「タグ: ヘッドライト」の記事一覧

ヘッドライトに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

自動点灯が「義務化」なのにいつ使う? ヘッドライトの「AUTO」以外に「スモール」と「オン」があるワケ

オートライト搭載のクルマでもスモールと切り替えができる  2020年の4月から、乗用車の新型車への義務化がはじまったオートライト。センサーで周囲の明るさを感知して、暗くなればヘッドライトを点灯、明るくなれば自動に消灯して...

続きを読む...

ヘッドライトの「黄ばみ・くすみ」で車検不通過が増加中! 「明るい光」を取り戻す方法とは

車検時のヘッドライトの検査基準が厳しくなった  いまのクルマのヘッドライトのレンズは、樹脂製(ポリカーボネート製)が主流。軽くて、デザインの自由度が高いなどのメリットがある反面、長年使っていると紫外線などの影響で樹脂が劣…

続きを読む...

薄暮時? 信号待ち? クルマのポジションランプを使う場面とは

運転中に暗くなってきた際にはヘッドライトオンが基本!  コロナウイルス禍により自動車教習所の休校や運転免許センターが業務を縮小したこともあり、今年は初心者マークを付けたクルマが増えてくる時期が例年とは異なる可能性がある。…

続きを読む...

ヘッドライトの「黄ばみ」「くすみ」から最新車でも逃れられないワケ

ひと昔前はガラスだったので曇らなかった  ちょっと古いクルマでの悩みのひとつに、ヘッドライトの黄ばみがあるだろう。今では内部のリフレクターを使用して配光するので、厳密に言うとレンズではなく樹脂のカバーだが、いずれにしても…

続きを読む...

対向車からパッシングも! 安全性を高めるクルマの「デイライト」の意外な落とし穴

スモールとの同時点灯は禁止されている  少々前に流行ったのが後付けのデイライト。法律的に昼間に点灯させる補助灯というものに対して規定はなかったのだが、安全性向上のために有用ということで、2016年に昼間走行灯として保安基...

続きを読む...

【クルマのヘッドライト】ハロゲン→HID→LEDと進化したのにHIDだけが消えたワケ

青白い光源は憧れの存在だった!  ヘッドライトの光源は現在、複数ある。従来からのハロゲンに加えてHID、そしてLEDだ。ハロゲンは低価格車やエントリーグレードにまだ残っているし、LEDの採用が軽自動車も含めて爆発に広がっ...

続きを読む...

大まじめにデザインするも攻め過ぎた? 目が釘付けになる「変顔グルマ」3選

自由なデザインがアダとなり「変顔」になってしまったモデル!  ヘッドライトがガラス製だったころは、ほぼ丸型か角型しか選択肢がなかった。しかし時代が進み、樹脂製ヘッドライトが一般化すると、各社個性的な形状のヘッドライトを持…

続きを読む...

判断を間違えると簡単に命を落とすことも! クルマの運転中に吹雪で前が見えなくなった時にするべきこととは

前後を走るクルマに自車の存在を示すことが大切だ  冬のドライブでは、積雪により道が滑りやすくなっているのに注意するのは当然として、吹雪などで視界が遮られたときの対応も重要だ。対応を誤ってしまうと、比喩ではなく命を左右する…

続きを読む...

日没何分前が妥当? 雨の日は点灯すべき? 手動ヘッドライトの正しい使い方とは

オートライトを義務化したヨーロッパで早めの点灯の効果が証明  いよいよ来年、2020年4月以降の新型車からオートライトが義務化になる。とはいえ、義務化されるのは新型車だけで(継続生産車については2021年10月から)当面...

続きを読む...

LEDヘッドライトで夜間の視認性アップ! ダイハツ・アトレーワゴン&ハイゼットカーゴが安全性を向上

アトレーには新色も設定されて魅力アップ  ダイハツ工業は、軽乗用車のアトレーワゴンならびに軽福祉車両のハイゼット スローパー/アトレー スローパー/アトレー リヤシートリフトと、軽商用車のハイゼット カーゴ/ハイゼット ...

続きを読む...

「HID」より暗いのになぜ? いまクルマのヘッドライトに「LED」が積極採用されるワケ

HIDはLEDより約1.5倍も明るい!  90年代半ばから、圧倒的な明るさを武器に、多くのクルマのヘッドライトに採用されてきたHID。ところが最近、10年ほど前に登場したLEDが普及するにしたがって、ヘッドライトの主役か...

続きを読む...

クルマのLEDヘッドライトに意外なメリット! ハロゲンやHIDよりも虫が付着しにくいワケ

虫が集まってしまう原因は紫外線の量にあった!  夏から秋にかけて、夜にドライブすると困るのが虫の付着。とくに高速道路では、フロントまわりやガラスにビッチリと付くことがある。気持ち悪いし、虫が付くこと自体、塗装にも悪影響を…

続きを読む...

板金にブレーキまで! クルマの進化の影で泣く産業7つ

純正品の品質向上が引き金に……  クルマに限らず、進化の一方で無くなっていくものは確実にある。それが進化というものだから仕方がないが、さびしいのもまた事実だ。進化の影で泣いているモノを探してみた。 1)コーティング普及で...

続きを読む...

「オラオラ顔」に次ぐトレンド! 最近「ツリ目」のクルマが増えているワケ

直径の小さな光源でも光量を得られるようになった  ヘッドライトの形状が徐々に細くなっている。最近はトヨタのキーンルックなど、細いツリ目のヘッドライトをブランドデザインとして導入するメーカーが増えているので、やたら目立つよ…

続きを読む...

2020年から「オート機能」が義務化! クルマの早めのライト点灯はなぜ重要なのか

日没の時間帯に死亡事故が多発している  国土交通省は、2020年4月から販売される乗用車(新型車のみ)に対し、周囲の明るさを検知して、自動的にヘッドライトを点灯/消灯する「オートライト機能」の搭載が義務付けている。  現...

続きを読む...

1 / 3123

デイリーランキング