「タグ: パンク」の記事一覧

パンクに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

国道16号沿いに本格オフロードコース出現! ジャガー・ランドローバー柏がリニューアルオープン

ランドローバー車の高い悪路走破性を味わえる本格コース!  ジャガー・ランドローバー・ジャパンの正規販売ディーラーネットワークである、ミッドランズが運営する「ジャガー・ランドローバー柏」に、本格オフロード走行を体験できる特…

続きを読む...

ホイールの後処理も大変! 画期的に見える「パンク修理キット」のもつ「ネガ」要素

今スペアタイヤの代わりに搭載するクルマが多いパンク修理キット  積んでいても自分で交換できない人もいるうえに、省燃費のための軽量化などの理由から、スペアタイヤの搭載車は減り、代わりに増えているのがパンク修理キット。ラゲッ…

続きを読む...

コストだけが理由じゃない! スペアタイヤに標準装着のタイヤ&ホイールを採用しない理由

軽量化やトランクスペースの確保といったことがおもな理由  最近ではパンク修理剤を搭載しているだけで、応急タイヤすら積んでいない。ただパンク修理剤が一般化するまでは、応急タイヤ、いわゆるテンパータイヤがトランクなどに入れら…

続きを読む...

左によりがちな人はリスクが高い! クルマのタイヤのパンクを未然に防ぐ点検と運転方法とは

道の左側にパンクの原因となるモノが溜まりやすい  タイヤのパンクというのは、わりと珍しくないトラブルのひとつだが、同じぐらいの走行距離、同じぐらいのクルマの利用頻度でも「これまでほとんどパンクなんてしたことがない」という…

続きを読む...

雑な保管方法や過積載もダメ! 使用時以外にもあったタイヤのパンク要因とは

タイヤの購入、使用、保管それぞれで注意が必要!  JAFのロードサービス出動理由のうち、19%(バッテリー上がりに次ぐ全体の2位)を占めるタイヤのパンク。タイヤがパンクしてしまう要因としては、クギやネジなどを踏んでしまう...

続きを読む...

【噂の真相】なぜか修理依頼が増える! 雨の日にタイヤのパンクが多いというのは本当か?

雨の日は異物が道路脇などに溜まることでパンクの確率が高まる  9月、10月と台風による大きな被害が続いているなか、懇意にしているタイヤショップに行ったところ、雨の日や雨の翌日などは、パンクする確率が高くなるという話を聞い...

続きを読む...

高速走行中が圧倒的に多い! パニック必至の「突然のタイヤのパンク」が起こる原因とは

高速道路上で起こる確率は一般道の2倍  クルマとタイヤが高性能になって、道路の舗装がきれいになっても、パンクが身近なトラブルであることには変わりがない。2018年度のJAFのロードサービス出動理由でも、パンクはバッテリー...

続きを読む...

1本パンクしたら4本新品に! 最近増えているタイヤの「パンク補償」とは

タイヤ1本のパンクで4本とも新品に交換してもらえる  近頃、大手カー用品店などが導入している、タイヤ1本のパンクで4本とも新品交換してもらえる「タイヤパンク保障」というサービスがある。保証額の上限にもよるが、新品タイヤ4...

続きを読む...

最近搭載車が増えるパンク修理キットでは対応できないケースも! テンパータイヤのメリットとは

トラブル後にかかるコストを考えてもテンパータイヤが優勢  パンクなどのタイヤのトラブルで、走行し続けることができなくなったときにお世話になるのがテンパータイヤ。  テンパータイヤは、「テンポラリータイヤ」の略で、「間に合.…

続きを読む...

年々タイヤのパンクトラブルが増えている理由とは

セルフスタンドの普及などで空気圧チェックの回数が減っている  最近のクルマはメンテナンスフリー化が進んでいると思われているかもしれないが、そうした中で、じつは昨今、着実に増えてきているトラブルがある。それは、タイヤのパン…

続きを読む...

交換用も続々登場! 穴が空いても走れる夢のタイヤ「ランフラット」にデメリットはないのか

乗り味が硬くなるものの技術の進歩で改善されつつある  ランフラットタイヤ(RFT)というタイヤをご存知だろうか。タイヤというのは、その内部に空気を抱えることで車体を支えているが、RFTはサイド部分を強固にすることで「完全...

続きを読む...

最近多いパンク修理キットの使用は「高くつく」こともあり!

使用せずにショップやGSに行けるならそれもひとつの選択肢  今やスペアタイヤを搭載したクルマはどんどんと減るばかり。商用車や荷重の大きなSUVあたりに残っているだけで、あとはすべてパンク修理剤での対応となる。理由はいくつ...

続きを読む...

パンクでスペアタイヤに交換! 応急用テンパータイヤで走行していい距離とは

100kmなどと言われるがデータ上は2000kmぐらいは大丈夫  クルマの日常トラブルで、一番ロードサービスのお世話になる頻度が高いのが、タイヤのパンク(JAFのデータ)だ。最近はパンク修理キットが標準のクルマも増えてき...

続きを読む...

パンクしても移動できるランフラットタイヤは修理できずに交換しかないってホント?

エアが抜けた状態で走行したランフラットは修理不可能  ランフラットタイヤとは、空気圧がゼロになっても、80km/h以下で80kmほどの距離を走行することが可能なタイヤ。輸入車や日産GT-Rなどに採用され、パンクをしてもタ...

続きを読む...

クルマのタイヤのパンクは前輪より後輪のほうが多いって本当?

都市伝説ではなく実際にリヤタイヤのパンクが多い  タイヤショップやカー用品店、ガソリンスタンドなどで、「走行中、フロントタイヤから巻き上げた釘などがリヤに刺さるので、リヤタイヤのパンクが多い」という話を聞いたことがないだ…

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング