「タグ: 事故」の記事一覧

事故に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

今シーズン目立つ大雪での「立ち往生トラブル」! 自動車保険が助けになるケースも

大雪で立ち往生したときに役立つ特約が存在する  大雪を原因とした、2020年12月の関越道における立ち往生や2021年1月に起きた北陸道での立ち往生は記憶に新しいところ。そうした状況に陥ってしまった場合、任意保険に特約を...

続きを読む...

「方向感覚」さえ狂わせる恐怖の「ホワイトアウト」! その実態と走行中の対処法とは

記録的大雪で大規模事故につながったケースも  ここ数年の豪雪で話題になるのが、ホワイトアウト。2020年から2021年にかけての冬も各地で発生し、東北自動車道で起こった140台もの玉突き事故ではホワイトアウトで先頭車両が...

続きを読む...

身を守るハズの映像がトラブルの原因に! レーシングドライバーが「ドラレコ」に期待する進化とは

潔白を証明するどころか自分に不利な証拠となる可能性も……  煽り運転による危険運転行為が引き起こした悲惨な事故が全国的に報じられて以後、ドライブレコーダーに注目が集まり、その重要性が見直されている。もともとは防犯目的で駐...

続きを読む...

なぜ「安全」といえばメルセデス・ベンツなのか? 「神話」が誕生した理由とは

メルセデス・ベンツは約80年前に安全への取り組みをはじめていた  メルセデス・ベンツは、1939年に安全の取り組みをはじめている。日本では、その3年前の1936年に、トヨタ自動車がAA型と呼ばれる最初の乗用車をつくった時...

続きを読む...

ぶつかっていなくても事故は成立する! いま急増中の「非接触当たり屋」に要注意

たとえぶつかっていなくても事故扱いになる!?  ふらりと現れた歩行者が、みずからクルマに接触してきたと思ったら大げさに倒れる。そんなステレオタイプの「当たり屋」もかつては多く実在していた。しかしドラレコの普及によって証拠...

続きを読む...

コロナ禍でも品質向上に努めた! 損保ジャパンが「J.D.パワー2020年自動車保険事故対応満足度調査」で1位を受賞

受付体制や対応担当者、代車サービスなどで最高評価を獲得  事故の当事者になってしまったとき、心細く不安に感じる人も多いだろう。そんな不安を払拭するのが自動車保険。数多くある自動車保険会社からどの保険を選ぶか決める際にポイ…

続きを読む...

知られざるニーズがあった! 高級車なのに「簡素」な廉価グレードが用意されるワケ

廉価グレードがあることで上級グレードが売れるという法則  日産のフラッグシップサルーン「フーガ」には、電動チルト&テレスコピック機能などの装備を簡略化した「Aパッケージ」なる隠れグレードが用意されている。また、キング・オ.…

続きを読む...

ドライバーの技量や意識じゃ対策不可! 「後方の衝突」に対する「安全装備」はなぜ少ない?

衝突安全と予防安全のふたつに分けられる  いわゆる自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)がほとんどの新車で標準装備される時代。クルマの安全対策は、前方向ばかりで、後方からの衝突に対しては不十分なのでは? そんな疑問を持つユ…

続きを読む...

運転中の「心の乱れ」は事故の危険大! ありがちな7つのシチュエーションと平静を取り戻す対策

運転中に焦っていると注意が散漫になりがち  よく「言葉の乱れは心の乱れ」「部屋の掃除は心の掃除」などといわれますが、運転もまた、心が乱れていると荒れてしまうものではないでしょうか。いつもとちょっと違う心の状態のときに、毎…

続きを読む...

自動車保険のCMで聞く「事故対応力」ってなに?

初動対応のタイミングは保険会社によって異なる  自動車保険のCMを見ていると、「自己満足」ではなく、「事故対応満足度」とともに、「事故対応力」というフレーズをよく耳にする。この「事故対応力」とは具体的にどんなことを指して...

続きを読む...

クルマをぶつけて修理に持ち込むならどこが正解? 4つの修理場所のメリット・デメリットを紹介

それぞれにメリット・デメリットがある!  あんまり考えたくはないのだが、クルマをぶつけたり傷つけたりした場合、どこに修理を依頼すればいいのか。選択肢は、およそ4パターンある。 1.ディーラー 2.大手カー用品店 3.鈑金...

続きを読む...

同乗者とて安全の責務がある! クルマの事故時に「同乗者」へ「責任」が及ぶケースとは

危険運転を止めようとしない場合は同乗者に責任が及ぶことも!  交通事故が起きてしまったとき、加害者側のクルマの助手席に同乗していた場合、同乗者にも責任が生じるケースがいくつかある。  たとえば、運転者がお酒を飲んでいるの.…

続きを読む...

有名人の事故で話題になったUターンからの轢き逃げ! じつは多い「右直事故」が起こる要因とは

右折時の事故は年間2万5000件起きている!  最近世間を騒がせたのが、某若手俳優による事故。信号無視などとともに大罪となるひき逃げを起こしたことで、大事になった。本来、どんな些細な事故でも救護義務(手当だけでなく、通報...

続きを読む...

違反をしなければ安全は幻想! レーシングドライバーがサーキットより「恐ろしい」と語る「公道運転」で注意していること4つ

常に前車の2〜3台前の車両の走行状況まで気にかける  僕の運転免許も今年ようやく「ゴールド」となった。前回の更新時も5年以上無事故無違反でゴールド対象となるところだったが、更新のひと月前に交通違反で検挙されてしまい、残念...

続きを読む...

補修が高い! 色褪せしやすい! リセールが安い! ボディカラーのあれこれ8選

やはり紫外線は人の肌同様に塗装にも悪影響がある  ボディカラーというのは、クルマやそのオーナーの個性を表現する重要なポイントだ。もちろん自由に好みで選べばいいのだが、美しさを長持ちさせるには、色によって特性というか気をつ…

続きを読む...

1 / 712345...»

デイリーランキング