「タグ: 珍車」の記事一覧

珍車に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

フェラーリやランボは買えても「入手不可」! 不人気がゆえの「超激レア」国産中古車3選

この記事をまとめると ■お金があっても手に入らない激レア中古国産車が存在する ■不人気がゆえに現存数が少ないことが理由 ■海外での評価は悪くなかったモデルもある 「欲しい!」と思ってもそうそう手に入らない激レアクルマとは...

続きを読む...

申し訳ないけど思い出せません! 偉大なカローラの名を冠しているのに「忘却の彼方」に追いやられた派生車3選

この記事をまとめると ■歴代カローラのなかから影に埋もれがちなカローラを紹介 ■トヨタよりカローラのほうが知名度が高い国もある ■意外と走りがアツいホットなモデルもある トヨタは知らなくてもカローラは知ってる人がいる程の...

続きを読む...

クルマ好きでも「そんなのあったっけ?」 名前も姿も思い出せないマイナーすぎる派生車4選

この記事をまとめると ■人気車種の派生モデルだからと言って売れるとは限らない ■この手のモデルはパッとせずに短命に終わったモデルが多い ■セールスはイマイチでもコンセプトはよかった 人気車種の名前を借りて登場するも撃沈し...

続きを読む...

これが皆が好きな「ホンダ」だ! 売れ行きは「イマイチ」だけど「チャレンジングスピリット」満点の珍車4台

この記事をまとめると ■ホンダはどのメーカーでもやらないようなことにチャレンジしている ■高い技術力を生かすも、販売期間が短く短命に終わりがちだ ■こだわりが強すぎるが故にコストが上がってしまい価格が高額になり売れない結...

続きを読む...

なんと「クラウン」に「KTM X-BOW」! S耐で走る「珍車」レースマシンたち

クラウンのレーシングマシンが活躍  全9クラスで争われるスーパー耐久シリーズは豊富な車種ラインアップを誇っており、ST-Xクラスに参戦するGT3、ST-ZクラスのGT4、ST-TCRクラスに参戦する国内外の国際規定モデル...

続きを読む...

ただでさえマニアなオープンカーでもさらに激レア! 「そんなのあったの?」級のクルマ4選

ある意味スペシャル中のスペシャルモデルを一挙解説!  オープンカーと聞くとS2000やロードスターといったスポーティなものや、メルセデスやBMWといった高級ブランドの優雅なものを思い浮かべる人が多いハズ。  しかし、過去...

続きを読む...

優等生だらけのいまでも「乗り手」を選ぶ「クセモノ」! 恋人になれればドハマリする「人見知り」系クルマ5選

てなずけるとドライブが楽しくなる! 魅惑のクルマが大集合 ひと昔前と比べると、今はどのクルマも完成度が高く、誰がどこでどんな風に乗っても、簡単に快適に乗れるように進化しています。それはとても素晴らしいことなのですが、ちょ…

続きを読む...

輸入車なのに黄色ナンバー! 超スパルタンオープン! 軽自動車史に燦然と輝く珍車4選

アンダー軽自動車サイズのコミューターが登場した  いまや新車販売の4割は軽自動車という時代。ホンダN-BOXのようなスーパーハイトワゴンが人気の中心だ。かつては660ccという排気量制限では十分に走らないという声もあった...

続きを読む...

名車か迷車かはたまた珍車か? 「ぶっ飛んだ発想」が生んだ「衝撃的見た目」のレーシングカー11選

ちょんまげウイングにセイウチノーズと個性的なマシンが多数存在  レーシングカーデザイナーの真のライバルは、レギュレーションといわれている。レギュレーションの裏をかき、グレーゾーンぎりぎりのところまで踏み込んで、いかにほか…

続きを読む...

売れなかった「ニッチな車種」の「中古車専門店」の経営が成り立つ理由とは

ニッチな中古車店でも問題なく経営できているところが多い  中古車店と一口で言っても、ディーラー系中古車店のように少々値は張るものの良質かつ充実した保証が売りのところや、逆にロープライスな車両ばかりを集めて販売しているとこ…

続きを読む...

巨匠が「動くモーテル」と評価! 絶対いまは出せない「恋愛専用車」ホンダS-MXとは

運転中も休憩中もカップルが引っ付くことだけを考えて作られた!?  ホンダS-MXは、バブルの余韻が残っていた1996年に登場したトールワゴン。  車名からして「SM」だとか「SEX」を連想させるエロティックなクルマだが、...

続きを読む...

【世界の名車】TVRの黄金期に誕生した2代目タスカンは乗り手を選ぶ超スパルタン

TVRは1947年に誕生した英国のスポーツカーメーカー  “TVR”という名前を耳にして、1960年代へと想いを遊ばせられるのは相当マニアックな人。多くのクルマ好きは1990年代初頭から2000年を少し超えた辺りまでの、...

続きを読む...

デイリーランキング