「タグ: フォグランプ」の記事一覧

フォグランプに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

黄色のほうが機能性は高いがなぜ? クルマの白色フォグランプが一般化したワケ

悪天候時は黄色いフォグランプのほうが見やすい  霧や雨、雪など天候が悪く、視界が制限されるときに重宝する「前部霧灯」。いわゆるフォグランプ。フォグランプの色については、保安基準で「白色または淡黄色で、全てが同一のものであ…

続きを読む...

【街灯のない道・夜間・雨天時は?】迷惑なケースもあるクルマのフォグランプを点灯してもいい条件とは

道交法にフォグランプの使い方を規制する項目はない  クルマのルールやマナーについて、よく議論百出となるのが、フォグランプの使い方。街灯のない道は点灯OK?  晴天夜間は?  雨天時は? といろいろ意見がわかれるところだが...

続きを読む...

判断を間違えると簡単に命を落とすことも! クルマの運転中に吹雪で前が見えなくなった時にするべきこととは

前後を走るクルマに自車の存在を示すことが大切だ  冬のドライブでは、積雪により道が滑りやすくなっているのに注意するのは当然として、吹雪などで視界が遮られたときの対応も重要だ。対応を誤ってしまうと、比喩ではなく命を左右する…

続きを読む...

安全装備なのになぜ? 欧州車には標準のリヤフォグランプが国産車にあまり採用されない理由

欧州車は装着が義務付けられているため日本仕様もそのまま  雨や雪、霧など天候不順によって視界が悪くなってしまった際に使用するフォグランプ。そもそもフォグ(FOG)とは「霧」を意味しており、直訳すれば「霧用の明かり」という...

続きを読む...

いまどきは白色LEDが主流! 過去の遺物と思われがちな黄色いフォグランプがいまでも有効なケースとは

黄色の光は波長が長く、悪条件に強いのがメリット  メインのヘッドライトとは別に、バンパーなどにインストールされているアシストランプがあります。かつてはフォグランプという呼び名が広く使われていましたが、それは名前のとおりに…

続きを読む...

昔はド定番だったのに! クルマの黄色いフォグランプが消えたワケ

実用性は黄色の方が上にも関わらず白が流行  ちょっと前まで、フォグランプの色は黄色が定番だったのに、最近はすっかり見かけない。新車のオプションも白いLEDのフォグランプが主流で、黄色いフォグランプは少数派……。なぜ黄色い...

続きを読む...

意味もわからず点灯している? 常時フォグランプ&リヤフォグONの迷惑車多し

ランプの種類によっては周りを幻惑させることも  ルール上は、フォグランプを点けて走行することは禁止されていない。むしろヘッドライトだけでは光量が足りないと感じる状況においては補助灯として活用することが安全につながる。だか…

続きを読む...

オプションのフォグランプは装着したほうがいい?

天候の悪いときに乗る可能性があるなら装着しておきたい  自動車のオプションパーツはさまざまな種類が存在するのはご存じのとおり。もちろん、どんなオプションがあるのかは車種によっても異なるが、ほとんどのクルマに設定されている…

続きを読む...

【意外と知らない】クルマのライトの正しい使い方

フォグランプの日常的な使用は他車の迷惑になる  最近ではヘッドライトのハイ/ロー切り替えが自動化されたり、周囲の明るさ(暗さ)を認識してヘッドライトを自動点灯させる機能の標準装備化が話題となる時代だが、それだけ適正にヘッ...

続きを読む...

デイリーランキング