「タグ: ブレーキ」の記事一覧

ブレーキに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

クルマのブレーキを踏んだら「キー!」と不快な音が出るように! 誰にでも起こりうる「鳴き」の理由と対策とは

この記事をまとめると ■ブレーキペダルを踏むと「キー」という音が出ることがある ■ブレーキパッドとローターの当たりが悪いなど、いくつかの原因が考えられる ■それぞれの対策方法について解説する ケミカルやグリースで解決する...

続きを読む...

多くの人のフルブレーキは「フル」じゃなかった! イザというときABSを効かせられる方法とは

この記事をまとめると ■何かにぶつかりそうになったとき、ABSを効かせることが重要 ■しかし多くの人がフルブレーキをかけることができない ■その理由としっかりとブレーキを踏めるようになる方法を解説する 多くの人がフルブレ...

続きを読む...

ブレーキの強化は「高性能品」への交換だけでは不完全! クルマの「重量バランス」と「タイヤ」が重要だった

この記事をまとめると ■ブレーキの強化を図ったら合わせてタイヤの銘柄や寸法も見直したい ■駆動方式の違いによりブレーキにかかる負担も大きく変わる ■ブレーキを強化するならタイヤ性能と車両の前後重量配分も考えて資金を上手に...

続きを読む...

たった一晩で「赤く」なることも! クルマのブレーキローターが秒で「錆びる」ワケ

この記事をまとめると ■ブレーキローターに使われる鉄は錆びやすい性質を持つ ■この鉄は世の中に存在する鉄製品のなかでもかなり錆びやすい部類。 ■あまりにも長期間放置されていたりしなければ、そのまま走っても問題はない ブレ...

続きを読む...

圧巻のブレーキ! 衝撃の安全性! 世界の誰にも負けない「無双」ポイントをもつクルマたち

クルマ全体のパッケージが凄いポルシェ911のブレーキ  ジェネラリストかスペシャリストか。これ、クルマを選ぶときに悩む点でもある。総合性能が高い車種にする人がいる一方で、一芸に秀でた車種を好む人もいる。で、自分を含めた後...

続きを読む...

「4ポッド・6ポッド」に「片押し・対向」! ゴツければ最高なワケじゃないディスクブレーキとは

動力性能の高いクルマほどブレーキ容量が必要になる  スポーツモデルのブレーキには、対向式の4ポットキャリパーを装着している車種が多く、なかにはR35GT-RやスバルのWRX STI、レクサスLC500、F SPORTのよ...

続きを読む...

「ACC」のせいというウワサも! 高速でやたら「ブレーキランプ」が連灯するクルマを見かけるワケ

この記事をまとめると ■ブレーキランプが過剰に点灯するのは見越し運転の原因であることが多い ■ACCの使用によりブレーキランプ点滅が頻発するという説は考えにくい ■結局、ブレーキランプがやたら点滅するのは、運転があまりう...

続きを読む...

後続車をイラつかせる原因! 「重要」で「難しい」右左折時「ウインカー」のタイミングとは

この記事をまとめると ■ウインカーを出すタイミングは道路交通法で定められている ■後続車がいる際の右左折では早めにウインカーを出すと円滑な交通が実現できる ■後続車はウインカーが遅いクルマがいることも理解していると安全に...

続きを読む...

いきなり「普通に走る」のはNG! ブレーキ「パッド」や「ローター」交換後の正しい「慣らし」運転とは

この記事をまとめると ◼︎ブレーキ関係のパーツは交換後すぐに派手に使うのは好ましくない ◼︎最初は起きがちな異音も乗っていると消えるので心配無用 ◼︎サーキットで使用する際は最初から全開はNG ブレーキのパッドやローター...

続きを読む...

「パッド」の交換だけじゃ足りなかった! 手遅れになる前に行うべき「ブレーキのオーバーホール」とは

異音がするようになってからでは遅い!  今やクルマはメンテナンスフリー化が進んで、冷却水を含んだ油脂類、バッテリー、フィルターを交換していれば、トラブルなく利用できる。しかし、10年10万kmぐらいで、大掛かりなメンテが...

続きを読む...

見落としは「事故」を招く! クルマに詳しくない初心者でも女性でもわかるブレーキの「メンテサイン」4つ

知識がない人でも故障と気付けるよう工夫されている  最近は車検時も「問題なく走っているんだから、通すだけでいい」というお客さんがけっこういるという。走らないでも死にはしないけど、止まらないのは死んでしまうこともあるので「…

続きを読む...

メーカー純正でコラボ採用の「シート」と「ブレーキ」は圧倒的に「レカロ&ブレンボ」! ここまで「偏る」理由とは

モータースポーツでの実績や知名度、ブランド力は抜群!  クルマの部品はおよそ3万点といわれているが、そのなかで同じ標準装着パーツでも、普通の純正パーツのほかに、パーツメーカーのブランドが強調されることで、商品性が高まるス.…

続きを読む...

ワイヤーやシャフトで「繋がっている」部分は少ない! ゲームコントローラーのようなクルマの「バイワイヤ」技術とは

もっとも古くから存在する自動化システムは変速機だ  いよいよ自動運転が具体化される時代になってきた。いうまでもなく、自動車を走らせるためドライバーが行ってきた数々の操作を、機械(システム)が肩代わりすることで、文字どおり…

続きを読む...

不具合がなくても「要交換」! クルマの健康を保つための「16の消耗品」の替え時とは

ゴムは劣化度合いによって交換が必要になることもある  クルマにはたくさんの消耗部品があるが、メンテナンスフリー化が進み、交換時期はいつ?というパーツも増えている。  そこで、そうした交換時期のわかりにくい消耗品の交換目安.…

続きを読む...

じつはディスクよりも制動力が高いドラムブレーキ! 大型乗用車に採用されないワケ

構造上ディスクよりも制動力を引き出しやすい  自動車教習所では「エンジンブレーキってどのボタンで使うんですか?」という質問があるという都市伝説的な笑い話もあるが、ブレーキというのはクルマにとって重要な機能である一方で、ユ…

続きを読む...

デイリーランキング