「タグ: 工場」の記事一覧

工場に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

風洞も戦略室もエンジンベンチも全部見た! ホンダの「モータースポーツ」を生む超最先端極秘施設「HRC Sakura」に潜入

この記事をまとめると ■ホンダのレース分野を担う「HRC」の研究施設に潜入 ■世界初の設備などが投入されておりレース現場を最先端技術で支えている ■レースで得た技術を市販車の領域でも展開していくのが目標のひとつだ 部外者...

続きを読む...

このままだとクルマが直せなくなる! 街の修理工場にいたってはもはや絶望的な「整備士」不足の現状

この記事をまとめると ■自動車の整備士不足が叫ばれて久しい ■しかしディーラーなどではメカニックが働いている ■整備士人口の現状について解説する 街の修理工場の人手不足は深刻  整備士不足が叫ばれて久しい。これは整備士に...

続きを読む...

ルノー4CV・オースチンA40・VWサンタナを日本で生産!? メーカーにとって諸刃の剣だった「ノックダウン生産」とは

この記事をまとめると ■ノックダウン生産という生産方式を解説 ■効率よく生産体制を整えてノウハウを吸収することが可能だった ■ノックダウン生産で得たノウハウがメーカーのその後の運命を左右する場合もある 「ノックダウン生産...

続きを読む...

「VW工場製のカイエンはポルシェの走りじゃない」の噂の真相とは! 製造工場でクルマの走りは変わるのか?

この記事をまとめると ■ポルシェ・カイエンがVWの工場で作られるようになったりと製造元が変わることがある ■工場により出来が左右されるという声も上がるが現代ではそのような事象は考えにくい ■自動化が進む自動車製造において...

続きを読む...

「祝日がない」のに「文句」は出ない! よく耳にする「トヨタカレンダー」って何?

この記事をまとめると ■トヨタは週休二日制をと繰り返し祝日は長期休暇に振り替える ■これをトヨタカレンダーと呼ぶ ■関連・周辺企業もトヨタカレンダーに合わせるケースが多い 工業製品を効率よく作るには効果的  2021年は...

続きを読む...

ファンなら住みたい! スバル町にダイハツ町など「自動車メーカー名」が付けられた4つの地名

この記事をまとめると ■日本には自動車のメーカー名が町名になっている町がある ■ダイハツ町は居住者4名、トヨタ町は居住者797人、スバル町は居住者0名 ■バイクメーカーのカワサキに由来する川崎町は全国に4ヵ所存在 メーカ...

続きを読む...

なんと150万円以上の値下げも! テスラモデル3の「激安化」と国産メーカーへの「不安」

工場からの輸送コストを抑えることで値下げを実現した  米国テスラ社のモデル3は、同社が目指すEV普及のための戦略車だ。その販売価格が、今年になって大幅に値下げされた。標準車となるスタンダードレンジプラスが82万円、ロング...

続きを読む...

何が起こった? クルマの納期遅れを発生させた「半導体不足」とは

この記事をまとめると ◼︎コロナ渦や工場火災、自然災害などの影響により半導体が世界中で不足している ◼︎半導体不足はクルマだけでなく、電子機器業界全体の問題になっている ◼︎業界の予想とは裏腹にクルマやパソコンなどが売れ...

続きを読む...

3〜400万円のクルマに載るシロモノじゃない! 量産だけど高精度なGRヤリスの「エンジン」の生産に迫る

高精度でも量産……この難題をクリアするための下山工場  GRヤリスの心臓部は専用開発となる直列3気筒ターボの「G16E-GTS」だ。ボア87.5×ストローク89.7mmで排気量1618cc、圧縮比10.5、最高出力272...

続きを読む...

レーシングドライバーでも目隠しされたらわからない製品精度! GRヤリス「生産の秘密」とは

ラインオフ式には豊田章男社長も登場  今年1月の東京オートサロン2020で世界初公開されてから約8か月、9月4日に正式発売された「GRヤリス」。スバルとの共同開発された「86」、BMWと共同開発された「GRスープラ」に続...

続きを読む...

「縁の下」から「ステージ上」へ! いまクルマの世界で突如「生産技術」が脚光を浴びるワケ

実際に形にするための技術も大幅に進化している  最近、各自動車メーカーでインタビューをするとよく出てくるのが、生産技術という言葉。もともと新車系のインタビューといえば、責任者やメカニズムの開発者、デザイナーあたりにするの…

続きを読む...

日産と共同開発の新型軽EVを生産予定! 三菱自動車が水島製作所に約80億円の設備投資決定

世界初の量産電気自動車を生産する工場が進化する!  三菱自動車は、岡山県倉敷市の水島製作所において新型軽EVを生産するべく、約80億円規模の設備投資を開始すると発表した。  新型軽EVは、アライアンスを組んでいる日産自動...

続きを読む...

国産メーカーのクルマなのに「輸入車」! 国内にも多くの工場があるのにあえて海外生産する理由とは

国産ブランドの輸入車はほとんどが乗用車!  JAIA(日本自動車輸入組合)の発表している統計情報を見ていると、国産ブランドが意外に多くの台数を輸入していることがわかる。2019年度上半期(4月~9月)の輸入車総計は17万...

続きを読む...

同じクルマなのに調子が違う! 自動車の「アタリ」「ハズレ」は今でも存在するのか?

大量生産品ゆえに品質のバラつきが出ても当たり前!?  同じ車種でも確かにすごく調子がいいクルマもあれば、今ひとつで手間がかかるクルマもあったりする。自動車メーカーが設計して管理されたラインで生産されるので、アタリやハズレ...

続きを読む...

赤バッチに黄色信号!? ホンダ・イギリス工場の閉鎖でタイプR存続の危機

タイプRの存続はシビックの電動化がカギとなるか  2019年2月19日、ホンダの八郷 隆弘代表取締役社長が緊急記者会見を開き、運営体制の変更や、イギリスとトルコにおける完成車生産の休止について発表した。イギリスではシビッ...

続きを読む...

デイリーランキング