「タグ: 査定」の記事一覧

査定に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

いまは「ボロ車」でも「解体扱い」はほぼナシ! 下取り時は「リサイクル預託金」をカモられないように要注意

いまは基本的にどんなクルマでも下取りが行われる  大昔は下取り査定において、「大変申し訳ありませんが、再販価値はないので」などとセールスマンが言ってきて、5万円といった明らかな値引き支援みたいな査定額らしきものが計上され.…

続きを読む...

補修が高い! 色褪せしやすい! リセールが安い! ボディカラーのあれこれ8選

やはり紫外線は人の肌同様に塗装にも悪影響がある  ボディカラーというのは、クルマやそのオーナーの個性を表現する重要なポイントだ。もちろん自由に好みで選べばいいのだが、美しさを長持ちさせるには、色によって特性というか気をつ…

続きを読む...

この費用カットできない? 新車を買うときの「下取り車諸手続代行費用」と「下取り車査定料」って何

似たような名称だが厳密には用途が異なる  新車を購入するときには、さまざまな販売諸費用が注文書に計上される。そのなかで、下取り車がある場合に計上されるものに、「下取り車諸手続代行費用」と「下取り車査定料」がある。下取り車…

続きを読む...

中古車買取&販売のガリバーが手軽に愛車の価値がわかる新サービス「ガリバードライブスルー査定」をスタート

気軽に価値を知りたい人にはもってこいのサービス  中古車の買取実績でNo.1(※)となっているガリバーは、新たにクルマから降りずに愛車の査定が行えるドライブスルー形式の非対面査定サービス「ガリバー ドライブするー査定」を...

続きを読む...

臭いやセルフ補修にも注意! クルマ売却時に査定に響く意外なポイントとは

臭いの感じ方は人それぞれであるため難しい  愛車を手放すときは、少しでも高く売りたいと思うのは当然のこと。同じ年式の同じ車種でも、事故歴の有無や走行距離など、車両の状態によって買い取り価格が変動するのはご存じのとおりだ。…

続きを読む...

【10年乗るのは得or損?】新車への乗り換えは何年サイクルがお得なのか

下取り価格を考えると5年程度ならまだ価値が高い  クルマ好きにとって、クルマに乗ることはそもそも損得勘定ではない、とお叱りの声が聞こえてきそうではあるが、実際のところ1台のクルマに10年間乗り続けるのと定期的に乗り買えた...

続きを読む...

【高いお金をかけて改造したのにまさかのマイナス!】売却時に査定が下がるクルマの改造点や装備の有無6選

純正に戻せないものや戻すのに手間取るものは評価が落ちる  ディーラーで下取ってもらうにしても、買い取り店で買い取ってもらうにしても、査定というのは重要なものだ。査定とは、状態や程度を細かく確認してそのクルマの価値を決める…

続きを読む...

【S点やR点や4点って何だ?】中古車の通信簿「評価点」のもつ意味と決まり方

最高点は「S」! 基本的にそれ以外は6点〜1点で評価する  ひと昔前まではあまり一般的ではなかった中古車の「評価点」。しかし最近では一般ユーザーでも業者オークションに出ている車両を見られるサービスがあったり、中古車店側が...

続きを読む...

数年経つと大きな差に! 愛車を手放すときの査定額アップのために普段から気を付けること5つ

日常のちょっとした気遣いで差が付く!  クルマを手放すときはできるだけ高く売れたほうがいいに決まっている。買い替えの場合は資金に充てられるし、そうでなくても手元に入ってくるお金は多いほうがいい。下取りに出すにしても、買い…

続きを読む...

愛車の価値がすぐにわかる! 中古車販売・買取のガリバーが無料査定アプリ「ガリバーオート」を公開中

AIとプロの査定士によって車種カバー率はほぼ100%!  中古車の販売・買取を行うガリバーは、面倒な手続きなどなく、スマートフォンのアプリにて愛車の査定が簡単に行えるAI査定アプリ「Gulliver AUTO」をリリース...

続きを読む...

人気車が激安! マイナー車が高額? 知っておくべき中古車買い取り査定のツボ6つ

いくら人気でも市場に溢れていると査定額が下がることも  クルマを処分する際に「新車が売れている人気車だから高い査定を期待していたのにそうでもなかった」、「不人気車かと思ったのに、意外と高く査定してくれた」という正反対な結…

続きを読む...

色もグレードも一緒の同一車種! それでも店舗によって買い取りや下取り査定額に差が出るワケ

自社流通や直接海外へ輸出できる場合は査定額が上がりやすい  同一車種で、グレードやボディカラーなどの条件も等しいのに、売却する業者によって金額が変わることがある。また売却する時期、売却する地域によっても、金額が変わること…

続きを読む...

対策次第で査定額がアップ! 愛車を少しでも高く売るためにやるべきこととは

「今まで大切に乗ってきたアピール」が信用につながる  クルマを買い替えるにしろ、ただ手放すだけにしてもとりあえず高いことに越したことはない。「安くてもいいですよ」なんていう人はいないだろう。しかし、ディーラーで値引きのフ…

続きを読む...

「修復歴あり」の中古車をあえて選ぶメリットはあるのか?

修復の中身が正確に判断できない以上選ばないほうがいい  先日仕事でロサンゼルスを訪れていた時、あるオートモール(ディーラーが街の1カ所に集中して出店しているところ)のテレビコマーシャルが頻繁にオンエアされていた。  個人...

続きを読む...

売却不可どころか下取り時に処分費を請求される!? 価値が付かないクルマはあるのか?

海外への輸出などもあり価値ゼロのクルマは少なくなった  ユーザーが愛車を売ろうとした場合、売却の対象にならない価格の付かないクルマもある。たとえば初度登録(軽自動車は届け出)されてから13年を上まわり、自動車税や自動車重...

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング