「タグ: パーツ」の記事一覧

パーツに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

モモステ! イタボラ! カンパ! かつてクルマ好きが熱狂した「イタリアンブランド」6つの現在とは

いまだに自動車メーカーに採用されているものもある  安全基準や保安基準が厳しくなった現在では、機能パーツを簡単に交換することはできなかったりする。また、クルマそのものの性能が上がったことで、機能やデザインのアップデートと…

続きを読む...

ワンミスの「代償」はますます大きく! 先進化で壊すと「多大な出費」を覚悟すべきクルマのパーツ5つ

電動化によって手間が増えた側面も  クルマ自体の価格もそうだが、修理代金も高騰するばかりだ。人手不足による人件費や部品代の高騰など、要因はさまざま。理由はどうであれ、財布への負担は増すばかりだ。最近高くなってきたものもあ…

続きを読む...

知られざる「消耗品」! 交換イメージがなくとも「寿命」のあるクルマの6つの部分

新品に替えると違いに気づくものもある  厳密に言ってしまうと、自動車そのものが寿命のある消耗品ではあるが、基本的には交換が不要なものと、調子や性能維持のために定期的に交換が必要なものに分かれる。前者はボディパネルやインパ…

続きを読む...

クルマの電動化が「旧車乗り」に危機をもたらす! 消えゆく可能性のある「パーツ」とは

非エンジン車が増えると手に入りにくいパーツが出てくる可能性も  2030年にはすべての新車を電動化にするべく計画があるということで、旧車オーナーにとっては気が気でない日々が続いているかもしれない。  といっても、あくまで...

続きを読む...

「電動化事業」と共に「レストア事業」が加速! いま自動車メーカーが「旧車」を大切にするワケ

満を持して日産がスカイラインGT-R向けレストア事業を開始  ニスモの、ヘリテージ・パーツをご存じだろうか? 古き良き日産車の純正補修部品を、日産、ニスモ、オーテックジャパンが部品メーカーの協力を得て復刻する事業である。...

続きを読む...

タイヤを替えるだけで「満足」してはダメ! 見落としがちなクルマの冬支度5つ

外気温が氷点下になる季節は濃度を濃くしておかなければならない  早いもので今年もあとわずか。皆さん、クルマの冬支度はお済みだろうか。  人間に衣替えが必要なように、寒くなってきたらクルマにも寒さ対策が必要だ。クルマの冬支.…

続きを読む...

昔の常識が通用しない! 「板金屋」も「ユーザー」も泣くぶつけると「超高額」な最新車の技術3つ

何層にも塗り重ねられているため調色が難しくなっている  理由はどうであれ、どんなに気をつけていても、走行する以上クルマのボディはキズが付いたり、凹んでしまうもの。屋外を走っている以上、致し方ないのだが、場合によっては放置…

続きを読む...

クルマで遊ぶなら「増車」! 庶民でもイケる激安中古の「意外な盲点的」趣味クルマ4選

パーツや情報が多いモデルは趣味のクルマにうってつけ!  クルマ好きならば一度は夢見る自分だけの趣味のクルマ。しかし、実際問題としては家族がいてファミリーカーに乗らざるを得なかったり、そこまでクルマに費用をかけることができ…

続きを読む...

高速で疲れる! タイヤがすぐ減る! クルマの「ショックアブソーバー」ヘタリの診断方法と交換時期とは

「ダンパーがヘタる」とは劣化でオイルの粘度が保てなくなること  クルマの乗り心地を大きく左右するショックアブソーバー。ショックをアブソーブ(吸収、緩和)パーツという意味で、こいつがないと、タイヤが凸凹を通過したり、クルマ…

続きを読む...

昔の純正部品は残念だった! 買った直後に交換が当たり前だったクルマの社外パーツ8選

昔は社外パーツへの交換が一般的だった  最近はクルマの価格が高くなった、という嘆きはよく聞かれるもの。確かに高いが、その分、性能もデザインも、そして装備だってとてもいい。そのまま、いわゆるツルシのままで乗ってもまったく不…

続きを読む...

第2世代GT-Rオーナーに朗報! 復刻純正補修部品「ニスモヘリテージパーツ」にアイテムを追加

ハーネス類からバンパー、5速トランスミッションなどが復刻  日本のみならず、世界にも多くのファンを持つ日産スカイラインGT-R。可能な限り長く乗り続けていけるよう、日産自動車とニスモ、ニスモカーズディビジョン(オーテック...

続きを読む...

【エンジンやミッションだけじゃない!】交換後に「ならし」が必要なクルマパーツ4+αとその方法

交換直後は普段より控えめな運転を心がけるべし  新車時のエンジンは、今やならしが不要と言われるが、機械である以上、やらないよりはやったほうがいい。そもそもならしの目的はなにかというと、こすり合う部品同士や動く部分などにア…

続きを読む...

人によっては使いたくても使えないものも! 標準じゃなくオプション扱いにすべきクルマの装備3選

正しく使えないならオプションにするという選択肢もアリか  最近のモデルでは生産する際の合理化という側面もあるのか、昔のクルマほどメーカーオプションの数は多くなくなりつつある。もちろんグレードによって装備の有無や、上級グレ…

続きを読む...

お金をかける価値あり! 交換で劇的に違いを感じられるクルマのアフターパーツ5選+α

走りはもちろん快適性を実感できるパーツもある!  クルマに使われている部品は、1台当たり3万点ともいわれている。全部が全部気に入っていれば純正のままが一番だろうが、なかには消耗するものもあるし、自分なりにカスタマイズした...

続きを読む...

愛車の部品製廃でもう乗れない? そんな状況でも旧車を維持していくための方法4選

メーカーからの部品供給が停止していることもザラ  最近とくに人気を集めているいわゆる旧車と呼ばれるクラシックモデル。1960年代前後の本格的な旧車はもちろん、最近では90年代の車両も旧車の仲間入りを果たし、旧車人気はとど...

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング