名デザインは腐らない! レトロブームに乗って今こそリメイクしてほしい往年の国産名車5選 (1/2ページ)

名デザインは腐らない! レトロブームに乗って今こそリメイクしてほしい往年の国産名車5選

この記事をまとめると

■過去の名車を現代風にアレンジして復活させるのがトレンドになっている

■日本の名車でリバイバルを希望したいモデルをジャーナリストが厳選

■1980年代〜90年代に流行ったクルマは、EV化で復活するのもひとつの手段だろう

ジャーナリストが望むリバイバルマシンとは

 昔の名車のリバイバルというと、多くの人が思い出すのはスープラやカウンタックなどのスポーツカー。復活劇そのものが趣味目線のアクションなので納得できるところだが、個人的にはフォルクスワーゲン・タイプ2改めID.Buzzやルノー5など、電動化を含めた実用車のリバイバルのほうに興味がある。

【関連記事】復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

D.Buzz画像はこちら

 なのでここでは、個人的に復活を希望したい日本車を、独断と偏見でいくつか提案していくことにしよう。

 まずはトヨタ・プログレ。2000年をまたぐ形で販売していた、ほぼ5ナンバーサイズの実直な3ボックスボディを持ちながら、3リッターのストレート6も積んでいた、後輪駆動の小さな高級車だ。これを次期クラウンセダンとして蘇らせてほしい。

プログレ全体画像はこちら

 クラウン低迷の理由は、大きくスポーティになりすぎたためだと思っている。輸入車の対抗はレクサスに任せ、クラウンは日本らしいデザインとサイズの高級車に戻ってほしい。そのほうが長年クラウンを愛し続けてきた人たちに支持されると思うし、最近の若い人たちにも角ばった形は人気があるのでウケるはずだ。

プログレ車内画像はこちら

 続いては日産の「たま電気自動車」。

 これは、第二次世界大戦直後に作られた国産EVのパイオニアだ。これを発売したてのサクラをベースに作ってはどうだろうか。

たま電気自動車画像はこちら

 日産にはスズキ・ラパンやダイハツ・ミラトコットのようなレトロタッチな軽自動車がないわけだし、EVとクラシックなフォルムの融合はまた新鮮に映るはずだ。

名前:
森口将之
肩書き:
グッドデザイン賞審査委員
現在の愛車:
1971シトロエンGS/2002ルノー・アヴァンタイム
趣味:
ネコ、モーターサイクル、ブリコラージュ、まちあるき
好きな有名人:
ビートたけし

画像ギャラリー


新着情報