「タグ: ダウンサイジング」の記事一覧

ダウンサイジングに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

わずか1.5リッターエンジンで1500馬力の例もある魔法の技術! 意外と知らない「ターボ」の仕組みと効果

圧縮空気を送り込んで高出力を絞り出すターボチャージャー  現在では、選択肢のひとつとしてごく当たり前に存在するターボチャージャーだが、市販車で使われ始めたのは1970年代初頭だった。BMW2002ターボとポルシェ911タ...

続きを読む...

クルマの「肥大化」は「過度な速度追求」の結果! 無意味な性能争いをメーカーが「自制」する時代が到来した

厳格化する安全基準を満たすには大きくならざるを得なかった  クルマの肥大化が止まらない。また、新車価格も高くなる傾向にある。  それらは、時代の要請といえる。ひとつは、1990年代から強化されてきた衝突安全性能の向上だ。...

続きを読む...

ダウンサイジングの波で激増の「3気筒」エンジン! 「安っぽい」感触は「気筒数」の問題じゃない

スムースな回り方をするエンジンとして世の中に認知されてきた  地球温暖化の防止対策として、二酸化炭素の排出削減が叫ばれ始めてからしばらく経つ。自動車の排出ガスも大きな要素のひとつで、率先して二酸化炭素削減化を進めるヨーロ…

続きを読む...

パワーからエコへ! 時代とともに移り変わる「ターボ」の役目とその歴史

ターボはもともと艦船や航空機用に開発されていた  ターボと聞いて抱くイメージは人それぞれだろう。1980年代のドッカンターボや、チューニングでの大型タービン。最近では排気量のダウンサイジングに欠かせない装備となっている。...

続きを読む...

かつて高性能車の証だった「ツインターボ」をあまり見かけなくなったワケ

大排気量NAのようにスムースな加速を実現可能だが  ツインターボを採用する理由は、おもに多気筒エンジンにおいてアクセルペダルを踏み込んだ際の加速の遅れ、いわゆるターボラグを抑えながら、高回転域まで伸びやかにエンジンを回し...

続きを読む...

大排気量時代は終焉? エコカー化の進むアメ車をアメリカ人はどう見ているのか

大排気量V8は減ったもののエコカー全盛とはならない 「最近、ハイブリッド車の販売はまあまあといったところだ。なにせ、アメリカ人は現実主義だからね」。カリフォルニア州にある日系メーカーのアメリカ人の役員が、そうぼやく。  ...

続きを読む...

燃費良好のダウンサイジングターボの維持費が高い!? 5000km毎オイル交換の理由とは

日本ではシビアコンディションにあたる使用条件が多い  ダウンサイジングターボが全盛だ。過給することでエンジンに求められるパフォーマンスを維持しながら、排気量や気筒数を減らすことで軽量コンパクトにするというアイディアは、ド…

続きを読む...

【疑問】3気筒よりも4気筒エンジンの振動が少ないといわれるのはなぜ?

4気筒は上下方向と回転方向の振動が起こる  乗用車のエンジンはダウンサイジングという志向もあって、4気筒が主流になってきました。そして以前は軽自動車向けだった3気筒も、スモールカーを中心に増えてきています。  エンジンの...

続きを読む...

【疑問】流行のエンジン小排気量化に伴う気筒数の減少はどう影響する?

現実には過給エンジンのデメリットを感じるケースもある  パワートレイン(エンジン)のトレンドを示すものとして「ダウンサイジング」というキーワードは、すっかりお馴染みになっている。いまや、あえてダウンサイジング系パワートレ…

続きを読む...

デイリーランキング