「お役立ち情報」の記事一覧 - 20ページ目

クルマ好き男子はイチコロ! 女子が選んだバレンタインに渡したいメーカーグッズ10選

チョコと一緒に渡せば男子も大喜び間違いなし!  女子が1年で一番気合が入るといっても過言ではないイベント「バレンタインデー」まで残すところあとわずか。毎年多くの企業がバレンタイン商戦を繰り広げ、多くの女子・男子がドキドキ.…

続きを読む...

教習所で教わる半クラッチ! 無意味な多用は寿命を縮めるので要注意

摩耗が進むと走らなくなってしまい、交換はかなりの費用が必要  MT車の発進時に欠かせない半クラッチ。モーターみたいに起動トルク=最大トルクなら半クラッチに頼らなくてもいいのだが、エンジンはある程度回転を上げないとトルクが...

続きを読む...

昔は赤いクルマが禁止! 現在使ってはいけないボディカラーはあるのか?

入れていけない文字はあるがパトカーのような黒白の塗り分けも可  ボディカラーの選択肢が増えて久しい。かつては白/黒/銀(灰)ばかりという印象のあった乗用車も多彩なボディカラーをまとうようになっている。今やルーフとボディを…

続きを読む...

使わない人も多数! クルマのトリップメーターの有効な活用方法とは

上手く活用すれば給油タイミングもわかりガス欠の危険も防げる  クルマのメーター内にある距離計には、クルマが生産されてからの総走行距離を表示するオドメーターと、区間走行距離を表示するトリップメーターがある。最近では少なくな…

続きを読む...

「修復歴あり」の中古車をあえて選ぶメリットはあるのか?

修復の中身が正確に判断できない以上選ばないほうがいい  先日仕事でロサンゼルスを訪れていた時、あるオートモール(ディーラーが街の1カ所に集中して出店しているところ)のテレビコマーシャルが頻繁にオンエアされていた。  個人...

続きを読む...

時間外は駐車違反じゃない? 貨物車用に停めてもOK? パーキングメーターの疑問アレコレ

場所によって夜間は駐車違反の取り締り対象となる  都市部の路上でちょくちょく見かける、白い(駐車)枠。これは、「時間制限駐車区間」を示すもので、いわゆるパーキング・メーターあるいはパーキング・チケットと呼ばれる有料の駐車…

続きを読む...

雪道の道路脇に見かける箱に入った「砂」の使い方とは

氷結路や雪道でタイヤがスリップして進まないときに撒く  毎年、大雪のニュースが日本列島を駆け巡るが、気になるものがひとつある。それが坂道の途中に設置してあるボックスだ。砂が入っていて、ボックスには自由に使っていいと書いて…

続きを読む...

不人気車は「値引きが大きい」という噂は本当か?

値引きはディーラーで「長期在庫」になりそうかどうかが影響 「人気が今ひとつなら値引きもたくさんしてくれるかも?」と考えるひとがいるかもしれないが、実態からすると“遠からず近からず”のようなものと考えてもらいたい。  まず...

続きを読む...

信号待ちや渋滞時の車間は気にすべき? 停車時の最適な車間距離とは

止まっていても詰めすぎはリスクが大きい  走行中の車間距離については、以前WEB CARTOPでも『前走車から2秒~3秒間分の車間距離を確保するのが、安全で現実的な数字』と紹介したことがある。では、信号待ちや渋滞などでク...

続きを読む...

艶出しだけが目的じゃない! クルマのボディにワックスをかけるべき理由とは

見た目をよくするだけでなく塗装を保護できる  愛車のボディケアといえば、ワックス掛けだろう。ただ洗車をして汚れを落とすだけでなく、さらにひと手間かけたという満足感も味わえる。そもそもワックスをかける目的はなんだろうか? …

続きを読む...

降雪地域では「パーキングブレーキ」の使用NGは本当? 電子パーキングの場合は?

ワイヤー式の場合は凍り付いて解除できなくなることがある  駐車する時にパーキングブレーキを作動させるのは、ごく常識的なことですね。クルマを離れたあとに、自然に動き出してしまったら、どこかに衝突するまで停まらないわけですか…

続きを読む...

「バンパーが外れた」「ミラーが折れた」ガムテープでの応急処置は違反にならない?

灯火類やガラスでなければシッカリ固定されれば問題ない  クルマをぶつけてしまって、バンパーが外れかかったり、フェンダーが曲がったり、ドアミラーがグラグラしてきたりという問題が生じたとき、応急処置で役に立つのはガムテーム。…

続きを読む...

想像もつかないトラブルが! 愛すべき昔の輸入車に実際起こった驚きエピソード5選

今でこそ品質は高いがかつての輸入車にはヒドいものも  日本車の進化は品質向上にあり、といってもいい。一方、輸入車は品質を考えていないということはないだろうけど、それだけではないのも事実。デザインだったり、スピードだったり…

続きを読む...

法人よりも個人タクシーがウハウハだったのは過去の話!? 意外と知らない個タク事情

新規はハードルが高く事業免許の譲渡で開業するケースが多い  日本のタクシーは“法人タクシー”と“個人タクシー”に分類することができる。  “法人タクシー”とは、タクシー事業を展開する会社に原則“正社員(パート契約もあり)...

続きを読む...