「タグ: ライト」の記事一覧

ライトに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

いか釣り漁船ばりにランプだらけ! トラックの周囲に付く「大量のランプ」の役目とは

かつてはライトで速度を表していたことも  高速道路ではトラックをじっくりと見ることができるが、とくに夜間にはたくさんのライトが点灯しているのがわかる。もちろんそれぞれに役割があるのだが、なかには異常に眩しかったりするもの…

続きを読む...

機械が苦手でもペット感覚で付き合えばできる! 出先で泣かないために「女子」でも実践すべきクルマの「お世話」とは

安全に乗るためには定期的にクルマをチェックすることが大切  買い物にデートにと、いろんな場所へ連れていってくれる、便利なクルマ。あなたは運転席に座る前に、何をしていますか? 「とくに何もしていない」という人は、要注意です…

続きを読む...

【明るく美しく長寿命なのになぜフルLED化しない?】1台のクルマにLEDと電球の場所が混在するワケ

フルLEDは大衆車にはあまり普及していない  圧倒的な長寿命と、消費電力の少なさ、そして高輝度と、いいことづくめのLEDランプ。建物内の照明から、自転車のライト、懐中電灯まで、LED化され、かなり身近な存在になってきたに...

続きを読む...

エンジン始動にウインカーまで! 昔はアナログ&手動だったクルマの装備7選

昔は何でもひとつひとつ手で操作した  いまでは何でもオート。クルマの運転もオートになろうかという時代だが、その昔は逆になんでもアナログで、ひとつひとつ手で操作したりしたものだ。クルマのアナログだった装備を、懐かしさも含め…

続きを読む...

ヘッドライトの種類を徹底比較! ハロゲンやHIDをLEDにアップデートするメリットはあるのか

いま純正のヘッドライトはLEDが主流  クルマのヘッドライトの主な光源は、ハロゲンランプ(電球)、HID、LEDの3種類。歴史的にも、ハロゲン、HID、LEDの順に進化してきて、最近の純正ヘッドライトはLEDが増えてきて...

続きを読む...

ヘッドライトの早期点灯を! おもいやりライト運動の一環として横浜でドライバーにアピール

薄暮時の点灯が事故防止に効果的ということを横浜から全国へ発信 だんだんと日照時間が伸びて、17時から18時ごろでもまだまだ明るい季節となってきた。街ゆくクルマを見ても、ヘッドライトを点けている車両は意外と少ない。時間帯別...

続きを読む...

交通トラブルになることも! 結局ハイビームはどう使うのが正解か

霧などは除き他車や歩行者の迷惑にならない限りはハイビーム  クルマのヘッドライトはハイビームとロービームに切り替えられるのはご存じのとおり。しかし、ほとんどの人が日常ではロービームがメインで、なかには「ハイビームなんて使…

続きを読む...

クルマのランプが球切れ! 修理のために切れたまま移動すると違法?

そのままでは整備不良だが合法的に移動する手段がある  最近のクルマはLEDの灯火類が増えてきているので、日常的に球切れとなって、ブレーキランプやヘッドライト、ウインカーなどが点かなくなることは減っている。それでも電球を使...

続きを読む...

意味もわからず点灯している? 常時フォグランプ&リヤフォグONの迷惑車多し

ランプの種類によっては周りを幻惑させることも  ルール上は、フォグランプを点けて走行することは禁止されていない。むしろヘッドライトだけでは光量が足りないと感じる状況においては補助灯として活用することが安全につながる。だか…

続きを読む...

オプションのフォグランプは装着したほうがいい?

天候の悪いときに乗る可能性があるなら装着しておきたい  自動車のオプションパーツはさまざまな種類が存在するのはご存じのとおり。もちろん、どんなオプションがあるのかは車種によっても異なるが、ほとんどのクルマに設定されている…

続きを読む...

気がつきにくいが周囲は危険! クルマのライト類の球切れを確認する方法

ドライブ中でも反射を利用して確認する  セルフのガソリンスタンドが普及した影響もあって、このところヘッドライトやブレーキランプ、テールランプなどの電球が片側だけ切れているクルマをよく見かける。ドライバー自身ではなかなか気…

続きを読む...

【意外と知らない】ウインカーの点滅速度は決まっている?

保安基準で時間当たりの点滅回数が決まっている  クルマが周囲とコミュニケーションする最大の手段といえるのがウインカー。交差点で曲がる方向を示したり、車線変更の意思を表示したりと、その活用はスムースで安全な交通社会に欠かせ…

続きを読む...

2020年から義務化のオートライトが点灯するタイミング「1000ルクス」とはどんな明るさ?

室内で細かい作業を行うのに最適とされる明るさ  今、色々な部分を自動車の世界では世界基準に統一する流れが加速しています。その一環として、オートライト(前照灯の自動点灯)機能の標準装備化が決まっています。実施されるのは20...

続きを読む...

【噂の真相】バックフォグの後付けが禁止って本当?

6つの項目を満たすと装着可能  濃霧など悪天候の際に自車の位置を後続車に知らせるための補助灯のひとつであるバックフォグランプ。正しく使用すれば、荒天時の被視認性を高め、安全性向上に役立つが、日本では天気がいいにもかかわら…

続きを読む...

日本では積極的でなかったクルマの「昼間走行灯」が近頃増加中

アウディの全車DRL標準装備化で装着が加速するだろう  昼間走行時に自車の存在をアピールするためのデイライトは、ずいぶん前からタクシーなどを中心に装備されていたが、保安基準をクリアするためには「その他灯火類」として300...

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング