「タグ: カーボンニュートラル」の記事一覧

カーボンニュートラルに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

エンジンが消える「Xデー」はいつ? 100%カーボンニュートラルの時期を自動車メーカーごとに探った

この記事をまとめると ■世界の自動車メーカーは2050年のカーボンニュートラル実現に向けた戦略を発表している ■グローバルなメーカーは2030年で100%をEVにするというのは非現実的と考えている ■それでも2050年時...

続きを読む...

いま新車販売の10台に1台がEV! 一気に進む電動化への流れは「2015年」に鍵があった

この記事をまとめると ■クルマの電動化を先導する欧州では120万台超のBEVが販売されている ■もっとも売れているBEVはテスラ・モデル3でBEVのシェアではVWが25%を占める ■クルマの電動化を加速させるターニングポ...

続きを読む...

欧州主導の「急激なクルマの電動化」にほころび! エンジンがまだまだ重要になる可能性が見えた

この記事をまとめると ■欧州委員会は事実上、原子力やLNGによる発電を認める方針を発表 ■EU加盟国内は大騒ぎとなり、強く反対する加盟国が出てきている ■今後PHEVやHEVも継続販売できる可能性が高まったと考えられる ...

続きを読む...

補助金を投入してもガソリン価格は高止まり! 生活を守るにはEVへの乗り替えが必須か

この記事をまとめると ■コロナ禍によって石油製品の安定的需要が見込めなくなり産油国は石油の増産に慎重だ ■産油国は供給を抑えることで原油価格を高止まりさせて収益を維持している ■ハイブリッド車やEVへの乗り換えが自らの暮...

続きを読む...

まるでベンチャー企業のようなフットワーク! トヨタ圧巻のEV拡大戦略がもつ重要な意味

この記事をまとめると ■昨年末、「EVも全力でやっている」とトヨタが突然発表した ■最近のトヨタはフットワークが非常に軽い印象がある ■トヨタが昨年発表したBEV戦略の真意を深堀りする 「2030年までに350万台EVを...

続きを読む...

水素ばかりが注目されるがバイオマスもある! カーボンニュートラル社会の「燃料」はドッチが有望?

この記事をまとめると ■日本でもカーボンニュートラル燃料の活用に関するメーカーの動きが活発になってきた ■カーボンニュートラル燃料には水素とバイオマス燃料がある ■どちらがエコで有望なのかは社会事情によって異なるために一...

続きを読む...

海外にはバカっ速EVが存在しているのにナゼ? 日本では本格EVスポーツが誕生しないワケ

この記事をまとめると ■日本ではハイパフォーマンスEVを販売しているメーカーはない ■EVのシステム自体はスポーツカー向きであり、日本でも作ること自体は可能だろう ■利益や環境への配慮を考えると日本の自動車メーカーでは扱...

続きを読む...

まだまだガソリンもイケるぜ! マツダがスーパー耐久に大注目な次世代バイオディーゼル燃料を投入

この記事をまとめると ◼︎マツダがバイオマス燃料でスーパー耐久に参戦 ◼︎走るクラスは水素エンジンを搭載するカローラスポーツと同じクラス ◼︎来年も参戦予定とのことだ 水素のトヨタの一方でマツダはバイオマス燃料で勝負  ...

続きを読む...

「これが自動車工場?」圧倒されるハイテクの館! 日産「インテリジェントファクトリー」が凄かった

この記事をまとめると ■カーボンニュートラル実現に向けた最先端の自動車工場を日産が公開した ■ITやAIなども積極的に利用した最新技術が豊富な生産ラインを構築 ■世界初となる技術も工場内や生産ラインに多く取り入れられてい...

続きを読む...

カーボンニュートラルが叫ばれるが……クルマは本当にそこまでCO2排出量を抑えなければならないのか?

この記事をまとめると ■日本における2019年度のCO2総排出量は11億8000万トン、うち運輸部門が18.6% ■運輸部門の内訳を見ると、86.1%を自動車が占める ■よってCO2削減で自家用乗用車の果たす役割は重要だ...

続きを読む...

トヨタだからこそできる強みを生かす! カーボンニュートラルを目指した電池作りと今後のビジョンを発表

この記事をまとめると ◼︎試算ではHEV3台のCO2削減効果は、BEV1台とほぼ同等 ◼︎BEV26万台分の電池で550万台分のCO2削減を進めてきた計算になる ◼︎新型の電動車「bZ4X」を2022年中に投入する予定だ...

続きを読む...

トヨタとホンダは欧州で勝負しない? 日本の3大メーカーの将来像をいまある情報から予測!

この記事をまとめると ■トヨタは2030年のゼロエミッション車の販売は全体の23%としている ■日産は2030年代前半に日本、中国、米国、欧州に投入する新型車をすべて電動車両とする ■ホンダは2040年までに全車をEV&...

続きを読む...

EVだけが答えじゃない! 「LCA」で考える本当の「カーボンニュートラル」の実現

「カーボンニュートラル」「ZEV」「LCA」の意味は?  カーボンニュートラル、ZEV、LCA……。最近、クルマに関するニュースのなかで、よく見かける言葉だが、それぞれがどういう意味でどう関連しているのが、実はよく分かっ...

続きを読む...

ただのパフォーマンスではない! いまクルマの電動化が推し進められる本当の理由とは

平均気温の上昇を抑えるためにはカーボンニュートラルが欠かせない  欧州諸国では続々と電動化へのシフトが発表されて、各自動車メーカーも追従。アメリカも同様で、日本も菅総理が急に言い出して驚いた人も多いのではないだろうか。 .…

続きを読む...

自動車業界で盛んに語られる「カーボンニュートラル」とはそもそも何? なぜいまEV化が必要なのか

この記事をまとめると ■いま世界的に「カーボンニュートラル」への取り組みが進んでいる ■目的はCO2排出量の差し引きをゼロにして地球温暖化を抑えること ■そのために自動車業界ではEV化が促進されている ゼロは無理でもニュ...

続きを読む...

デイリーランキング