「タグ: スカイライン」の記事一覧

スカイラインに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

京商SAMURAI最新作「日産スカイライン2000ターボRS」が700台限定で発売!

赤×黒の2トーンカラーが印象的なR30をモデル化  精工なモデルカーを多数ラインアップするホビーメーカーの京商。人気ある国産車を細部にまでこだわってモデル化する、同社の人気シリーズである「SAMURAI」の最新作として、...

続きを読む...

スカイラインとレヴォーグの「手放し運転」は本当に使える? 実際に公道で試してみた

どちらも高速道路での使用が前提となる  今、夢の自動運転に向けた第一歩として、国産車のごく一部に「手放し」運転が可能なクルマが登場している。そう、2019年に日産スカイラインのハイブリッドモデル用として「プロパイロット2...

続きを読む...

ニスモからブースト圧も変更したスカイライン400R専用「スポーツリセッティング・タイプ2」が発売

より力強い走りのためにブースト圧などチューニング!  日産車の性能を引き出すチューニングアイテムなど手掛けるニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、走りを磨き上げたスポーツセダン「スカイライン」の上級…

続きを読む...

32GT-Rのエンブレムをデザイン! キャライフにてスカイラインGT-Rマスクが発売中

GT-Rエンブレムがワンポイントで施されたファン必携アイテム  往年の名車などをモチーフにしたアイテムを多数取り揃える、ワキプリントピアが運営するECサイト・キャライフ。新製品として、スカイラインGT-R(BNR32)マ...

続きを読む...

かつて高性能車の証だったグレード名「GT」! 最近激減している理由とは

スポーツモデルの代名詞といえるグレード名だった  かつてトヨタが「名ばかりのGT達は、道を開ける」というキャッチコピーを掲げたことがあった。それは1979年にスポーツクーペである「セリカ」がDOHCエンジンを搭載した際に...

続きを読む...

人気シリーズ最新作は西部警察マシンRS-1! 全100号のファン垂涎マガジンが2月3日に創刊

ギミック満載! 早く完成させたくなるほどの完成度  精巧な付録と徹底解説するマガジンの組み合わせで、ファンを魅了するアシェット・コレクションズ・ジャパン。同社の最新作として、今もなお数多くのファンに愛される刑事ドラマ「西…

続きを読む...

京商SAMURAI最新作はハコスカ!「日産スカイライン2000GT-R」が限定発売

実車でもレアな4ドアを忠実に再現!  魅力的なモデルカーを数多くラインアップする京商。同社の人気シリーズ「SAMURAI」最新作として登場するのは、日本の名車「日産スカイライン2000GT-R」。それも、伝説の始まりであ...

続きを読む...

「クラウン」消滅の噂で「スカイライン」しかいない! 日本の上級セダン市場を支えられるのか?

スカイラインはまだまだ進化し支持される可能性がある!  自動車産業界を駆け巡っている「次期クラウン、セダンからSUVへ」という“噂”。そのため「セダンの今後」を危ぶむ声が各ブランドの販売店やユーザーの間でちらほら聞こえる...

続きを読む...

第2世代GT-Rオーナーに朗報! ニスモが本格レストア事業をスタート

新車のスカイラインGT-Rが手に入るといってもいい充実度  ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(以下、ニスモ)は、第2世代と呼ばれる日産スカイラインGT-R(BNR32/BCNR33/BNR34)のレストアビ...

続きを読む...

日産スカイラインに受け継がれる魅力とは

60年以上の歴史を誇る日産を代表するモデルの13代目  日産の長い歴史のなかで、欠かすことのできないモデルがスカイラインだ。歴代最新技術や速さを与えられ、進化を遂げてきた。今回は、2014年にフルモデルチェンジされた現行...

続きを読む...

専用エンジンの実力を解き放つ! スカイライン400R用ニスモ・スポーツリセッティング発売

専用エンジンの秘めた性能を解き放つ!  ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、専用エンジンを搭載したスカイラインのスポーティグレード「400R」向けスポーツリセッティングTYPE-1を発売した。メー...

続きを読む...

日産スカイラインが仕様変更! ボディカラーとインテリアカラーに新色を追加

スポーティさをより際立たせたカラーを追加設定  日産自動車は、同社を代表するスポーツセダン「スカイライン」を一部仕様変更した。今回の変更は内外装の色にまつわる改良となっている。  現行モデルのスカイラインは、高速道路にお.…

続きを読む...

一番売れたのは「70年代」の「4代目」で13代目まで記録更新できず! それでもスカイラインが続くワケ

大衆受けするクルマを作れと言われて誕生した4代目が大ヒット  かつて、多くの自動車好きは「クルマの基本はセダンだ」と主張していたが、現実的にはセダンというカテゴリーは衰退の一途をたどっている。  自販連が発表している20...

続きを読む...

デアゴスティーニの最新作はケンメリGT-R! 週刊SKYLINE 2000GT-R【KPGC110】発売決定

ヘッドライトも点灯する本格派!  毎号付属するアイテムを組み立てることで、精巧なスケールモデルが完成することで人気のデアゴスティーニ・ジャパンのアイテムラインアップに、新たにケンメリGT-Rが完成する「週刊SKYLINE...

続きを読む...

400馬力の「400R」に日産ファン乱舞! スカイラインに「やっと」熱い走りが蘇ったワケ

スカイラインに久々復活となった俊足グレード!  国産メーカーのなかでも、意外にもセダンのラインアップが豊富な日産。執筆時点での国内販売車種を見ても、シルフィ、スカイライン、フーガ、シーマと4車種が存在し、つい先日まではテ.…

続きを読む...

1 / 712345...»

デイリーランキング