「タグ: 輸入車」の記事一覧

輸入車に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

一度乗ったら「中毒」必至! 女子を虜にする「庶民が買える」中古イタリア車5選

女子力アップを目指す女性にオススメのモデルも!  アルマーニやグッチ、プラダといった一流ファッションブランド、イタリア料理にサッカーのセリエA、オペラや映画。もう私たち日本人の暮らしには、イタリアの文化や習慣がたくさん馴.…

続きを読む...

こんなクルマ出していいの? 車格に見合わぬバケモノエンジンを搭載したクルマ7選

車体サイズに見合わぬエンジンを搭載した激速モデルも存在 「分相応」という言い方がある。実力、能力に相応した「何か(対象物)」であることを指す意味と解釈してもよいだろうか。この表現、自動車に置き換えてもあてはまる言い方だ。…

続きを読む...

まさかのワゴン車も! 何百台もの市販車からレーシングドライバーが選ぶ「本当に意のままになる」クルマ6選

トヨタ車のハンドリングのベンチマークになったモデルも! 「人馬一体」とか「意のままに……」とか、クルマの運動性をアピールする美辞麗句は数多くあれども、実際にそれを体感させてくれるクルマはあまりない。今回は「高性能自動車評...

続きを読む...

オシャレさと使える度が半端ない! 女子なら乗るしかないフランス車5選

フランスを旅しているようなオシャレすぎるモデルも存在!  ルイ・ヴィトンにシャネル、エルメスにセリーヌと、とにかく女性に大人気の一流ファッションブランドには、フランス生まれが多いですよね。ヴァン・クリーフ&アーペルやショ…

続きを読む...

新社会人&新入生はクルマを武器にする! 200万円以下でタイプ別「好印象を得られる」新車5選

愛車の選択によって初対面の人に与える印象も変わる!  暦の上ではもう春を迎え、そろそろ新生活に向けての準備を始める人も多くなってくるころですね。春から新しい職場や学校になるため、クルマで通勤や通学をすることになるという人…

続きを読む...

なぜ存在? 輸入車の「廉価グレード」に表記される「受注生産」の中身とは

もっとも大きな課題は自動車メーカーと販売店との関係性  最近あまり聞かなくなった表現だが、たとえばグレードの廉価版などで受注生産モデルという考え方をする場合がある。この受注生産モデルという表現は、メーカーごとの発注方法な…

続きを読む...

自ら乗ってて自分で疑問! 日本にはあらゆるクルマが揃っているのに「輸入車」に乗るワケ

日本車にはないデザインや人と被らない希少性も魅力  ずいぶん昔に、イタリア車に乗っていたときのことでした。日本在住のイタリア人に話したところ、「なぜ、日本にはこんなに優秀な日本車がたくさんあるのに、わざわざイタリア車に乗…

続きを読む...

不便を愛せてこそガイシャ乗り! 初めて乗ると「驚く」輸入車事情3つ

国産車に慣れていると間違えがちなポイントもある  日常的に使うのであれば圧倒的に使い勝手に優れる国産車。小物入れの多さやシートアレンジの豊富さ、そしてコストパフォーマンスも国産車は非常に高いレベルにあるといえるだろう。 .…

続きを読む...

中身はドイツ! デザインはイタリア! 世界をざわつかせた「カルマンギア」という衝撃の名車

20年間生産されたロングセラーモデルだった  自動車としては世界で最多の累計生産台数2152万9464台を記録した歴史的な大衆車である、フォルクスワーゲン・タイプ1。多くの読者にとっては「ビートル」という愛称のほうがわか...

続きを読む...

文化の違いも原因のひとつ! 国産車のシートが輸入車に比べて「チープ」に感じるワケ

国産車と輸入車ではコストのかけ方が異なる  以前からクルマ好きの間で、欧州車のシートは優れているけれど、日本車のシートはチープでかけ心地がイマイチ……なんて言われていたものだ。実際、これまで輸入車と国産車を20台以上乗り...

続きを読む...

ガソリン車より「変わり種」モデルも! リーフやホンダeだけじゃない「日本で買える」英米仏のEV7選

フランスのEVモデルは高い総合力を備えている  日産リーフと販売台数は少ないながら話題になっているホンダeが中心となっている電気自動車(以下EV)だが、輸入車を含めると選択肢は意外に多い。今回は日本車とドイツ車に続きフラ...

続きを読む...

正規ディーラーでは「煙たがられる」理由とは? 「並行輸入車」に手を出す際の注意点

万が一のトラブルを考えると気安く整備などは受け付けられない  輸入車とひと口にいっても、大きく分けて2種類が存在している。ひとつは、本国のメーカーの日本法人や、本国のメーカーと契約を結んだインポーターが販売する「正規輸入.…

続きを読む...

流行に敏感な女子なら「いち早く」乗っておきたい! 日本で買えるオシャレEV5台

女性なら誰しもうっとりしてしまうようなEVも!  東京都の小池都知事が、「2030年までに新車の販売を”脱ガソリン車”にします」と明言したこともあって、一気にEV(電気自動車)へのシフトが進むのではないか? と注目されて...

続きを読む...

登録しただけで「数百万円減」の噂は本当? 輸入車の「買い取り価格」の真相

需要が低いため在庫となるリスクが高く売却額も安価になりやすい  クルマの買い替えや手放すときの売却額は、当然ながら高いほど嬉しいというのは共通認識だろう。しかし、同じようなジャンルの同じような状態の車両であっても、車種に…

続きを読む...

4ドアの「セダン」なのに「怪物」! 500馬力オーバーの衝撃エンジンを積んだ3台

爆発的なトルクがモンスター級の600馬力超モデルも存在!  とかくスポーツカーでは顕著なパワー競争。市販車のカタログモデルであっても500馬力オーバーというものも珍しくなくなりつつある。  その一方で、本来であれば落ち着...

続きを読む...

1 / 712345...»

デイリーランキング