「タグ: パーツ」の記事一覧

パーツに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

必要ないのに交換されちゃう可能性大! 車検費用のムダを防ぐなら「自己申告」が必要な項目5つ

この記事をまとめると ■車検時には劣化したパーツが交換される ■時には想定外のパーツが替えられることも ■交換すべきか否か事前に検討しておくべきパーツを解説する 交換すべきか事前に検討しておくべきパーツを解説  車検時に...

続きを読む...

クルマのシートベルトに付いている「丸い樹脂」! 誰もが目にする謎部品の「正式名称」と「目的」とは

この記事をまとめると ■シートベルトにある丸い樹脂は「ストッパータング」と呼ばれているもの ■シートベルトのバックルに差し込む側の金具が落ちないように支える役目を担っている ■もし割れてしまったら純正部品を取り寄せてDI...

続きを読む...

「アクセルペダル」も「サイドブレーキ」も通じない? じつは和製英語なクルマの用語とは

この記事をまとめると ■日本ではお馴染みの呼称でも海外では異なる呼び名が一般的になっているものがある ■そんな国や地域で呼称が異なるものはクルマの装備や用語にも数多く存在する ■これは日本に限ったことではなく、ところかわ...

続きを読む...

クルマは有名メーカーだけの作品にあらず! 町工場が支える3万点の部品の世界

この記事をまとめると ■自動車には、サプライヤーが製造する部品も含めると3万点の部品が使用されている ■サプライヤーは自動車メーカーの最終組立て工場の近隣にある場合が多い ■クルマの電動化が進むと新しいサプライヤーが増え...

続きを読む...

クルマのチューニングでパーツ交換! 外した純正部品は取っておくべき?

この記事をまとめると ■クルマをチューニングした時、純正パーツはとっておいたほうがいいのか ■いずれ売る場合は純正パーツがあったほうが有利になることもある ■しかしそれは時と場合によるため、要検討だ 苦労してまで取ってお...

続きを読む...

私はそんなに乗らないから……な人ほど注意が必要だった!  走らずとも傷んでいるクルマのパーツ4選

この記事をまとめると ■中古車には「納屋モノ」という言葉があるように、あまり動かしていない個体は重宝される ■しかしクルマは乗らないからこそ劣化する箇所も存在 ■不動車のコンディションに影響が出やすいパーツを解説する 置...

続きを読む...

ほんのり上品! ジワり走りやすい! ハードル激低の愛車に「ちょい足し」パーツ5選

この記事をまとめると ◼︎簡単に装着できるわりに効果を感じるられるパーツはオススメ ◼︎昔はオプションや社外品だったパーツも純正での採用例もここ数年でかなり増えてきている ◼︎カスタムは愛車のイメチェンに最適 手軽にカス...

続きを読む...

「フツーの人」が旧車に乗るなら意外にも「欧州車」がオススメ! 手厚い「パーツ」事情と一生乗れる「旧車銘柄」

この記事をまとめると ■国民車のような輸入車の場合はリプロダクションも含めればほとんどが手に入る ■メルセデス・ベンツやポルシェなどはヘリテージ部門に力を入れている ■かつてはパーツ入手が困難だった国産旧車も最近はメーカ...

続きを読む...

家電と違って供給期限に決まりなし! 古いクルマの「命綱」純正部品の供給は「販売終了後」いつまでおこなわれる?

この記事をまとめると ■パーツの供給は生産終了からおおよそ10年前後が多い ■近年では一部の人気車種にパーツ復刻プロジェクトがある ■パーツが出ない場合はリビルト品や社外品で対応するのが得策だ パーツ保管の期間に決まりは...

続きを読む...

何気ない「出っ張り」や「模様」がじつは重要だった! アナタのクルマにもついている効果絶大な「空力パーツ」5選

この記事をまとめると ■クルマにとって空力は走行性や快適性に関わる重要な要素 ■デザインに見えるクルマの外観もじつは空力に関係していたりする ■この記事では5つの具体例を挙げて解説する 各メーカーが工夫を凝らし空力性能を...

続きを読む...

道具で「走り」は変わる! 付けただけで運転が「上手くなる」可能性を秘めたパーツ7選

この記事をまとめると ■筆者が考える上手な運転とはスムースでより安全かつ疲れにくいといったもの ■ドライバーの技術はもちろんだが道具によってもそれは実現できる ■クルマの交換パーツなどでそうした運転の体現に役立ちそうなも...

続きを読む...

クルマのパーツ選びで「純正は高い」「社外は不安」! そんな人には「準純正部品」がオススメだった

社外品の質はピンキリといえる  クルマをメンテナンスしたり、修理したりするのに不可欠な部品。オイル交換するにしても、オイルそのものが部品の一種とも言えるし、ドレインボルトのパッキンも部品だ。使用する部品としてベストなのは…

続きを読む...

モモステ! イタボラ! カンパ! かつてクルマ好きが熱狂した「イタリアンブランド」6つの現在とは

いまだに自動車メーカーに採用されているものもある  安全基準や保安基準が厳しくなった現在では、機能パーツを簡単に交換することはできなかったりする。また、クルマそのものの性能が上がったことで、機能やデザインのアップデートと…

続きを読む...

ワンミスの「代償」はますます大きく! 先進化で壊すと「多大な出費」を覚悟すべきクルマのパーツ5つ

電動化によって手間が増えた側面も  クルマ自体の価格もそうだが、修理代金も高騰するばかりだ。人手不足による人件費や部品代の高騰など、要因はさまざま。理由はどうであれ、財布への負担は増すばかりだ。最近高くなってきたものもあ…

続きを読む...

知られざる「消耗品」! 交換イメージがなくとも「寿命」のあるクルマの6つの部分

新品に替えると違いに気づくものもある  厳密に言ってしまうと、自動車そのものが寿命のある消耗品ではあるが、基本的には交換が不要なものと、調子や性能維持のために定期的に交換が必要なものに分かれる。前者はボディパネルやインパ…

続きを読む...

デイリーランキング