「タグ: カーボンニュートラル」の記事一覧

カーボンニュートラルに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

エンジン車に乗りたい派の素朴な疑問! クルマの排ガスに含まれるCO2を「出さず」に「貯める」ことはできない?

NOx吸蔵触媒はリーンバーンエンジンで実現している  かつて自動車の排ガスは垂れ流し状態だった。それが大気汚染の対策として基準がどんどん厳しくなるなかで、排ガス処理技術は進化してきた。  現在、ガソリンエンジン車に使われ...

続きを読む...

水素ステーションの数だけが問題じゃない! 燃料電池車の普及に立ちはだかるハードルとは

水素充填の時間はEVの充電時間よりも短いのがメリットのひとつ  世界はクルマの電動化に向かっている。日本でも、実質的なCO2排出量をゼロにするカーボンニュートラルを2050年までに実現するという目標を政府として掲げている...

続きを読む...

自家用車の「90%」が動いていないという衝撃! 脱炭素社会はEVへの置き換えより「世の中の仕組み」変更が最優先だった

所有から共有への転換や原子力発電への依存も必要になる?  菅義偉総理大臣が表明した、2050年までに脱炭素社会を実現することが容易ではないのは事実だ。日本自動車工業会の豊田章男会長が、すべてを電気自動車(EV)にすると、...

続きを読む...

よく見れば想像よりも「電動化車両」が普及していない日本! 伸びない理由はドコにある?

日本における電動化の進捗度は現状緩やかになっている  言わずもがな、現在の自動車業界は電動化のビッグウェーブが来ている。早ければ2030年までにエンジン車の販売を禁止するという声は内外から聞こえてくるし、ノルウェーでは2...

続きを読む...

ハイブリッドがあるからいい? 日本メーカーが「EV」に対して「消極的」に見えるワケ

電動化が流行なのに日本市場にEVが少ない  ついに日本でも表面化した、クルマの電動化の義務化。  一部メディアでは、「電動化=EV(電気自動車)」という解釈をされてもおかしくないような報道があり、自動車業界がざわついた。...

続きを読む...

日本を支える「軽自動車」が危機! 純ガソリン車の販売禁止がもたらす「想像以上」のダメージ

軽自動車の電動化モデルはまだまだ少ない  HEV(ハイブリッド)ではラインアップも多い日本車だが、これがPHEV(プラグインハイブリッド)やBEV(純電気自動車)となると、市販車レベルでは欧米メーカーに比べて完全な出遅れ...

続きを読む...

日本自動車工業会・豊田章男会長から自動車業界550万人への応援メッセージ! そこに秘められた思いとは?

自動車産業が1増加すれば全産業が2.5倍になるほどの価値がある  2021年1月7日、「日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージ」と題した13分ほどのムービーが日本自動車工業会(自工会・JAMA)のYo...

続きを読む...

世界的な電動車の促進には「きな臭い」裏事情が見え隠れ! 日本メーカーの「高効率エンジン」が標的になる可能性も

海外では自動車製造反対といった過激なデモも行われている  菅首相が2050年までに脱炭素社会の実現を表明し、その流れで2030年代前半までにガソリン車の販売禁止を日本政府が進めようとしている。すでにヨーロッパを中心に、日...

続きを読む...

「純ガソリンエンジン車禁止宣言」で「ガソスタ」激減の可能性! ハイブリッド車すら所有は困難に

純ガソリンエンジン車オーナーは維持が難しくなる!?  日本政府として2050年のカーボンニュートラルを目指すという方針を打ち出している現政権ですが、それを先取りするかのように東京都の小池百合子知事が、2030年に東京にお...

続きを読む...

カーボンニュートラルの影に潜む問題! CO2排出量の「売買」も可能な「クレジット制度」って何?

2030年代にはガソリン車の販売が禁止される予定だ  2020年の年末、いきなり大きな話題となった「203x年ガソリン車禁止」の報道。  菅政権が掲げる、「2050年・実質的なカーボンニュートラル」という基本政策のなかで...

続きを読む...

ホンダF1撤退の理由! 「カーボンニュートラル」とはそもそも何?

すでに燃料電池車やバッテリーの開発を進めている!  1964年に参戦を開始し、1965年に初優勝を獲得したほか、1983年にスタートした第2期プログラムではコンスタラクターズ部門で5連覇を達成。同時にネルソン・ピケ、アイ...

続きを読む...

デイリーランキング