「タグ: レア」の記事一覧

レアに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

「ジェミネット」に「ロードペーサー」って何もの? 真のクルマニアしか知らない国産車6選+α

「50台限定」の環境仕様車も!  日本車の歴史は浅いとはいえ、独立独歩してから数えても60年ぐらいは経っている。またメーカーの数も世界に類を見ないほど多く、けっこうな数のモデルが登場している。そのなかにはヒットしたものも...

続きを読む...

みんな口を揃えて「いいクルマ」! なのにナゼか「街で見かけない」国産車6選

話題性とともに盛り上がりを見せるモデルも存在するが……  2021年、トヨタ・ヤリス、ライズ、アルファード、ホンダ・フィット、スズキ・ハスラーなど、街中で、郊外で、見かけない日はないぐらい売れている車種と対照的に、素晴ら...

続きを読む...

そんなのあった? クルマ好きでも「忘れがち」な「レア度満点」の国産オープンカーたち

排出ガス対策をクリアするとオープンカーが再注目された  かつては、何車種か作られていたのに、最近あまり見かけなくなったモデルにオープンカーがある。屋根のない、文字どおりオープンエアモータリングを満喫できるオープンカーだが…

続きを読む...

100年の間には冒険したクルマも! 「名車」だらけのスズキが生んだ「迷車」6台

手の届く名車を数多く生み出してきたスズキ  スズキは今年3月で創立100周年を迎えた。スズキの目の付けどころやひらめきは素晴らしいものがあるだけにジムニー、初代アルト、初代エスクード、カプチーノ、ワゴンR、スイフトスポー...

続きを読む...

他社が採用しないのはメリットがないから? それともマネできない? 唯一無二の個性派エンジンとその搭載車3選

ブランドや搭載モデルのアイデンティティになっている!  現在のクルマは電動化を避けられない状況になっているが、これまでエンジンがクルマのキャラクターを生み出してきたことは否定できない。とくに独創的でユニークなエンジンは、…

続きを読む...

もしも恋い焦がれた激レア中古車に遭遇したら……程度を気にせず入手すべきか?

一旦冷静になり現実的に考えることが重要  もう新車で購入することができない古いモデルの場合、当然ながら中古車で探すという方法しか存在しない。しかし、中古車というのは千差万別で、同じ年式、同じ走行距離であっても、過去のオー…

続きを読む...

すでに完売したGT-Rのモデルカーを数量限定販売! R’s Meetingは京商ブースへ急げ!

店頭在庫ゼロの貴重なモデルが購入できる最後のチャンス! 2006年からスタートしている世界最大規模のGT-Rのイベント「R’sミーティング」が、今年も9月9日(日)に静岡県・富士スピードウェイで行われる。ホビ...

続きを読む...

富士の裾野に跳ね馬が集結! 激レアモデルも疾走したフェラーリ・レーシングデイズが今年も開催!

普段見られないマシンが富士スピードウェイを全開走行 クルマ好きなら誰もが一度は憧れるであろう、イタリアが誇る名車フェラーリ。そのイベント「フェラーリ・レーシング・デイズ」が6月30日〜7月1日の2日間、静岡県・富士スピー...

続きを読む...

普通の国産実用車なのに目立ちまくり! 販売不振だからこそ個性を主張できるクルマ3選

隠れキャラ的な存在だけに近所とカブらないこと間違いなし!  どうしても他人と同じは許せない、個性を主張したいと思っている人も多いだろう。それはクルマにも言えることで、それを突き詰めていくとマイナーな旧車だったり、日本では…

続きを読む...

祝50周年! わずか70台しか生産されなかった希少なランボルギーニがレストアで復活

4座V12エンジンを搭載した「エスパーダ」は完成間近 ここ数年クラシックカー部門に力を入れている自動車メーカーが多い。その代表的な例として挙げるならば、フェラーリやポルシェ、ジャガーはもちろん、今回紹介するランボルギーニ...

続きを読む...

アストンマーティン最強のヴァルキリーが日本初公開! 150台限定約3億7千万円は完売

公道を走れるレーシングマシンのような作り アストンマーティンは、かねてよりレッドブルレーシングとコラボレーションをしていたコンセプトカーを2017年10月4日に東京・表参道で初公開した。「AM-RB 001」と言われてい...

続きを読む...

デイリーランキング