「タグ: エアバッグ」の記事一覧

エアバッグに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

命を守る安全装備なのにナゼ? 後席の「エアバッグ」が普及しないワケ

確実に作動させるためには条件が厳しい  衝突安全機能として、エアバッグは70年代に米国で実用化が図られた。当初はモニター調査用やオプション装備としての扱いであった。背景にあったのは、シートベルトの着用が面倒であったり、快...

続きを読む...

どう使われている? 意外と知らないクルマの「リサイクル料金」の中身

クルマの処理方法によってはちゃんと活用されていない可能性も  クルマを購入するときに支払うのがリサイクル料金だ。リサイクル比率を上げるだけでなく、不法投棄を防止するために導入されたもので、大きなきっかけとなったのは197...

続きを読む...

スイッチだらけの最新車のハンドル! グルグル回すけど配線はどうなってる?

配線を傷つけてしまうと修理は大変……  20世紀のチューニングでは多くのクルマ好きが楽しんでいたハンドル交換も、最近では少数派となっている印象がある。たしかにステアリングホイールを交換してグリップ感の違いを味わうカスタマ...

続きを読む...

ホントに入ってる? かつては「ココにあり!」感の強かった「エアバッグ」が目立たなくなったワケ

小型化と併せて目立たないようにする工夫がなされている  エアバッグを世界初で装備したのは1981年に登場したメルセデス・ベンツのSクラス。日本車では1987年に登場したホンダのレジェンドで、一時話題になったタカタ製を搭載...

続きを読む...

トヨタの公約違反に喝! いまだ達成されない12年前に発表した「エアバック全車標準装備」

発表以降3車種を除いてすべてが新型になったが……  選挙が行われると、各政党の掲げる公約が、果たしてどれだけ実現されるのかと考えてしまう。  そこで思い出したのが、トヨタが2007年7月23日に配信したプレスリリース(報...

続きを読む...

何十年も同じ形状に見えるけど……シートベルト&エアバッグは進化しないのか?

疲労軽減や緊急時の安全性確保などシートベルトは進化している  シートベルトの歴史は古く、約100年前の1903年には最初のシートベルトが考案され、現在主流の3点式シートベルトも1959年にボルボが開発。ベルトの素材も、ポ...

続きを読む...

古いクルマでも作動する? エアバッグに消費期限はないのか

エアバッグメーカーは自動車本体の寿命より長いとの回答  いろいろなモノに期限が設定されていますね。加工食品には賞味期限というのがあって、想定された味覚を保持する日が表示されています。地球上にあるすべてのモノは、時間と共に…

続きを読む...

自動で歩行者を避ける! 歩行者を守る外側エアバッグ! 猛烈進化のクルマの最新安全装備事情

安全装備の進化は確実に交通事故の死者数を減少させている  2017年の交通事故による死者数は3694人と、史上最少となった。24時間以内死者数、30日以内死者数とも着実に減少、安全な交通に向かっていることが実感できる。と...

続きを読む...

スマホが凶器に! ダッシュボード上にモノを置く際は要注意

場所に注意しないとエアバッグの展開で乗員に向かって飛んでくる  ドレスアップの手段としてダッシュボード上に載せる布製のダッシュマットといったアイテムがある。また、最近ではカーナビの代わりにスマートフォンやタブレットを使う…

続きを読む...

【今さら聞けない】タカタ問題とは何だったのか?

世界で1億個のリコールとも言われるエアバッグ異常破裂問題  多くのメディアで報道されているように、エアバッグやシートベルトの大手サプライヤー「タカタ」が民事再生法の適用を申請、事実上、戦後最大級の倒産劇となった。  日本...

続きを読む...

【大規模化が顕著】自動車のリコールは悪なのか?

同一の製法やパーツを広い範囲で使用するから大規模になる  クルマの不具合に関する「リコール」という言葉はご存じだろう。国土交通省・自動車局に審査・リコール課が置かれているくらい公的な用語であり、その定義も明確に決められて…

続きを読む...

デイリーランキング