「タグ: スポーツカー」の記事一覧

スポーツカーに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

最高のスーパーカーNSXのスペックは? 初代から新型モデルまで解説

ハイブリッドシステムを搭載したスーパースポーツモデル  現行モデルとなる2代目NSXは初代が2005年に販売終了してから12年のときを経て、2017年に復活した。2シーターのスポーツカーでありながら3つのモーターを搭載し...

続きを読む...

イマドキのクルマには「乗り替えたいモデルがない」! 嘆く旧型スポーツ車オーナーが納得できる現行車5選

スポーツセダンや自分好みにチューニングできるモデルも存在!  絶版車に乗っているユーザーが今もその絶版車に乗っている理由には、「現行車に代わりになるクルマがないから」ということも大きいかもしれない。その気持ちはよくわかる…

続きを読む...

初代から受け継がれるフェアレディZの魅力とは? 新型はどうなる?

50年続く日本を代表するスポーツカー  日本を代表するスポーツカー「日産フェアレディZ」。アメリカでも大ヒットし、多くのファンに愛されているモデルであり、2020年には新型モデルのプロトタイプも発表された。あらためて歴代...

続きを読む...

日本に向けて作った感が薄い「スープラ」「GT-R」「NSX」! 北米では売れているのか?

高付加価値なスポーツカーとして安定した需要  日本車なのに、日本国内ではほとんど姿を見ないホンダNSXや、たまに見かけるスープラは、アメリカではどうなっているのだろうか? また、これら2モデルとのガチンコライバルであるG...

続きを読む...

普通に考えて30年前の中古車! 90年代国産スポーツの価格が驚くほど高騰するワケ

走りを追求したストイックなスポーツモデルは稀少な存在に  このところ、1990年代の国産スポーツの中古車価格が驚くほど高い! 平均価格が1600万円以上の日産スカイラインGT-R(R34)を筆頭に、R33、R32も500...

続きを読む...

ポルシェ・ボクスター限定モデル「25イヤーズ」の予約受注開始! コンセプトカーをイメージした内外装が特徴

鋼の輝きをイメージしたアクセントカラーがオシャレ  ポルシェジャパンは、オープンモデル「ボクスター」ファミリーの誕生25周年を記念したアニバーサリーモデル「ボクスター25イヤーズ」の予約受注を開始した。全世界1250台の...

続きを読む...

いまじゃ考えられない「スポーツカー」がバカ売れした時代! 驚きの台数を記録した5台

「スポーツカーの春」をけん引した国産クーペ! 「スポーツカー 冬の時代」といわれて久しいが、スポーツカーが売れていた時代は、どのぐらいの台数が販売されていたのだろう? 近年で一番スポーツカーの人気が高かった時期は、やはり…

続きを読む...

2030年で「ガソリンエンジン」のみのモデルは不可! 小型スポーツなどはどうなる?

少なくとも「マイルドハイブリッド化」は必須  2030年前半、ガソリン車販売禁止。そんなニュースがいきなり流れた、2020年の師走。自動車産業界はもちろん、多くのユーザーも驚いたに違いない。  その後、報道の内容が「20...

続きを読む...

じつはアメリカ・ファーストのクルマだった! 86&BRZが北米で人気なワケ

アメリカで先行発表されるほどに潜在的な人気が高いモデルだ  スバルは日本時間の2020年11月18日、2代目となる新型「BRZ」をオンラインでワールドプレミアした。ただし、その舞台はスバルの母国である日本ではなく、アメリ...

続きを読む...

誕生から30年! 永らく愛され続けるロードスターの鮮烈な魅力とは?

爽快感を味わえる希少なオープン2シータースポーツカー  日本を代表するライトウェイトオープンスポーツとして、30年以上親しまれているマツダ・ロードスター。海外のスポーツモデルにも影響を与えた人気車の魅力を紹介し、歴史を振...

続きを読む...

新型トヨタ86のデビューもまもなく? 登場前に現行モデルをおさらい

超低重心パッケージを構築した走りの楽しいスポーツカー!  2リッターのFRスポーツカーとして2012年に登場したトヨタ86。トヨタがスバルと共同開発し、水平対向エンジンを搭載した低重心で優れたハンドリング性能が持ち味の4...

続きを読む...

スポーツカー大豊作の90年代に生まれた「三菱GTO&FTO」! 名車の素質十分なのにライバルより「評価されない」ワケ

当時はパジェロでのラリー活動のほうが注目されていた  三菱から1990年代前半に登場したGTOとFTOは、1970年代に三菱が販売していたスポーティーカーの名前を復活させたモデル。  GTOは1990年のデビューなので、...

続きを読む...

13年落ちなのに400万円から! R35 GT-Rの「初期型」中古は買う価値ありか?

車体の維持はほかのクルマより何倍も気をつかわなければならない  2007年のデビュー当時の新車価格が777万円、現行車では1083万円~という値付けになっている、日本が世界に誇るハイパフォーマンスカー、日産GT-R(R3...

続きを読む...

「高騰前夜」のいまが買い! まだ100万円以下で手に入る中古国産スポーツ名車4選

前期モデルや1世代前のモデルなどにはお買い得なものが多い  ここ数年で驚くほどの高騰っぷりとなっている国産スポーツモデル。ものによっては新車価格を上まわるプレミア価格で、おいそれとスポーツ走行をすることすらはばかられるほ.…

続きを読む...

男の自慢の愛車が仇になる! 初デートで「スポーツカー」を避けるべき4つの理由

距離感が近すぎたり会話が盛り上がらないことに女性はガッカリ  明日は気になる女性と初デート。自慢の愛車をピッカピカに磨いて、これでヨシ。とスポーツカーの前でうっとりしている男性のみなさん。相手の女性にはもう、愛車がスポー…

続きを読む...

1 / 1412345...»

デイリーランキング