「タグ: i-MiEV」の記事一覧

i-MiEVに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

日本で圧倒的人気の「軽自動車」! そのまま海外展開されない事情とは

独自の規格の中で進化を果たし、ガラパゴス化した軽自動車  軽自動車規格は日本独特の車格であり、それによって税制や保険制度も登録車と別枠である。一方海外には軽自動車という特別枠はないので、車体寸法やエンジン排気量などに制約…

続きを読む...

電動化時代のいまこそ「売り時」じゃないの? 三菱i-MiEVが消えたワケ

登場時から約40%も価格を抑えられるほど熟成していた  自動車メーカーは電動化に向かっている。もはや新興メーカーや小規模メーカーだけでなく、ゼネラルモーターズやホンダのような大規模メーカーであっても将来的にはエンジンを廃...

続きを読む...

いま「EV通」の間でi-MiEVが高評価! 三菱の「先見の明」が新型EV軽で花開く可能性大

i-MiEVで培われた技術はPHEVモデルやIMkに受け継がれる  三菱自動車工業が2009年から市販した電気自動車(EV)のi-MiEVは、フルモデルチェンジを迎えることなく、来年発売される予定の日産と三菱自による軽E...

続きを読む...

みんな口を揃えて「いいクルマ」! なのにナゼか「街で見かけない」国産車6選

話題性とともに盛り上がりを見せるモデルも存在するが……  2021年、トヨタ・ヤリス、ライズ、アルファード、ホンダ・フィット、スズキ・ハスラーなど、街中で、郊外で、見かけない日はないぐらい売れている車種と対照的に、素晴ら...

続きを読む...

「ほとんど売れていない」軽自動車のEV「i-MiEV」を三菱がやめないワケ

i-MiEVはまさに「小さな高級車」だ  世界初の量産市販電気自動車(EV)として、なおかつ唯一の軽自動車のEVとして2009年にまず法人向けで販売が開始された三菱i-MiEVが、生産を終えるとの噂がある。だが、三菱自動...

続きを読む...

日産と共同開発の新型軽EVを生産予定! 三菱自動車が水島製作所に約80億円の設備投資決定

世界初の量産電気自動車を生産する工場が進化する!  三菱自動車は、岡山県倉敷市の水島製作所において新型軽EVを生産するべく、約80億円規模の設備投資を開始すると発表した。  新型軽EVは、アライアンスを組んでいる日産自動...

続きを読む...

地味だけど滋味豊か! 「まだ売ってたの?」なんて言われがちな「隠れすぎてる名車」5選

シニア層向けの実直なセダン需要はまだまだ根強い  クルマ好きなら、ふとした時に「そういえば、あのクルマってまだ売ってたっけ?」などと、地味な実用車や不人気車のことを思い出すものだ。話題性がなく、とっくにフルモデルチェンジ…

続きを読む...

【近距離こそEVの真骨頂ならなぜ?】軽自動車規格の電気自動車がほぼ登場しないワケ

リチウムイオン電池の価格が高くコスト面で厳しかった  三菱自動車工業から、軽自動車の電気自動車(EV)i-MiEVが発売された当時のリチウムイオンバッテリーの原価は、1000ドル/kWhと言われていた。1ドル108円(現...

続きを読む...

完全電動化はクルマの台数減が必須? リチウムイオンバッテリーから考える将来の自動車社会

リチウムイオンバッテリーがクルマに使われてまだ10年  リチウムイオンバッテリーが当たり前の存在となって、まだ20年経つかどうかである。はじめは携帯電話やノート型PCなどに利用され、それら移動機器の小型軽量化や薄型化がな...

続きを読む...

EVユーザー不在の充電器覇権争い

EV用のチャデモ急速充電器は、現在(9月30日現在)日本国内2129基設置されている。その多くは日産や三菱のディーラーに設置されている。しかし、設置場所によって利用料金はバラバラ。しかも、料金徴収の認証制度も何種類もあっ...

続きを読む...

全日本電気自動車グランプリ(JEVRA)シリーズ第4戦菅生

8月24日(日)、宮城県スポーツランドSUGOで全日本電気自動車グランプリ(JEVRA)シリーズの第4戦が開催された。決勝直後は雷雨になったが、この日は朝から好天に恵まれ、無事チェッカーが出るまでドライ路面でレースを行う...

続きを読む...

デイリーランキング