もしも恋い焦がれた激レア中古車に遭遇したら……程度を気にせず入手すべきか? (1/2ページ)

もしも恋い焦がれた激レア中古車に遭遇したら……程度を気にせず入手すべきか?

一旦冷静になり現実的に考えることが重要

 もう新車で購入することができない古いモデルの場合、当然ながら中古車で探すという方法しか存在しない。しかし、中古車というのは千差万別で、同じ年式、同じ走行距離であっても、過去のオーナーの乗り方や整備、保管状況によって程度が大きく変わるというのはすでに皆さんもご存じのとおりだろう。

【関連記事】【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

中古車画像はこちら

 できれば程度のよい個体を購入したいというのは誰しもが思うところだが、探していた車両が限定車だったり、新車時に不人気で市場にタマ数がなかったりと激レアモデルだったときはそうも言っていられない。その個体を逃したら次に出会えるのはいつになるのか……。そういったときに程度が悪い個体でも購入するべきかどうかを、経験則も含めて解説していこう。

中古車画像はこちら

 まず、一旦落ち着いて本当に欲しいのかを自分に問いかけよう。ただ単にレアなモデルだから、他の人と被らないからと安易に決めていないかをよく考えるのだ。たとえ乗らないとしても、自宅の庭に置いておけるような環境がない限りは、保管場所を借りて置いておくだけでもお金がかかるもの。そこまでの費用を払ってでも手元に置いておきたいのかどうかをもう一度よく考えてみよう。

中古車画像はこちら

 もしかしたら程度が悪すぎて路上復帰できないほどかもしれないし、莫大な費用が必要となる可能性もある(逆にあっけなく復帰できるかもしれないが)。限定車であれば、それだけに付加価値が付き、とんでもない価格になっているかもしれない。それでも後悔しない覚悟があれば購入してもいいだろう。

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報