「タグ: 教習所」の記事一覧

教習所に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

子供が免許を取る代になって唖然! 昔に比べて自動車教習費用が格段に上がったワケ

教習が「二段階制」になったことで教習時間が伸びた  3月4月は、高校を卒業した若者たちが、自動車教習所に通い出す時期でもある。さてどこの教習所に通おうかと調べてみると、教習所の入校から卒業までの費用を見てちょっとビックリ...

続きを読む...

挑戦に「遅すぎる」ことはある? 運転免許は「何歳」までに取得しておくべきか

70歳になるまでに免許を取っておいた方がいい 「人間、志を立てるのに遅すぎることはない」、「始めるということを忘れなければいつまでも若くある」、「なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない」といった名言があるが、...

続きを読む...

14歳での公道デビューも! 日本じゃ考えられないアメリカの「運転免許」取得事情

中学生から公道で運転できる地域も存在!  アメリカの映画やテレビ番組で、高校生が自家用車通学しているシーンを見かけることは珍しくない。  裕福な家庭の子どもは「ビーマー(BMWに対する俗称)」が定番。一般的な家庭の子ども...

続きを読む...

教習所だけで公道デビューは危険だが教えるには限界も! 公道で本当に使えることを学ぶためにはどうすべきか?

教習所のカリキュラムは実践的ではない項目も……  本来ならこの季節、春休みを利用して運転免許を取得し初めての街へ走り出すビギナードライバーが多かったのではないだろうか。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響で外出が自粛さ...

続きを読む...

【公道では誰もやらない!】なぜ教習所では踏切横断の際「クルマの窓を開ける」と教えるのか

道路交通法では義務付けられていない  世の中の「学校」で、自動車学校ほど有用な技術や法規の知識を教えてくれるところはなかなかないと思うが、そんな自動車学校=教習所で教わったことのなかで、卒業するとすっかり忘れ去られる教え…

続きを読む...

【不適正でも免許は取れる……】教習所で最初に行う運転適性検査にはどんな意味があるのか?

注意すべき点が可視化されるのはプラス  自動車教習所や自動車学校(以下、教習所)に入校すると、最初に運転適性検査を受けることを覚えているでしょうか。運転免許を取得することを制限するものではありませんが、文字どおり適性につ…

続きを読む...

公道で実際に役立つものを! 自動車教習所の指導項目に加えるべきメニューとは

フル加速とフルブレーキの体験は不可欠  日本の教習所で普通自動車の免許をとろうと思うと、実技で31時間、学科で26時間、費用も30万円以上(いずれもAT限定)と、時間もコストもべらぼうにかかる。アメリカなどでは、簡単なペ...

続きを読む...

この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

緊急回避に役立つテクも教えるべき  ほとんどの人が免許を取ったときにお世話になった自動車教習所。免許取得のための有益な技術と知識を教えてもらったにもかかわらず、自動車学校を母校と呼ぶ人はいない……。  実際、世のなかの学...

続きを読む...

これぞホントの「Be a driver」!? 最近の教習車にマツダが多いワケ

かつて教習車は5ナンバーサイズの四角いセダンが主流だった  自動車免許を取得するときに多くの人がお世話になったであろう教習車。免許を取得した時代や地域によっても車種はさまざまで、教習車が何だったかという話題は意外と盛り上.…

続きを読む...

「AT」と「MT」免許の取得費用はどれだけ違う?

学科についてはATもMTも差はなく実技に違いがある  普通四輪の運転免許を取得するには自動車免許試験場で受けるパターン(いわゆる「一発試験」)と指定自動車教習所で決められた教習プログラムや検定をクリアして、その後に自動車...

続きを読む...

デイリーランキング