「タグ: レジェンド」の記事一覧

レジェンドに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

レーシングドライバーがレジェンドの「手放し」「よそ見」自動運転を体験! 賞賛ポイントとホンダへの提言

50km/hを下回ったときのレベル3状態への以降はスムース  SIP-adus自動運転実証実験プロジェクト試乗会が東京のお台場地区で開催され、その会場を発着点としてレベル3の自動運転を可能とした「ホンダセンシングエリート...

続きを読む...

スバル&日産でも簡単には追随できない! ホンダが達成した「自動運転レベル3」の圧倒的な凄さ

キーとなるセンシング技術はLiDARと呼ばれるセンサーだ  2021年3月は自動車史に残る偉業が達成された。それはホンダから「レジェンド・ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite」の発売が始まったからだ。...

続きを読む...

なぜ100台限定? なぜリース販売のみ? 「手放し」&「よそ見」運転可能な「レジェンド」の謎

革新的な技術だが利用できる範囲はまだ限定的  ホンダが世界で初めて自動運転レベル3相当の自動運行装置の型式指定を取得したというニュースが流れたのが2020年11月のこと。そして2021年3月、高速道路渋滞時など一定の条件...

続きを読む...

ついに登場! 自動運転が可能なレベル3のホンダ・レジェンドが100台限定発売

ひと目で先進技術を搭載しているとわかる演出も  ホンダは、自動運転レベル3相当の技術を採用した「Honda SENSING Elite」を搭載する新型レジェンドを3月5日に発売した。100台の限定生産で、1100万円(税...

続きを読む...

命を守る安全装備なのにナゼ? 後席の「エアバッグ」が普及しないワケ

確実に作動させるためには条件が厳しい  衝突安全機能として、エアバッグは70年代に米国で実用化が図られた。当初はモニター調査用やオプション装備としての扱いであった。背景にあったのは、シートベルトの着用が面倒であったり、快...

続きを読む...

無限のホンダ・レジェンド用20インチアルミホイールに新色「フラットブラック」を追加設定

レジェンド専用サイズで足もとを引き締める!  無限は、ラグジュアリーセダンであるホンダ・レジェンド用カスタマイズアイテムとしてラインアップしている20インチ鍛造アルミホイール「MFL」に、新色となるフラットブラックを追加...

続きを読む...

夢の高級車が100万円台の衝撃! 驚くべき「価格下落」の中古ハイエンドカー3台

新車価格よりもかなり割安な価格で中古モデルが手に入る!  われわれ庶民からしてみると新車で購入するのは夢のまた夢ともいえる超高級なハイエンドモデル。しかし、登場から年数が経ち、新型が登場して旧型になってくると中古車の価格…

続きを読む...

「一発屋王国」なんて言われるホンダにも「長寿車」はある! 息の長いモデルTOP5

ホンダの屋台骨を支えたモデルは今でも現役だ  よくいえば伝統より革新、どちらかというと新しいもの好きなイメージがあるホンダには、スカイラインやクラウンのように、50年以上同じ車名で作られているクルマはなく、どちらかという...

続きを読む...

引退後は何をしている? レーシングドライバーが語る往年の「スター」達の「いま」と大切な「役割」

創成期に活躍したレジェンドドライバーはいま80歳前後に  日本のモータースポーツの歴史はどれほどだろうか。ウィキペディアなどで調べてみると、1922年に「第一回日本自動車レース」なるものが開催されたと書かれている。193...

続きを読む...

【他人と被るなんてまっぴら御免!】なかなか選ばれないインパクト抜群のボディカラーをもつ現行車種4選

見た目のインパクトだけでなく優れた機能をもつ塗装色も!  ボディカラーというのは自らの個性を発揮することができる部分。昔は下取り価格が下がるから白、黒、シルバーという無難な色がいい、と言われた時期もあった。だが最近では残…

続きを読む...

閉め忘れもなくなるのになぜ? 給油キャップレス車が日本車に普及しないワケ

商品力につながる差別化とまではいかないのが理由のひとつ  クルマに給油するときの作業といえば、フューエルリッドを開けて、キャップを外して、給油ノズルを刺してレバーを引く……といったものだが、いちいちキャップを外すのは面倒...

続きを読む...

それでも新車を選ぶ? 中古で買うとお買い得っぷりがハンパない現行国産車4選

ファミリー御用達の大型ミニバンだって中古ならお得!  中古車の魅力といえば、やはり一番はその価格だろう。どうしても新車でないとダメという人でなければ、最初のオーナーがたった数千キロ走らせただけの車両であっても新車よりもか…

続きを読む...

ニッポンの技術は地味にスゴイ! 意外と知らない「世界初の国産技術」と搭載車5選

今では当たり前の技術もじつは日本初!  自動車というのはグローバルな産業だから、世界規模で技術革新を進め、各メーカーしのぎを削っている。当然日本メーカーが世界に先駆けた、日本発の世界初となる技術も多い。  おなじみのとこ.…

続きを読む...

登録車の280馬力規制は撤廃されたのになぜ軽自動車には64馬力規制があるのか

環境性能が重視される今となっては自主規制が好都合に  かつて登録車(普通車)には280馬力規制があり、日産フェアレディZやスカイラインGT-R、トヨタ・スープラ、ホンダNSX、マツダRX-7など名立たるスポーツカーは、い...

続きを読む...

前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

街中で見かけないほど売れていないクルマも  マイナーチェンジってのは、なかなか難しい。もちろん「ちょっと変わったな~」くらいにしておけば無難なのだが、可能な限り大幅に変更して一発勝負に出る場合もある。  ところがマイチェ.…

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング