「タグ: 踏み間違い」の記事一覧

踏み間違いに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ドライバーの技量や意識じゃ対策不可! 「後方の衝突」に対する「安全装備」はなぜ少ない?

衝突安全と予防安全のふたつに分けられる  いわゆる自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)がほとんどの新車で標準装備される時代。クルマの安全対策は、前方向ばかりで、後方からの衝突に対しては不十分なのでは? そんな疑問を持つユ…

続きを読む...

クルマの自動ブレーキ搭載が義務化は果たして交通事故の減少にはどのくらい効果があるのか?

2019年の交通事故死者は統計開始以来最小人数となった  昨年、2019年の交通事故死者(事故発生から24時間以内)の統計が、新年早々の1月6日に警察庁から発表された。その数は3215人で、前年比317人の減少となり、な...

続きを読む...

【ペダル踏み間違い事故をなくす有効手段!】クルマの「ブレーキオーバーライドシステム」の仕組みと提案

アクセルとブレーキを同時に踏み込むとブレーキが優先的に作動  令和元年も多くの悲惨な交通事故が多発した。とくに印象に残るのが池袋の暴走事故だ。80歳を越える高齢の男性が2代目プリウスを暴走させ赤信号の交差点に進入。右折中...

続きを読む...

オシャレも大切だけど安全も! 運転しやすい靴を車内に常備する「#置きシュー」プロジェクトがスタート

ペダル操作でヒヤリとした経験がある女性は約半数以上!  カーライフ・エッセイストの吉田由美さんと、カーライフ・ジャーナリストのまるも亜希子さんが共同主宰する「クルマ業界女子部」では、車内にドライビングシューズの常備を呼び…

続きを読む...

踏み間違いの引き金になるとの意見も! アクセルよりもブレーキペダルが手前にある理由

もともとペダルの段差はミスを防ぐためだった  アクセルとブレーキのペダル踏み間違いは、自動車業界にとどまらず社会問題となっている。そもそも右足で踏み込むという同じような動作で、「進む」と「止まる」という真逆な操作をすると…

続きを読む...

約200車種に対応! 踏み間違い事故を防ぐ後付け可能な新商品が9月に登場

急発進を抑制し強制的にクリープ現象へ切り替える  カーパーツの開発、販売などを手がけるワールドウィングは、9月に新商品のアクセル・ブレーキ踏み間違い防止装置「あしもと見守るくん」を発売すると発表した。  この商品は日本製...

続きを読む...

ダイハツの後付け安全装置「つくつく防止」が5代目ムーヴと初代ミラ イースに対応

スマアシ未搭載の既販車にも安全装置を搭載することができる  ダイハツ工業は7月29日、ペダルを踏み間違えた際などに起きる急な発進を抑制する後付け安全装置「つくつく防止」の搭載車種を拡大し、発売した。価格(税込み)は3万4...

続きを読む...

買い替えるばかりが能じゃない! 後付けできるクルマの安全装備3選

安全意識の高まりから後付けできる装置の開発が進んでいる  高齢者の事故が続発し、被害軽減(自動)ブレーキやペダルの踏み間違いによる誤発進抑制制御などの安全装置に注目が集まっている。  新車の購入時にメーカーオプションで取.…

続きを読む...

「ブレーキを踏んでいたのに加速した」との供述も! 高齢者による事故でクルマに問題がある可能性はあるのか?

踏み間違えしやすい車両の存在は考えにくい  高齢ドライバーによる交通事故が社会的に注目を集めています。また、ドライバーの年齢にかかわらずペダルの踏み間違えによる事故への対策も進んでいます。そうした対策のひとつとして、日本…

続きを読む...

発売1カ月で2万台! 新型ダイハツ ミラ イースが絶好調の理由とは

燃費性能以外の新しい価値を安価に提供したことがヒットの理由  ダイハツの軽自動車「ミラ イース」がフルモデルチェンジ。セールスが好調だ。2017年5月の軽自動車新車セールスランキングではホンダN-BOXに続く2位となる1...

続きを読む...

事故減少のためにはMT車を再び増やすべきか?

駐車場などでの踏み間違い事故減少には効果がある  駐車場などで起きるペダルの踏み間違い事故について、「MT(マニュアルトランスミッション)であれば起き得ない」という声がある。ただし、ペダルの踏み間違いなどに起因する『意図...

続きを読む...

ペダルの踏み間違いなど高齢ドライバーの事故を防ぐために国が動き出した

先進安全装備搭載の「安全運転サポート車」の普及を目指す  2017年2月28日、第2回目となる「安全運転サポート車」の普及啓発に関する関係省庁副大臣等会議が、国土交通省および経済産業省の副大臣らが出席して中央合同庁舎3号...

続きを読む...

デイリーランキング