「タグ: ガソリン」の記事一覧 - 2ページ目

ガソリンに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ガソリン使用量は減る一方! 「生き残り」をかけた石油元売りやガソリンスタンドの「策」とは

提携などによって逆風を乗り切っている  実現できるかどうかは別にして、世界が一気に電動車へ舵を切った感じの昨今。純粋なバッテリーEVはまだ少ないにしても、ハイブリッドがこれだけ普及すると、ガソリンの使用量も減るばかりだ。...

続きを読む...

給油口に貼られる「無鉛」のステッカー! ガソリンスタンドで見かけないけど「有鉛」は存在するのか?

オクタン価を上げるための添加剤のような存在だった  最近はテレビで、ハイオクのCMを見かけないが、その昔は、衝撃だった日石ダッシュレーサー100など、よく放映されていた。その際に耳にしたのが無鉛ハイオクという言葉で、覚え...

続きを読む...

「セルフ」のガソリンスタンドは本当に安い? 「フルサービス」との価格差を調べてみた

ガソリン価格は17週連続で値上がりしている  このところガソリンの価格が高い! 経済産業省が24日発表した22日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、149円70銭で、17週連続で値上がりし続けて...

続きを読む...

産油国に頼りっきり? 日本産の「ガソリン」はあり得ないのか

本当にわずかながら原油を産出している  よく言われるように、日本は石油を輸入に頼っている国だ。そのため、ライフラインとしてのタンカーの運行は非常に重要とされている。つまり輸入がなくなれば大問題で、備蓄すらも枯渇した戦争中…

続きを読む...

不便を愛せてこそガイシャ乗り! 初めて乗ると「驚く」輸入車事情3つ

国産車に慣れていると間違えがちなポイントもある  日常的に使うのであれば圧倒的に使い勝手に優れる国産車。小物入れの多さやシートアレンジの豊富さ、そしてコストパフォーマンスも国産車は非常に高いレベルにあるといえるだろう。 .…

続きを読む...

ガソリン価格はなぜコロコロ変わる? お得に入れるタイミングとは

原油価格の変動によって大きく左右される  一週間もしないうちに、コロコロ変わるガソリンの店頭価格。なぜガソリンの店頭価格は、これほど頻繁に変動するのか。  それはガソリンの原価率が高く、その仕入れ値がちょくちょく変わるた.…

続きを読む...

かつてさかんに言われた「石油の枯渇」が最近聞かれなくなったワケ

この記事をまとめると ■以前は世界的に石油が枯渇危機が叫ばれていたが最近は聞かれない ■ひとつは探査技術が進歩して埋蔵した石油が新たに見つけられているため ■また採掘技術の進化によって採掘可能な石油量も増加している 実際...

続きを読む...

クルマの給油口やカタログに書かれている「無鉛ガソリン」の「無鉛」って何?

この記事をまとめると ■1970年代まではアルキル鉛を微量添加した有鉛ガソリンが一般的に売られていた ■日本では1975年にレギュラーガソリンが無鉛化されハイオクも1987年に無鉛化 ■1972年3月までに生産された国産...

続きを読む...

家計にメリットがないハイブリッド車! 噂されるEV優遇の「補助金」が電動化車両の普及に有効じゃないワケ

ハイブリッドの価格差をガソリン代で元を取るのは難しい  11月24日に新型日産ノートが発表された。今回発表された2代目はe-POWERユニット搭載車のみのラインアップということが注目されている。しかし、メーカーを問わずハ...

続きを読む...

何百万もの「買い物」なのになぜ「数千円」のサービスがない? 新車の納車時に「ガソリン残量」がわずかな理由

全車満タンにしていたら膨大な経費となってしまう……  新車納車時に、セールスマンに「ガソリンは少ししか入っていないので、すぐ給油してくださいね」といわれた経験のあるひとも多いはず。排気量の大小などで多少調整しているようだ...

続きを読む...

よりSAVらしさを際立たせた新型ミニ・クロスオーバーが登場 430万円から

よりスタイリッシュな内外装に生まれ変わった  ビー・エム・ダブリューは、コンパクトなボディながらアクティブな走りを楽しめるSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)の新型ミニ・クロスオーバーを発売した。メーカー希望小売...

続きを読む...

日本市場でBセグSUVの電気自動車は初! 新型プジョー SUV 2008が登場

新世代のCMPプラットフォームで力強いシルエットを実現  グループPSAジャパンは、新世代のBセグメントSUV「SUV 2008」と、100%電気自動車となる「SUV e-2008」を発売した。メーカー希望小売価格(税込...

続きを読む...

内閣府や国交省も賛同する「災害」対策! 「満タン&灯油プラス1缶運動」って何?

ガソリンはタンクの半分ぐらいになったら満タンにすることを推奨  東日本大震災発生時に痛切に感じたのが、ライフラインというのは非常にもろいということ。クルマに関しては、ガソリンスタンドが売り切れ続出で、入手できても量に制限…

続きを読む...

最先端技術も搭載したコンパクトSUV「トヨタ・ヤリス クロス」発売! 179万8000円から

トヨタ初の技術も搭載した最先端SUV!  トヨタ自動車は、新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」を発売した。ヤリスシリーズらしい、軽快な走りとや先進の安全・安心技術、低燃費などのコンセプトは受け継ぎ、SUVらしいたくまし...

続きを読む...

「ガラケー」が消えたように「エンジン」も消滅必至? メーカーの思惑に関係なく「電気自動車」のみになる可能性

非電動化エンジンは有害物質の排出量が課題に……  ガソリンかディーゼルか、自然吸気か過給か、あるいはハイブリッドか……クルマの動力として消えゆく運命にあるのは何か? 占いでもなく、人気でもなく、それぞれの動力の機械的持ち...

続きを読む...

デイリーランキング