「タグ: ヘッドライト」の記事一覧

ヘッドライトに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

少し前まで普通にあったクルマの「黄色いヘッドライト」! 禁止になった理由とは?

この記事をまとめると ■かつて黄色いヘッドライトのクルマが存在した ■しかし現在イエローバルブは禁止となっている ■その理由やヘッドライトの規定について解説する 安全性向上のために禁止となった  暗かったり、逆に明るすぎ...

続きを読む...

「暗い」だけじゃない! クルマの灯火類の「球切れ」は「危険」を招くトラブルだった

この記事をまとめると ■クルマのランプ類の電球切れは気が付きにくい ■視界が狭まるなど、放置は非常に危険 ■考えられるリスクを解説する 場合によってはバイクと間違われることも!  日常的に起こる可能性があるのが、ランプ類...

続きを読む...

古いクルマの泣き所「暗い」ヘッドライト! 誰でもできる対処法5つとその中身

まずはバルブの交換を試す  ヘッドライトが暗いというのは、永遠の悩みだろうか。最近は軽自動車でもLED化が進んでいることもあって、悩んでいる人は減っているだろうが、ハロゲンはまだ現役だったりするので、なくなったわけでもな...

続きを読む...

単なる「デザイン」の流行廃りじゃなかった! かつて流行った「4灯ヘッドライト」が消えたワケ

この記事をまとめると ■かつてはハイビームとロービームをわけた4灯ヘッドライトのクルマがあった ■LEDヘッドライトの普及で4灯である必要がなくなった ■LEDヘッドライトにより自由度が上がりさまざまなスタイルが実現でき...

続きを読む...

安全装備の「義務化」に遅れ気味! 欧州各国で標準化されるクルマのデイライトが日本では「二・三輪」のみ義務化である現状

日中でもライトを点灯させることで安全確保につながる  クルマのヘッドライトについて、最近いろいろ変化がある。「なぜだろう?」と、思っている人が少なくないと思う。  まずは、オートライト(自動点灯)についてだが、2020年...

続きを読む...

知られざる「消耗品」! 交換イメージがなくとも「寿命」のあるクルマの6つの部分

新品に替えると違いに気づくものもある  厳密に言ってしまうと、自動車そのものが寿命のある消耗品ではあるが、基本的には交換が不要なものと、調子や性能維持のために定期的に交換が必要なものに分かれる。前者はボディパネルやインパ…

続きを読む...

何のために付いている? 最近のクルマにないワケは? ヘッドライトの「オートレベライザー」とは

ヘッドライト自体の普及が進みレベライザー機能も自動化  ヘッドライトのオートレベライザーという機能がある。この場合のレベルとは上下の高さを意味する。ヘッドライトが車両前方を照射する際、その方向がクルマの姿勢によって変わる…

続きを読む...

クルマが「鍵をひねっていた」ころはほぼコラムの右側! それなのにいま「スターターボタン」の位置がバラバラの理由

海外では左側ウインカーレバーはISO規格で決まっている  普段、国産車に乗っているドライバーがたまに輸入車を運転すると、ウインカーとワイパーを間違えて操作してしまうというのは、定番のあるあるだ。  なぜなら日本ではウイン...

続きを読む...

クルマによってバラバラ! 義務化される「オートライト機能」搭載車の「スイッチ切り替え」の複雑さ

最近のクルマにライトオフスイッチはない  2020年4月から始まったのが、新型車でのオートライトの採用。それまでのように、走行時は任意でオフすることができなくなって、夜間の無点灯走行を防止するためにライトは点いた状態にな...

続きを読む...

クルマの電動化が「旧車乗り」に危機をもたらす! 消えゆく可能性のある「パーツ」とは

非エンジン車が増えると手に入りにくいパーツが出てくる可能性も  2030年にはすべての新車を電動化にするべく計画があるということで、旧車オーナーにとっては気が気でない日々が続いているかもしれない。  といっても、あくまで...

続きを読む...

自動点灯が「義務化」なのにいつ使う? ヘッドライトの「AUTO」以外に「スモール」と「オン」があるワケ

オートライト搭載のクルマでもスモールと切り替えができる  2020年の4月から、乗用車の新型車への義務化がはじまったオートライト。センサーで周囲の明るさを感知して、暗くなればヘッドライトを点灯、明るくなれば自動に消灯して...

続きを読む...

ヘッドライトの「黄ばみ・くすみ」で車検不通過が増加中! 「明るい光」を取り戻す方法とは

車検時のヘッドライトの検査基準が厳しくなった  いまのクルマのヘッドライトのレンズは、樹脂製(ポリカーボネート製)が主流。軽くて、デザインの自由度が高いなどのメリットがある反面、長年使っていると紫外線などの影響で樹脂が劣…

続きを読む...

薄暮時? 信号待ち? クルマのポジションランプを使う場面とは

運転中に暗くなってきた際にはヘッドライトオンが基本!  コロナウイルス禍により自動車教習所の休校や運転免許センターが業務を縮小したこともあり、今年は初心者マークを付けたクルマが増えてくる時期が例年とは異なる可能性がある。…

続きを読む...

ヘッドライトの「黄ばみ」「くすみ」から最新車でも逃れられないワケ

ひと昔前はガラスだったので曇らなかった  ちょっと古いクルマでの悩みのひとつに、ヘッドライトの黄ばみがあるだろう。今では内部のリフレクターを使用して配光するので、厳密に言うとレンズではなく樹脂のカバーだが、いずれにしても…

続きを読む...

対向車からパッシングも! 安全性を高めるクルマの「デイライト」の意外な落とし穴

スモールとの同時点灯は禁止されている  少々前に流行ったのが後付けのデイライト。法律的に昼間に点灯させる補助灯というものに対して規定はなかったのだが、安全性向上のために有用ということで、2016年に昼間走行灯として保安基...

続きを読む...

デイリーランキング