「タグ: スタッドレスタイヤ」の記事一覧

スタッドレスタイヤに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

まだ溝のある数年落ちのスタッドレス! どうせ来年買い替えるといっても「溝が減るまで」夏の履き潰しは危険だった

この記事をまとめると ■そろそろ降雪地域の人も夏タイヤに履き替える季節だ ■どうせ来年買い替えるからと溝が減るまで履きっぱなしにするのは危険 ■夏場の履きつぶしは安全面でも経済面でもデメリットが多い スタッドレスは温度が...

続きを読む...

冬しか履かないから「安けりゃなんでもいい」は間違い! スタッドレス用ホイールは「塗装」にこだわるのが正解だった

この記事をまとめると ■冬タイヤ用ホイールには錆びやすいスチールホイールは向いていない ■かつては冬タイヤ用ホイールは平凡なデザインが多かったが現在はカラーもデザインも多彩 ■冬タイヤ用ホイールの選び方のキモは塗装膜の厚...

続きを読む...

せっかくの高いタイヤだから長持ちさせたい! スタッドレスの「寿命を縮める」要因

この記事をまとめると ■タイヤの磨耗のスピードは使用条件によって変わる ■スタッドレスタイヤにも同じことが言える ■降雪地帯・非降雪地帯、乗る頻度などでどれぐらい変わるのか解説する 乾燥路を走ることが多いとスタッドレスの...

続きを読む...

溝があっても使えない場合も! スタッドレスタイヤの「まだイケる」と「ダメ」なラインの見分け方

この記事をまとめると ■そろそろスタッドレスタイヤに履き替える時期 ■手持ちのタイヤが使えるのか、交換時期なのかは、安全のためにも正確に見極めるべきだ ■この記事では3つの判断基準について解説する 摩耗、鮮度、ゴムの劣化...

続きを読む...

夏タイヤ・冬タイヤ・オールシーズンタイヤってそもそも何? 「走れる」だけじゃ危ないタイヤの選び方

この記事をまとめると ■そろそろスタッドレスなどへのタイヤ交換を考える季節だ ■タイヤは大きくサマー、スタッドレス、オールシーズンの3つに分けられる ■この記事ではそれぞれの特徴を解説する サマータイヤは7℃以上あればド...

続きを読む...

TOYO TIRESのスタッドレスタイヤで冬のドライブを安全に冬を楽しもう! アクティビティグッズが当たるキャンペーン開催

この記事をまとめると ■TOYO TIRESのスタッドレスタイヤを購入した人を対象にしたキャンペーン ■宿泊券や冬のアクティビティを楽しむためのグッズが80名に当たる ■キャンペーンは2021年12月19日まで。特設HP...

続きを読む...

日本の物流を支えるビジネスバンが雪で運行不能にならないように! TOYO TIREのスタッドレスタイヤ「DELVEX 935」発売

ビジネスバンと小型トラックの冬道での安定した走行をサポート  TOYO TIREは、ビジネスバン・小型トラック用スタッドレスタイヤ「DELVEX 935」を新商品として8月1日より発売する。  日本の物流の末端を担うビジ...

続きを読む...

圧雪&凍結路面で最強のグリップ! スタッドレスより安全なのに「スパイクタイヤ」が消えたワケ

スタッドレスタイヤはスパイクタイヤの代替え品として登場した  50歳代以上の雪国の方なら覚えていると思われるのがスパイクタイヤだ。現在はまったくと言っていいほど見かけないが、その名の通り、スノータイヤの表面に金属のピンを...

続きを読む...

事故のリスク増大! 冬が終わってもスタッドレスを履き続けてはいけないワケ

ウェットではとくに運動性能の差が広がる  3月になり、そろそろ桜の開花が気になる頃。冬の間履いていたスタッドレスタイヤもそろそろ夏タイヤへの履き替えの季節。  気象庁のホームページから、「過去の気象データ検索」→「都府県...

続きを読む...

いまどき冬タイヤはスタッドレスだけじゃない! オールシーズンを選んでいい人ダメな人

氷雪路走行の絶対性能で優れるのはスタッドレスタイヤだが……  今冬は、各地で想定外の大雪に見舞われ、道路交通にも大きな支障が生じていた。基本的なことだが、冬特有の積雪路、氷雪路、氷路を走るためには、こうした路面状況に適応...

続きを読む...

ある意味「夏タイヤ」より寿命は短い! 残溝以外にもある「スタッドレス」の交換タイミングとは

溝が2分の1になったら雪道走行はNG!  降雪地域のドライバーは、とっくに愛車の足もとをスタッドレスタイヤに交換済みだと思う。一方で、あまり雪の積もらない地域のドライバーは、雪が積もるという天気予報を見て、慌ててチェーン...

続きを読む...

安全が犠牲にされる運用も散見! 大型商用車の「スタッドレス問題」が根深い

スタッドレスタイヤでも夏での使用を考えて作られたものもある  ホワイトアウトによる大渋滞や衝突事故で触れられていたのが、先頭がトラックで、スタッドレスを履いていなかったのではないかということ。大型トラックやバスはかなりの…

続きを読む...

夏タイヤにはあるのにナゼ? スタッドレスタイヤに統一評価の「ラベリング」表示がないワケ

夏タイヤとスタッドレスタイヤとでは使用環境や使用目的が違う  タイヤの転がり抵抗性能を5段階、ウェットグリップ性能を4段階に評価するラベリング制度。タイヤの購入時に大事な目安として注目しているひとも多いだろうが、スタッド...

続きを読む...

お買い得な「型落ち」のスタッドレスタイヤという選択はアリか?

3年間は新品時と同等の性能を保つとされている!  今年は雪の降り始めが早く、初雪の便りを聞いて、 慌ててスタッドレスタイヤを買いに行った人もいただろう。  スタッドレスタイヤは毎年のように新製品が登場するので、去年の製品...

続きを読む...

「首都圏」名物じゃない! 「初雪」での交通パニックは「雪国」でも同じだった

雪が降り始めるシーズンがとくに危険!  暦の上では立冬も過ぎ、本格的な冬のシーズンが近づいている。  冬になると、毎年都市部に雪が降ったとき、交通機関が麻痺して、道路は渋滞。あちこちで事故が発生し、歩行者も転んで怪我をし.…

続きを読む...

デイリーランキング