「タグ: カローラ」の記事一覧

カローラに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

申し訳ないけど思い出せません! 偉大なカローラの名を冠しているのに「忘却の彼方」に追いやられた派生車3選

この記事をまとめると ■歴代カローラのなかから影に埋もれがちなカローラを紹介 ■トヨタよりカローラのほうが知名度が高い国もある ■意外と走りがアツいホットなモデルもある トヨタは知らなくてもカローラは知ってる人がいる程の...

続きを読む...

【試乗】カローラの名は伊達じゃない! 使いやすくて買いやすい「カローラクロス」の安心感たっぷりなデキ

この記事をまとめると ■トヨタ・カローラクロスのハイブリッドモデルとガソリンモデルに試乗した ■どっしりと落ち着いた乗り味のハイブリッドモデルと軽快な身のこなしのガソリンモデル ■カローラクロスには買いやすく使いやすいと...

続きを読む...

新型登場から2年経ってもまだ「旧型」も売り続けるカローラ! 狙いと需要はドコにあるのか?

この記事をまとめると ■カローラは先代モデルとなるアクシオとフィールダーがいまも併売されている ■新旧併売は新型だけでは販売に苦戦しそうなときに実施されている ■先代となるアクシオはウエブサイトではビジネスカーとしてカテ...

続きを読む...

日本専用エクステリアを手に入れて上質&タフに変身! 価格は199.9万円〜のカローラクロスがついに日本発売!

この記事をまとめると ■カローラにシリーズ初となるSUVが登場 ■パワートレインはガソリンとハイブリッドを用意 ■価格は199万9000〜319万9000円 日本の国民車が日本の国民的SUVになった  1966年に誕生し...

続きを読む...

安全機能や快適装備をより充実させた新しいカローラが登場!

自動車界のスタンダードがさらにパワーアップ  トヨタの看板車種であり、クルマ界のスタンダードであり続けるカローラの各モデルに、一部改良が実施された。  ワゴンタイプのツーリングとセダンタイプのカローラには以下の改良が行わ.…

続きを読む...

クラウンにレジェンドと存続に暗雲垂れ込めるセダン! かつてなぜ人気を得てどうして凋落したのか

ネガティブな内容で最近何かと話題になるセダン  少し前にはクラウンが現行モデルを最後にしてセダンスタイルをやめてSUVになるのではないかなどの情報が飛び交い、そして最近では日産スカイラインが絶版になると、某新聞が伝えると...

続きを読む...

兄弟・親戚多すぎ! クルマ好きでも全部思い出せない華麗なる「カローラ一族」の派生車たち

市場の要望に細かく合わせていた  車名別では世界一の販売台数を誇るのが、トヨタのカローラだ。最近は少々元気がないが、以前であればファミリーカーといえばカローラだったし、派生車種がドンドンと登場して、走り好きの心もがっちり…

続きを読む...

ヤリスには「壮大な」計画が隠れている! クロスやGRなど別モノ車が全部「ヤリス」を名乗るワケ

ヤリス&ヤリスクロスは開発チームが同じ  2020年、登録車の新車販売トップとなったのは15万1766台のトヨタ・ヤリス。年間販売では王者ホンダN-BOXに届かなかったものの、月間でいえばN-BOXを超えることも珍しくな...

続きを読む...

「ハチロク」に繋がる影の名車「ナナイチ」! アラフィフが熱狂したTE71型レビン&トレノとは

角目二灯の3ドアハッチバッククーペとして人気が高かった  かつてシビックとともに“テンロク”(1.6リッター)クラスでしのぎを削った、トヨタのレビン・トレノ。  初代のTE27から7代目のAE111まで、カローラベースの...

続きを読む...

ハイブリッドなしでも「上半期販売首位」のライズ! 同門の伏兵に負けた「トップを狙う」カローラの秘策とは?

ライズは5ナンバーサイズSUVというパッケージが大ヒットに  自販連(日本自動車販売協会連合会)統計によると、2020暦年締め上半期(2020年1月~6月)の通称名別(車名別)登録車ランキングトップは、5万8492台を販...

続きを読む...

あえて「非の打ち所」を探してみた! すごく評価の高い「最新国産車4台」の残念なところ

トヨタ車の残念なポイントはアグレッシブさや強さの象徴でもある  登場の新しいクルマというのは技術の進歩もあり、大きな欠点があることは滅多にない。しかし世の中に完全なものはないというのはクルマも同じだ。今回はここ1年ほどで.…

続きを読む...

トヨタ・カローラスポーツに特別仕様車「Style Package」を設定 一部改良で新色も追加

一部改良で新色追加と快適性の向上も実施  トヨタ自動車は、人気のハッチバック「カローラスポーツ」に、GおよびHYBRID Gをベースに装備充実と精悍さをアップさせた特別仕様車「Style Package」を設定し発売した...

続きを読む...

日産やホンダが「クラウン」や「カローラ」を生み出せないワケ

カローラとクラウンは販売力と商品力が段違い  2019年度の登録車販売台数においてトヨタ・カローラが13年ぶりにトップとなったことがクルマ好きの間で話題となっている。オーナーの高齢化が進み、ある種のオワコンと思われていた...

続きを読む...

カローラの進化が止まらない! 販売台数トップを守るべく登場する特別仕様車と新オプションの情報を入手

その名もG-Xプラス  自販連(日本自動車販売協会連合会)の統計によると、2020年3月の登録車の販売ランキングでカローラがトップとなった。そして、2019事業年度(2019年4月から2020年3月)締めでの年間販売台数...

続きを読む...

デイリーランキング