「タグ: 燃費」の記事一覧

燃費に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

軽量化のためボディ外板に「樹脂」を使うクルマも多数! それでも「ボンネット」が金属製なワケ

この記事をまとめると ■重いものを動かすには大きな力が必要なため、クルマの軽量化は燃費・電費に大きく関わる ■軽量化に役立つ樹脂素材だが、これまでに車両のボンネットに採用されたことはない ■樹脂素材は耐熱性・耐候性・耐久...

続きを読む...

こんなに遅かった? ガソリン消費まで増えた? クルマが古くなると「元気」までなくなる理由とその対策

この記事をまとめると ■クルマは徐々にパワーが落ちてくる ■理由は各部の劣化・消耗の積み重ね ■燃費があからさまに落ちてくるということは少ない 徐々に元気がなくなってくるのはなぜ!?  このところクルマの寿命が延びている...

続きを読む...

パワーが上なのに燃費も上という例も! 排気量も気筒数も同じなのにクルマの燃費が異なる理由

この記事をまとめると ■似たようなスペックのエンジン同士で燃費が結構異なるケースがある ■パワーが出ていて燃費も良いエンジンは熱効率が良い証 ■まだまだガソリンエンジンには伸び代があると考えられる 似たようなクルマでも燃...

続きを読む...

気がつけば「クルマのリヤ」がスッキリ! 最近デザインを台無しにしていた「2つのステッカー」が消えたワケ

この記事をまとめると ■最近クルマのリヤウインドウに貼られていた燃費と排ガスのステッカーが消えた ■もともとデザインを害するとオーナーからは不評 ■なくなったワケではなく貼っても貼らなくてもいいという判断になった もはや...

続きを読む...

「アイドリングストップ」非搭載車がいま増加! 効果を考えれば不採用は「疑問」でしかない

この記事をまとめると ■いまだにアイドリングストップ機能を不採用のクルマやあえて使わない人もいる ■アイドリングストップ機能は消耗品が高価などのデメリットもある ■環境へのプラスの影響は確実なので筆者は採用すべきだと考え...

続きを読む...

かつて「0.1km/L」の差をアピールしたクルマの「燃費競争」! 最近目立たなくなった理由とは

この記事をまとめると ■かつては各車による熾烈な燃費競争が繰り広げられていた ■しかし最近、クルマの燃費性能があまり話題にならない ■この記事では、燃費競争が下火になった理由に迫る エコカー減税が燃費競争のきっかけのひと...

続きを読む...

クルマは不可能と思われていた領域を達成! 「限界値」を突破したイマドキの「超高効率エンジン」と燃費の進化

この記事をまとめると ◼︎EV化の流れが来ているが、まだまだガソリンエンジンも健闘している ◼︎WLTCモードでの表示へとなったことで、数値も変化している ◼︎ル・マンなどのレース現場直系の技術がフィードバックされている...

続きを読む...

やっぱり「速さ」は譲れない! 雰囲気だけじゃない「ハイパフォーマンス」な国産SUV6選+α

この記事をまとめると ■パフォーマンス・動力性能に優れる国産SUVもラインナップされている ■国産SUVハイパワーランキングの1位はトヨタ・ランドクルーザー ■これからハイパワーなSUVを手に入れるなら燃費にも優れる電動...

続きを読む...

レーシングドライバーが思わず「惜しい」! 最新車4台の「デキが良い」からこそ「気になる」ポイント

燃費や安全性への配慮が気になるモデルも!  前回、「備忘録その1」としてMAZDA3のAWDシステムの特徴について記した。今回はそれに続く第二弾としてリポートしておきたい。 1)マツダMAZDA3 SKYACTIV-Xの...

続きを読む...

マニア御用達のページじゃなかった! じつは使える自動車カタログの「諸元表」ページ

外見では判断できない部分もカタログから読み取ることができる  自動車のカタログを見ていると、多くのカタログで後ろのほうに記載されているのが「諸元表」と呼ばれるクルマのスペックを一覧にしたページだ(メーカーによっては別冊と…

続きを読む...

プジョー208&e-208が仕様変更! ガソリンエンジン車はWLTCモード燃費が向上

装備の仕様変更で魅力アップ  グループPSAジャパンは、プジョーブランドの人気コンパクトハッチバック「208」および「e-208」のグレード名変更や、ガソリンエンジンモデルのWLTCモード燃費値向上など、商品改良を行った...

続きを読む...

燃費がいいのに走りが楽しいって最高じゃないか! お得すぎる「一石二鳥クルマ」トップ10! 

市街地から山道まで楽しめる走りの良さが魅力!  2020年は日本車のヴィンテージイヤーと言われたほど、たくさんの魅力的なクルマが登場しました。既存車種も、マイナーチェンジなどでより磨きがかかったモデルが多く、注目を集めま...

続きを読む...

強大なトルクの「グイグイ感」はほかじゃ味わえない! 歴史に残る「ディーゼルエンジン」の名機3選

排気量は同程度でも大トルクを有するエンジンも存在する  ガソリンエンジンにはない低回転からあふれ出るトルク感や、軽油を燃料とすることでの経済性も相まって、一時期は時代の寵児ともなったディーゼルエンジン。  しかし、一部の.…

続きを読む...

燃費がウリのハイブリッド車にスポーツマフラー! 矛盾しそうなアイテムの効果とは?

燃費の向上につながるマフラーも存在する!  スポーツマフラーというのは、カスタムの定番アイテムで、車検対応であれば安心して楽しむことができる。ただ、気になるのは付けられる側、つまりクルマのほうで、ハイブリッドがどんどんと…

続きを読む...

「転がり抵抗」だけでの判断は危険! 低燃費タイヤの「真実」とは

低燃費タイヤには統一マークが表記されているが……  クルマの性能というのは、だいたいトレードオフの関係になっているものが多い。直進性にすぐれたクルマは曲がりにくいし、パワーがあれば燃費が悪い。居住性がよければ、大きく重た...

続きを読む...

デイリーランキング