「トヨタ/レクサス プログレ」の記事一覧

トヨタ/レクサス プログレに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

「このクルマ、イケてんな……」でも販売は不発! いつの日か「お宝」になるかも知れない「大穴中古車」5台

この記事をまとめると ■中古車市場で見つけたら大穴な「ハズシ」モデルをピックアップ ■攻めたキャラクターだった故に時代を先取りしすぎたとも言え不発に終わった傾向にある ■機能や使い勝手に不便はあまりない場合が多いので個性...

続きを読む...

名デザインは腐らない! レトロブームに乗って今こそリメイクしてほしい往年の国産名車5選

この記事をまとめると ■過去の名車を現代風にアレンジして復活させるのがトレンドになっている ■日本の名車でリバイバルを希望したいモデルをジャーナリストが厳選 ■1980年代〜90年代に流行ったクルマは、EV化で復活するの...

続きを読む...

名前を聞けば「そういえばあった気も……」レベル! ハッキリ言って不人気だけど「中身は一級品」の日陰のクルマ4台

この記事をまとめると ■優れたクルマが売れるとは限らない ■あえて少数のユーザーを狙いにいくケースもある ■売れ行きはイマイチだったが評価が高かったクルマをジャンル別に4台紹介 パッとしなかったが走りも装備も一級品だった...

続きを読む...

やっとオーラで成功! 長い間「泣かず飛ばず」だった国産プレミアムコンパクトの悲哀

この記事をまとめると ◼︎2021年のカーオブザイヤーを日産ノートシリーズが受賞 ◼︎日本にあったプレミアムコンパクトカーを振り返る ◼︎あまり日本では根付かなかった文化ではあるが、ノートオーラは大成功の兆しがある 日本...

続きを読む...

クルマが便利になったのは「アナタのお陰」かもしれません! いまじゃ「当たり前装備」にチャレンジした「ファーストペンギン車」6台

この記事をまとめると ◼︎今では当たり前な装備も昔は標準装備ではなかった ◼︎意外にもホンダが日本初や世界初装備を多く取り入れている ◼︎今でも「世界初装備」というのが生まれるくらいクルマの進化は凄まじい 今では当たり前...

続きを読む...

絶対王者の販売力でも苦戦! 意欲的なコンセプトも売れなかったトヨタのプレミアムカー3選 

この記事をまとめると ■トヨタは小型のプレミアムカーを数台ラインアップしていた ■セールスは芳しくなく2代目が出ることはなかった ■どれもこだわりのコンセプトを持っていたことは間違いない 絶好調のトヨタでも販売に苦戦した...

続きを読む...

「パッと見」似ても似つかないモデルも! 知られざる「隠れ兄弟車」3選

言われてみれば納得してしまう似通ったスタイルをもつ  兄弟車とは一般的に同じプラットフォームを共有して生まれた別名義の車種のことを指し、有名なところではトヨタ・マークII3兄弟(マークII、チェイサー、クレスタ)や、トヨ...

続きを読む...

「高級車は大きいもの」への反骨! 超難題の「小さな高級車」に挑んだクルマ3選

小さな高級車は多くのユーザーの支持を集めにくい 「高級車」という言葉に皆さんはどんなイメージをお持ちだろうか? 余裕の動力性能を発揮する大排気量エンジンであったり、本革をふんだんに使用した豪華な内装だったりと思い浮かべる…

続きを読む...

農道のポルシェに小さなセルシオ! いま復活すれば話題沸騰間違いなしの消えた名車4選

同様のコンセプトがないモデルや現代の概念に合ったモデルも!  毎年多くの新型車が登場する一方で、残念ながら生産を終了してしまうモデルもある。生産を終了する理由はさまざまだが、なかには惜しまれつつ姿を消していったモデルや時…

続きを読む...

中身はよくても伝わらない! 時代に恵まれず販売不振に陥った悲運のクルマ5選

コンセプトが理解しにくく人気が出なかったモデルも……  クルマというのは内容が良くても、コンセプトがわかりにくかった、時代に合っていなかったなど、運や巡り会わせで残念ながら売れなかったもののたくさんある。そんな悲運の名車...

続きを読む...

時代を先取りしすぎて鳴かず飛ばず! 今なら売れそうな国産車9選

新たな趣向を凝らしたデザインが多数存在していた  早すぎた天才や芸術家など、どんなジャンルにも時代や流行を先取りしすぎた存在というのはある。クルマでも同様で、時代やユーザーの意識&好みが付いてこなかった例について見てみる…

続きを読む...

まだまだスポーツモデルが元気だった! 平成10年の名&迷車7選

「ハチロクの再来か」と登場前から話題沸騰となったモデルが発売  5月1日に新たな元号、令和がスタートした。31年間続いた平成という時代は多くの大規模災害や長かった不景気などに見舞われ、激動の時世であったといえるだろう。 ...

続きを読む...

デイリーランキング