「タグ: 事故」の記事一覧

事故に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

なぜ2倍も違う? MT車よりAT車のほうが「事故率」が高いワケ

この記事をまとめると ■AT車よりMT車のほうが事故率が低いと言われることがある ■ペダル操作のラクさが諸刃の剣となっている可能性がある ■考えられる理由について詳しく解説する ペダル操作のラクさが諸刃の剣となっている可...

続きを読む...

高速道路上での駐停車は恐ろしいほど危険だった! 万が一停まらざるを得ないことが起こったときはどうする?

この記事をまとめると ■高速道路上での駐車・停車は、道路交通法で禁止されている ■理由は重大事故、死亡事故につながりやすいため ■リスクや万が一の際の対処法を解説する 高速上での駐車・停車は道交法で禁止されている  多く...

続きを読む...

事故ったあとに「走れても」自走NGな場合も! レッカーを呼ぶかどうかの判断基準とは

この記事をまとめると ■クルマで事故に遭ってしまった場合、さまざまな対処が必要になる ■迷いやすいのが事故車を移動させるかどうか ■走行ができるケース、できないケースについて解説する 部品の脱落は危険行為に当たる  事故...

続きを読む...

問題になっている大型車のホイール脱落事故! 乗用車も「ひとごと」ではなかった

この記事をまとめると ■大型車の左後輪の脱落事故が最近問題になっている ■冬タイヤへの交換が行われる11〜2月ごろが多い ■乗用車でも起こりうるために原因と対策を伝える 左後輪は日本の道路事情だと負荷がかかりやすい  最...

続きを読む...

「発煙筒」ではなく「発炎筒」が正式! 有効期限切れは車検でNGな「赤い筒」の中身

この記事をまとめると ■助手席の足もとによくある”赤い筒”の正体と解説 ■発炎筒については保安基準が定められているほか、有効期限もある ■1度燃やすともう使えないが、最近では電池式のモノも存在する 事故や故障時に頼りにな...

続きを読む...

ガードレールや標識への「当て逃げ」は立派な違反! 自爆事故の「届け出先」と実際の「修理費用」とは

この記事をまとめると ■事故によってガードレールや標識などの道路施設を破損してしまうことがある ■その場合、当て逃げは絶対にNG ■連絡の手順や修理にかかる費用について解説する 当て逃げは絶対にNG! 新たな事故の原因に...

続きを読む...

警察か消防か保険会社か? 覚えておくべき「交通事故直後」の連絡の順番とは

この記事をまとめると ■交通事故が起きてしまった場合、さまざまな事後処理が必要となる ■しかし直後はパニックになりがち ■万が一に備えて連絡すべき順番を確認する まずは負傷者の救護を!  交通事故が起きてしまった場合、あ...

続きを読む...

レーシングドライバーが最高に安全なクルマは「スポーツカー」と語るワケ

この記事をまとめると ■クルマの安全性にはアクティブセーフティとパッシブセーフティという考え方がある ■パッシブセーフティは衝突時の安全性でクルマが衝突したときの被害を軽減する能力をいう ■アクティブセーフティは危険回避...

続きを読む...

クルマが汚いと「危険」が増す! 洗車や車内清掃が「事故率」減少に有効なワケ

この記事をまとめると ■汚いクルマはきれいなクルマと比べて事故に遭いやすい ■ドアパンチや当て逃げをされる可能性も高くなる ■クルマを汚いままにしておくことによるリスクを解説する 汚いクルマは事故に遭うリスクが高まる  ...

続きを読む...

等級は引き継がれる? 正解のタイミングは? 自動車保険会社の「乗り換え」は損か否か

この記事をまとめると ■自動車保険は維持費のなかでも大きなウエイトを占める ■条件を見直し、保険会社の乗り換えを検討することもあるだろう ■損をしない乗り換え方や判断基準について解説する 原則として等級はそのまま引き継が...

続きを読む...

当事者はパニクっている可能性大! 義務ではないが「事故の目撃者」がとりたい行動5つ

この記事をまとめると ■クルマを運転していると交通事故を目にすることがある ■法律的に義務はないが、目撃者にもできることがある ■この記事では5つを挙げ、詳しく解説する 当事者がパニックになっている場合は助けてあげると良...

続きを読む...

見物は言語道断! 破片は樹脂であっても避けたい! 他車の事故に遭遇したときに「やってはいけない」こととは

この記事をまとめると ■事故に遭遇した際、スムースな運転や危険回避が必要になる ■車線が規制されている時はいつもより余裕を持った合流を ■クルマの破片が散乱している場合は可能な限り避けたい ガラスや樹脂の破片がタイヤに刺...

続きを読む...

高速の「事故原因」の定番「速度超過」はじつはわずか! もっと注意すべき「違反」とは

「速度超過によるハンドル操作の誤り」と報道されるが……  テレビニュースにおける交通事故報道で、アナウンサーがひんぱんに口にする「警察によりますと、事故はワゴン車の運転手がスピードの出しすぎによりハンドル操作を誤ったこと...

続きを読む...

当てはまっていたら危ない! 「自動車事故」を起こしやすい人の特徴とは

事故を起こしやすいドライバーの特性は4つある  誰もが避けたい交通事故。しかし、なかには何度も事故を起こす、交通事故多発者が少なからずいる。これは運不運の問題ではなく、ドライバーに原因がある場合が多い。  ではどういう人.…

続きを読む...

追突された側にも「過失」が認められることもアリ! 追突事故で「10対0」にならないケース5つ

急ブレーキによって起きた追突事故では10対0にならないことも  内閣府の資料によると、平成30年中の交通事故の事故類型別では、 追突事故が34.7%(14万9561件)と最も多い。  こうした追突事故を起こしてしまった場...

続きを読む...

デイリーランキング