が出て売れなかった国産車7選

時代に受け入れられなかったが今なら売れそうなクルマも多数  新型車を企画して、売る。そしてヒットさせるというのは、非常に難しいことだ。すべてのクルマがヒットすべく登場してくるものの、現実は厳しくクルマづくりは水モノと呼ば…

続きを読む...

時代を先取りしすぎて鳴かず飛ばず! 今なら売れそうな国産車9選

新たな趣向を凝らしたデザインが多数存在していた  早すぎた天才や芸術家など、どんなジャンルにも時代や流行を先取りしすぎた存在というのはある。クルマでも同様で、時代やユーザーの意識&好みが付いてこなかった例について見てみる…

続きを読む...

デイリーランキング