「タグ: 道路交通法」の記事一覧

道路交通法に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

取り締まり強化か? 免許制度か? じつに多い「自転車の違反」はどうすれば減らせるのか

自転車は道路交通法上は軽車両として扱われる  自転車を購入したら、都道府県の自治体へ登録事務手続きを行わなければならない。それは、国家公安委員会で定められている。しかし、登録しなかったからといって罰則規定はない。  また.…

続きを読む...

違反点数も反則金もあり! 前が詰まっているのに「信号のある交差点」に進入するのは「違反」だった

交差点内で停止するおそれがある場合は交差点等進入禁止違反に!  渋滞やクルマの流れが悪いときに、交差点内に入ったまま停車して、信号が変わっても動けないままでいるクルマを見かけることがある。  道路交通法施行令第2条(信号...

続きを読む...

日本の道交法は厳しめ? 緩め? 世界各国と比較してみた

社会環境によって道交法の実効性には差がある  世界各地の国や地域によって、道路状況、社会慣習、そして民族性などが違うのは当然だ。  そのなかで、自動車の運転に関する法律は、国や地域それぞれで取り決められているが、それを日.…

続きを読む...

「一発免取の可能性」「えん罪予防にドラレコ必須」! あおり運転の定義と厳罰化の中身

今まであおり運転の規定はなく行為ごとに罰則を適用していた  ご存じのように、6月2日に衆議院で可決され、6月20日からあおり運転が厳罰化された。これは2017年6月に、東名高速道路で発生した夫婦死亡事故や、高速道路上で停...

続きを読む...

過労や病気の影響で事故ると……想像するより罪の重い道交法違反3選

風邪で病院に行くような行為も注意が必要!  円滑な交通を実現するためにさまざまなルールが定められている道路交通法。当然ながらこのルールに逸脱する行為をすると道路交通法違反となり、罰則と違反点数が課されることになる。  最.…

続きを読む...

【公道では誰もやらない!】なぜ教習所では踏切横断の際「クルマの窓を開ける」と教えるのか

道路交通法では義務付けられていない  世の中の「学校」で、自動車学校ほど有用な技術や法規の知識を教えてくれるところはなかなかないと思うが、そんな自動車学校=教習所で教わったことのなかで、卒業するとすっかり忘れ去られる教え…

続きを読む...

【軽量化したい! 大きい荷物を積みたい!】だからといってクルマの助手席やリヤシートを外すのは要注意

シートを取り外して乗車定員が変わると法律違反に!  スポーツ走行をするときの軽量化のために、あるいはより多くの荷物を積むために、助手席やリヤシートを外したいという人もいるだろう。だがじつは、ベンツのVクラスの2列目、3列...

続きを読む...

はみ出ていなければOK……じゃない! 間違っている人だらけのクルマの停止線での正しい停まり方とは

停止線に合わせてアバウトに止まるのではダメ!  警察庁交通局が2019年2月14日に発表した、「平成30年中の道路交通法違反取締り状況」によると、違反種別では「一時不停止」がワースト1位で、129万3673件(全体の21...

続きを読む...

なぜ隠れて取り締まる? 警察官が事前に交通違反を抑止しないワケ

違反の抑止も大事だが違反行為をしたと認識させることも大事  長くクルマを運転していれば一度や二度、警察の取り締まりを受けたことがある人がほとんどではないだろうか。そんなときに「違反する前に注意してくれれば!」と思ったこと…

続きを読む...

うっかりミスで80万円! 意外と知られていないクルマの高額罰金6選

ついうっかり……では済まされない  クルマに関する法律はたくさんあって、交通ルールを違反したときの罰則は100以上もあるという。法律家でもない限り、これらに精通することはないだろうが、なかには「このぐらいの違反で、こんな...

続きを読む...

基礎中の基礎「左側車線走行」こそ最大の自衛手段! 高速道路であおられないクルマの運転術とは

速かろうが遅かろうが追越車線を走り続けるのは違反  一般道だろうと高速道路だろうと、片側が複数車線であれば右側(中央寄り)の車線は“基本的”には追越車線であって、通常は走行車線と呼ばれる左側の車線を走るのがルールとなって...

続きを読む...

橋の上は危険? 7月は事故が多い? 意外と知らないクルマの日常走行での危険なシチュエーションとは

リスクの大きい場所を知っていれば事故の減少も可能  できれば避けたい交通事故だが、交通事故のリスクは条件によって大きく変わる。  たとえば、基本的に季節の変わり目は事故が多い。交通事故総合分析センターのデータによると、1...

続きを読む...

ベテランでも間違いがちなクルマのウインカー&ハザードの正しい使い方とは

安全な交通のためにも今一度ルールを確認しておきたい  教習所で習ったけどすっかり忘れたり、守っていないことはいろいろある。実際に即していないから必要ないものもあるが、今一度思い出すことで安全性が高まるものもある。後者の筆…

続きを読む...

右折よりも左折優先はマナー? ルール? 割り込んで右折した場合「罰則」はあるのか

この記事をまとめると ◼︎左折優先は道交法で決まっている ◼︎事故が発生した際は保険割合でも不利になるので無理な走りは厳禁だ ◼︎ゆとりのある運転を心がけよう 左折優先は道路交通法で定められたルール  ドライバーならだれ...

続きを読む...

最大積載量の記載がない乗用車、積んでもいい荷物の重さとは?

目安は車両総重量から考える  トラックの後ろに表示されているのが、最大積載量。もちろん荷物の積める量を示していて、これ以上積んでしまうと過積載で取り締まられるし、車両の耐久性などにも影響する。  ちなみに最大積載量はどう.…

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング