「タグ: ディーゼル」の記事一覧

ディーゼルに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

BMW X5・X6・X7のディーゼルエンジンに48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載

X7は新開発の直6ディーゼルターボを搭載  ビー・エム・ダブリューは、ラグジュアリーSUV「X5」「X6」「X7」のディーゼルエンジン車に、48Vマイルドハイブリッドテクノロジーを搭載した。  今回追加されたマイルドハイ...

続きを読む...

BMWアルピナD3 Sがついに発売開始! 355馬力を発揮する高性能ツインターボディーゼルを搭載

ディーゼルながら高回転まで気持ちよさが続く高性能モデル  ニコル・レーシング・ジャパンおよびニコル・オートモビルズは、新型BMWアルピナ D3 Sリムジン/ツーリングの型式認証を取得し、2月22日より発売開始した。希望小...

続きを読む...

マセラティ・レヴァンテ ディーゼル生産終了!「ファイナルエディション」が24台限定発売

ディーゼルの力強い走りを味わえる最後のチャンス!  マセラティ ジャパンは、プレミアムSUV「レヴァンテ」のディーゼルエンジンモデル生産終了することを発表。それに伴い、特別限定車「レヴァンテ ディーゼル ファイナルエディ...

続きを読む...

生き残りの「危機」が伝えられる「乗用ディーゼル車」! 本当に消滅するのか?

厳しくなるCO2規制対応の影響が大きい  ディーゼルエンジンはこれから、どうなってしまうのだろうか? ディーゼル乗用車といえば、欧州で国によっては乗用車市場の半数近くを占めるほどの定番だったが、これからは徐々に少数派に転...

続きを読む...

アウディA4シリーズにクリーンディーゼル登場! 環境性能と運動性能を両立

出力の異なる2種類のディーゼルエンジンを用意  アウディ ジャパンは、ミドルクラスセダン&ワゴン「A4/A4 Avant」にクリーンディーゼルエンジン搭載グレードを追加し発売した。  2020年10月に商品改良が施され、...

続きを読む...

マツダCX-30が商品改良を実施! エンジン出力を向上させてクルマとの一体感アップ

ワールドカーオブザイヤーTOP3選出記念モデルも登場  マツダは、新世代商品第2弾となる「MAZDA CX-30」を商品改良。一部モデルを先行販売した。おもに運動性能や安全性を向上させている。メーカー希望小売価格(税込み...

続きを読む...

MAZDA3が商品改良を実施! スカイアクティブXとディーゼルのエンジン制御を変更し走行性能を向上

より人馬一体感を高めて走る楽しさを追求!  マツダは、上質な内外装を備えた新世代商品の第1弾である「MAZDA3」に商品改良を施し、11月19日より発売を開始した。まずはスカイアクティブG 1.5、スカイアクティブG 2...

続きを読む...

ロータリーにディーゼル! 普通車にあっても軽自動車にはない「パワーユニット」3つと存在しない理由

車両重量や搭載スペースの問題によって搭載できなかった  基本型のFF・2BOXに始まり、ミニバン、クロスカントリー4WD、2シータースポーツカー、スポーツターボ4WDと、いわゆる普通乗用車で見られるほとんどの車型、メカニ...

続きを読む...

アウディQ2に低速域から力強い走りを味わえるディーゼル仕様「35 TDI sport」を追加

ラインアップの拡大で魅力アップ  アウディ ジャパンは、個性的なデザインを採用したコンパクトSUV「Audi Q2」に、2Lディーゼルターボエンジンを搭載したグレード「35 TDI sport」を追加設定。12月より発売...

続きを読む...

XC90ディーゼルは1000万円でも買い! 巨大SUVなのに運転しやすい 山本シンヤ×石田貴臣【動画】

R-Designを名乗るだけのことはある!  ボルボXC90のディーゼルモデル、D5に試乗しました。しかもスポーティな味付けがなされたR-Design(Rデザイン)です。2トンを超える巨体に2リッターディーゼルという組み...

続きを読む...

よりSAVらしさを際立たせた新型ミニ・クロスオーバーが登場 430万円から

よりスタイリッシュな内外装に生まれ変わった  ビー・エム・ダブリューは、コンパクトなボディながらアクティブな走りを楽しめるSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)の新型ミニ・クロスオーバーを発売した。メーカー希望小売...

続きを読む...

新型レヴォーグもインプレッサも電動化せず! エンジン主流にスバリストは喜ぶがスバルの未来は大丈夫か?

スバル全体の売上の7割はアメリカ市場向け  SUBARUから、電動化の動きは限定的にしか聞こえてこない。国内向けの次期レヴォーグも、ガソリンエンジン車が中心になるようだ。世界的に電動化の動きがあるなかで、ガソリンエンジン...

続きを読む...

「ガラケー」が消えたように「エンジン」も消滅必至? メーカーの思惑に関係なく「電気自動車」のみになる可能性

非電動化エンジンは有害物質の排出量が課題に……  ガソリンかディーゼルか、自然吸気か過給か、あるいはハイブリッドか……クルマの動力として消えゆく運命にあるのは何か? 占いでもなく、人気でもなく、それぞれの動力の機械的持ち...

続きを読む...

ボディサイズはゴルフ並み! VWの新型SUV「T-ROC」が日本市場で発売

最新のデザインと上級モデル譲りの安全装備を標準化  フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、新しいクロスオーバーSUV「T-ROC(ティーロック)」を発売した。キャッチコピーは「All My T-ROC」。4種類のグレ...

続きを読む...

1 / 712345...»

デイリーランキング