「タグ: パーキングブレーキ」の記事一覧

パーキングブレーキに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

クルマの「パーキングブレーキ」を掛けると「リヤが沈む」感じがするのはナゼ?

前に進む力を引き止めているためリヤが沈んでいるように見える  クルマが停止している状態でサイドブレーキを引くと、リヤ側が沈むように感じることがある。どうしてこういう動きが生じるのだろうか。  まずAT車の場合、Dレンジの...

続きを読む...

AT車で「P」レンジに入れて「パーキングブレーキ」なしは危険だった!

確かに「ロック」はされるが「簡素」な機構  いまや日本では乗用車の99%近くがAT車になっていて、MTは超少数派だ。世界的にみても、日本はAT大国となっている。  ところで、MTであれば駐車時にはパーキングブレーキをしっ...

続きを読む...

動かなくなるまで目一杯引くべき? クルマのサイドブレーキはどのぐらい引くのが正解か

機械式ブレーキはドライバーの力加減で利き具合が変わる  最近は電動式や足踏み式も増えてきているが、パーキングブレーキ(駐車ブレーキ)の総称として、いまだにサイドブレーキ(本来はレバー式のこと)と呼ぶ人は多いはず。  電動.…

続きを読む...

これからクルマを買うなら絶対ほしい電動パーキングブレーキ! メリットと選び方とこれからの課題とは

空間が増えるため収納を増やしたりウォークスルーも可能に!  最近のクルマには、軽自動車を含め、電子パーキングブレーキが採用され始めている。スイッチ操作、またはアクセルONで自動解除、Pレンジに入れると自動で作動するなど、...

続きを読む...

お金があっても高級装備のほうがいいとは限らない? 選べるクルマの装備6つのメリット・デメリット

使いやすさは人それぞれだからこそ選べるようになっている 1)プッシュスタートとカギひねり  クルマを始動させる方法は、今ではボタンを押すだけのプッシュスタートが一般的になっている。それは軽自動車にまで拡大しているのだ。リ.…

続きを読む...

動いてなくても減る? パーキングブレーキのパッドやシューは交換が必要な消耗品か

パーキングブレーキも摩擦材が減ると利かなくなる  クルマのブレーキには走行中の減速に使うフットブレーキと、駐車中にクルマを止めておくためのパーキングブレーキ(サイドブレーキ)の2種類がある。  フットブレーキは油圧式が基...

続きを読む...

Pレンジをブレーキ代わりはダメ! AT車でも駐車時にパーキングブレーキを引くべき理由とは

Pレンジはシフトレバーのポジションのひとつでブレーキではない  AT車の取扱説明書を見ると、「車両を離れるときは、セレクトレバーをP位置にしたあとパーキングブレーキをかける」と必ず明記されている。しかし、AT車のギヤには...

続きを読む...

降雪地域では「パーキングブレーキ」の使用NGは本当? 電子パーキングの場合は?

ワイヤー式の場合は凍り付いて解除できなくなることがある  駐車する時にパーキングブレーキを作動させるのは、ごく常識的なことですね。クルマを離れたあとに、自然に動き出してしまったら、どこかに衝突するまで停まらないわけですか…

続きを読む...

【噂の真相】長期間動かさないクルマはサイドブレーキを引かないほうがいいってホント?

実際に固着したクルマはほとんど見かけない  昔から言われるのが、長い間駐車しておくときは、サイドブレーキ(フット式のパーキングブレーキ含む)は引かない方がいいということ。  理由は通常のブレーキは油圧なのに対して、サイド.…

続きを読む...

オートマには「N」以外に「P」があるのになぜパーキングブレーキが必要なのか?

Pでのロック機構は弱くパーキングブレーキの代わりにならない  マニュアルトランスミッション(MT)以外のクルマには、大抵P(パーキング)ポジションがありますね。クルマを駐車する場合には、Pボジションにするように、取り扱い...

続きを読む...

デイリーランキング