「タグ: パトカー」の記事一覧

パトカーに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

「パトロールカー」の略称。緊急自動車指定を受けた警察の車両であり、警察官が犯罪の予防・検挙や、交通の指導・取り締まりのために使用する。白黒ツートーンカラーで、天井に固定、もしくは展開式の警光灯を装備する「制服パトカー」と、天井に格納回転式の警光灯を装備する「覆面パトカー」に大別される。車種はさまざまだが、トヨタ・クラウン、スバル・レガシィ、トヨタ・マークXなどが用いられる。

いま見かけたらほぼ「覆面パトカー」と思え! 「スズキ・キザシ」という控えめにいっても不人気セダン

この記事をまとめると ■スズキとしては意欲的な3ナンバーセダンとして2009年に登場した「キザシ」 ■発売前の2007〜2008年には3つのショーモデルを発表するほど気合いが入っていた ■2009年から2015年までに3...

続きを読む...

悪者は逃走不可! 実際に存在する日本と世界のバカッ速パトカーたち

この記事をまとめると ■通常のパトカーとは違うスポーツカーを使ったパトカーを紹介 ■取り締まりというよりかは、事故防止の抑止力として存在している ■世界に目を向けると数千万円クラスのスーパーカーも採用されている みんなの...

続きを読む...

世界的に進むEV化の波! タクシーやパトカーはどうなる?

この記事をまとめると ■この先電気自動車(EV)の普及が進んでいくとみられる ■タクシーや緊急車両がEVとなった時、走行距離に不安はないのか ■現在わかっている情報から解説する タクシーの場合は途中で充電しなくても済む可...

続きを読む...

ついに現行クラウンのパトカーが登場! 要件を満たさないと言われた「トランク容量が小さい問題」はどうなった?

この記事をまとめると ■現行トヨタ・クラウンベースの国費調達パトカーが登場 ■これまで現行クラウンはトランク容量が足りないと言われていた ■どのようにパトカーの条件をクリアしたのかを解説する  以前、現行トヨタ・クラウン...

続きを読む...

日本も次はクラウンSUVか? エクスプローラーにタホにデュランゴなど「バカッ速SUV」が主流の北米パトカー事情

この記事をまとめると ■かつてアメリカではフルサイズセダンベースのポリスカーがメジャーだった ■いまではSUVベースが主流となっている ■具体車種を挙げてそれぞれ解説する かつてはフルサイズセダンベースがメジャーだった ...

続きを読む...

アメリカの「ドラマ」に登場するクルマは「車種」に重要な意味あり! 適当に「翻訳」する「日本語字幕」は問題

この記事をまとめると ■筆者はアメリカの刑事ドラマ好き ■英語台詞&日本語字幕で見ると登場車種の「車名」が省かれることが多い ■じつはアメリカドラマでは「車名」が大きな意味をもつ セリフで「車種」を言っても字幕では「日本...

続きを読む...

警察も使う「覆面パトカー」は通称! 意外と知らない「正式な名称」とは

言い得て妙なり「覆面パトカー」という名称  高速道路などを走行しているとき「覆面パト取締中」や「覆面パトロールカー取締路線」といった看板を目にしたことはないだろうか? これは当然ながら第三者が勝手に設置したものではなく、…

続きを読む...

違反する気も失せるけどナゼ? せっかく所有する日産GT-RやレクサスLCなどの激速パトカーが実戦配備されないワケ

そもそも高額車は寄贈されていることが多い  栃木県警にR35・GT-RやレクサスLCという1000万円級のパトロールカーが存在していることはニュースにもなったので、ご存知の自動車ファンは多いのではないだろうか。さらに遡れ...

続きを読む...

パトカーの「レプリカ」は違法の危険性大! 違法の「境目」とは

ボディに警察名を入れるのはNG!  パトカーそっくりのクルマが、北海道のすすきのの繁華街を走り抜け、それを警官そっくりの格好で追っかけている動画がSNSで拡散。最終的には身元が割れ、書類送検となったことで話題にもなった。...

続きを読む...

メーカーも想定外! 現行型「クラウン」が「パトカー」に採用できない理由と代替モデルの行方

トランクの容量不足は想定外!?  先日、現行クラウンはパトカーとして必要なトランク容量(450L)を満たしていないので、パトカー(無線警ら車)仕様は用意されないのでは? とお伝えした。警察庁の国費調達パトカーの仕様という...

続きを読む...

各700台限定! ヒコセブンから17系クラウンパトカーの43分の1スケールモデルカーが発売

パトカーの専用装備を細部まで再現  魅力的なモデルカーをプロデュースするヒコセブンは、オリジナルブランド「RAI’S」よりダイキャスト製43分の1スケールで再現したトヨタ・クラウンのパトカー仕様2モデルを20...

続きを読む...

警察の白黒パトカーが「高級車」トヨタ・クラウンである必要はあるのか?

要件に適合させるためにはクラウン以外の選択肢はない  街なかで見かける白黒カラーの警察パトロールカー。正式には「無線警ら車」と呼ぶが、そのほとんどはトヨタ・クラウンとなっている。過去にはスバル・レガシィのパトロールカーも…

続きを読む...

当たり前の光景が消える可能性! 黒白のパトカーに「現行クラウン」が採用されないワケ

現行クラウンはパトカーになるための条件を満たしていない  ここのところ“生産中止”や、“FFになる”、“後継モデルはSUV”など、さまざまな情報がネットを飛び交っているトヨタ・クラウン。現行15代目ではパトカーは存在しな...

続きを読む...

クラウンは徳川幕府と同じく15代で終わる? 決してマイナスではない終了という決断!

タクシー用途を考えたモデルは50万km走れるとされていた  最近、「クラウンが現行モデルを最後に廃止になるのでは?」とか、「後継車種へ引き継がれる模様」といったニュースがウェブ上をにぎわせている。「いまさら言うかよ」と思...

続きを読む...

警察官の感覚に頼る「追尾」での「速度取締」! 速度計測に「信憑性」はあるのか?

この記事をまとめると ■パトカーの速度違反者を追尾しての速度取締は認められている ■その際の測定速度はパトカーの走行速度で決まる ■等間隔で相対速度をゼロにする走行は難しく正確な速度とは言いがたい 原始的だが正確度の高い...

続きを読む...

デイリーランキング